1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 20代の転職
  4. 20代後半でも転職が厳しいとは限らない!誰でもできる転職のコツ

20代後半でも転職が厳しいとは限らない!誰でもできる転職のコツ

20代の転職   171 Views

20代後半になると、転職活動が厳しいと感じ始める方が増えます。しかし20代後半だからといって、必ずしも転職が不利になるとは限りません。

20代後半の転職者でも、転職のコツさえつかめば、転職を成功させることは十分可能です。今回はそんな20代後半の転職者でも転職を有利に進められるコツをご紹介します。

20代後半の転職者が厳しいと思う理由

まずはなぜ20代転職者が転職を厳しいと思うのか、その理由を確認してみましょう。

若い転職者と同じ企業を志望すると不利になる

今の転職事情では若い転職者ほど転職を有利に進めやすいと言われています。理由は、若い人材ほど育成によってスキルを習得し、長い間企業に貢献してくれる将来性があるからです。

特に新卒というブランドは非常に強く、同じタイミングで新卒者がライバルに居ると、それだけで不利になりかねません。これが年齢を重ねるにつれて大きくなる、転職の不安なのではないのでしょうか。

年齢の割にスキルや経験がない

若い転職者に対して20代後半の転職者の武器になるのが、今までの仕事や人生で培ってきたスキルや経験です。しかし中には年齢の割には転職の武器になるスキルや経験が無いと感じている転職者も居ます。

確かに転職においてスキルや経験は大切であり、年齢を重ねれば重ねるほどその重要性は高くなっていきます。ただ一見転職には役に立たなそうやスキルや経験でも、上手に使うことで転職に活かすことは可能です。

加えて持っているスキルが活きる企業を目指すことで、転職に成功させることもできます。自分が培ってきた経験を上手に活かし、転職活動を成功させましょう。

人間関係に馴染めるかどうか

一般的な転職でも人間関係を円滑に行える環境かどうかは企業を選ぶうえで重要な要素です。特に20代後半の転職者の場合、自分よりも年下の上司がつく可能性もあり、人によっては馴染めず企業をやめてしまう場合もあります。

職場の人間関係は入社してからじゃないと見えてこない部分であるため、リサーチを怠ると転職に失敗する恐れがあるのです。

結婚・出産・育児を問題なく行えるか

女性の場合、20代後半になると結婚や出産が視野に入ってくる方が多いかと思います。結婚や出産、育児によるケアを企業が行ってくれるかどうかも企業を選ぶうえで重要な要素となるでしょう。

企業の中には産休や育休を承認せず、承認しても職場復帰後雰囲気が悪くなる企業もあります。そういった企業に転職してしまわないように、転職前に企業をリサーチしたり、事前に結婚や出産の旨を企業に伝えておくようにしましょう。

20代後半の転職者は厳しいわけではない

20代後半であることを不安に感じている転職者が多いものの、現実的にはそこまで20代後半の転職が厳しいという訳ではないようです。

20代後半転職者の需要が増している

現在では人材不足で悩んでいる企業が多く、20代後半の転職者も需要が増していると言われています。20代後半でも社会人の年齢で見るとまだまだ若い部類です。

若い人材はどの企業でも欲しているため、20代後半で未経験でも採用している企業が多くなっています。

20代であることは転職において有利

20代後半とはいえ、大きな括りで言えば20代です。20代転職者というだけで十分需要があり、20代前半と同じように将来性を見越して採用してもらえる可能性は十分にあります。

プラスして社会人としての経験やスキルをアピールすることで、20代前半の転職者を抑えて採用されることもあるでしょう。

企業としてもビジネスマナーやスキルを育成する期間が省けるため、その分20代後半の転職者を優先して採用する企業も存在しています。

転職のコツを押さえることで、希望の企業に転職できる

転職活動をただやみくもに行うだけではなく、転職に関するコツをおさえて転職活動を行うことで、より効率的に転職活動を進めることができます。

何の知識もないよりも、相手企業の印象が良くなる方法や、入社してすぐにやめないようにすることで、安定した給与や仕事にやりがいも感じられるようになるでしょう。

20代後半でも転職を成功させるコツ

ここからは20代後半の転職者が転職を成功させるコツをご紹介します。

自分の経験を転職活動に活かす

20代後半の転職者は今まで得てきた経験を転職活動に活かすと、よりスムーズに転職活動を進められます。

例えばプログラミングに関するスキルがあれば、IT系の企業やシステムエンジニアなどの職に就くことができます。

また自分が趣味にしていることの知識も、転職活動に活かすことができます。企業に関係ないスキルでも、業務と関連付けてアピールすることができれば、大きな武器となるでしょう。

希望の企業をしっかりリサーチする

入社後に職場環境が悪く、すぐに転職したくなるという経験をしたことがある方も多いのではないのでしょうか。これでは転職に成功したとは言えません。

こういった事態を回避するためには、転職する企業を決める前に、徹底的にその企業についてリサーチをする必要があります。

求人には給与や休暇などの情報はありますが、職場環境や人間関係について詳しく書かれている求人はあまりありません。

そういった求人からは見えない情報を口コミサイトなどでリサーチし、入社後も定着できる企業を目指すようにしてください。

結婚や出産の見通しをはっきりさせておく

女性の場合、結婚や出産に関する見通しをある程度はっきりさせておくのが良いでしょう。産休や育休がどのタイミングになるのかは分からなくても、事前に産休・育休をとる可能性があることを企業に伝えるだけでも十分です。

企業はそれを見越して採用するかどうかを判断するので、採用されれば産休や育休が保障されているものと考えて良くなります。懸念なく働くためにも、20代後半の女性転職者は結婚や出産について企業にちゃんと伝えてくようにしましょう。

転職サイトを利用する

転職サイトとは登録することでエージェントのサポートを受けながら転職活動を行うことができるサービスです。登録料は基本無料で、インターネットができる環境であれば利用できるため、時間やお金に余裕のない方でも転職活動を進められます。

サポート内容も転職者に合った求人の紹介や、履歴書・面接のサポート、企業の職場環境などをリサーチしてくれるなど、幅広い範囲にわたっています。

詳しくは以下の記事で解説しているので、自分に合う転職サイトを見つけてい方はこちらを参考にしてみてください。

まとめ

20代後半の転職者だからといって、転職が厳しいとは限りません。むしろ20代後半の転職者は社会人経験や培ってきたスキルから需要が増しており、転職において有利に働く部分も十分にあります。

その有利を活かすには、転職活動をスムーズに行うコツをおさえることも大切です。転職のコツを上手におさえ、20代後半でも転職を成功させられるように頑張りましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 20代転職者におすすめの職種7種!自分に合った職種の見つけ方と転職活用方法

  • 20代転職者の悩みはどこに相談するべき?失敗しない転職相談先とは

  • 20代転職回数が多めの人でも、面接で印象を良くする方法

  • 20代女性の転職先を年代別に比較!成功する転職先を選ぶ方法とは

  • 転職で年収600万への道!20代でも実現可能な仕事とは?

  • 大企業でも良いとは限らない!後悔しないための転職法とは