1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 20代の転職
  4. 20代は転職者の割合が高い?企業に定着できる方法を解説

20代は転職者の割合が高い?企業に定着できる方法を解説

20代の転職   179 Views

20代で転職者になっている方の割合は高いと言われています。様々な理由で企業をやめ、新たな企業へ転職している方が多いようですが、転職の回数が多いことはデメリットになりかねないので注意が必要です。

そこで今回は転職者が企業をやめる理由と定着できる企業を見つける方法をご紹介します。企業をやめたくなる原因を見つめなおし、転職活動に活かすことができたら幸いです。

20代転職の割合

まずは20代の転職者がどのくらいいるのか、割合から確認してみましょう。

20代転職者は3割を超えている

20代の転職者の割合は3割を超えていると言われています。日本の20代の人口は約1,200万人とされているので、そのうち約400万人が転職者である計算になります。

3割というと少ないように感じますが、約400万人と言われると非常に多いですよね。

新卒者の離職率も高い

新卒者の離職率も3割を超えているとされています。つまり3年以内に企業をやめている新卒者が多く、年が進むごとに20代の転職者が増える可能性が高いということになります。

時間が経つ毎に転職は不利になっていくので気を付けなくてはいけません。

日本の生涯転職率

では日本の生涯転職率はどのようになっているのでしょうか。全体で見てみると、17%のみが転職をしたことがないと答え、社会人の約8割は1度は転職を経験したことがあるのだそうです。

つまり多くの人は最初に勤めた企業をやめているため、転職をすること自体に悩む必要はありません。

転職回数は少ない方が良い

転職しては企業をやめ、また新たな企業に転職する…というように転職を繰り返すのはあまり良いことではありません。企業としても人件費などのコストが掛かる以上、すぐにやめてしまう方は入社させたくないと考えています。

転職回数が多いと面接官もすぐにやめてしまうのでは…と心証が悪くなり、転職に不利に働きます。ですので、転職回数はできるだけ少ない方が良いのです。

20代転職者が企業をやめる理由

20代の転職者が企業をやめてしまう理由は大きく分けて5つあります。

自分がなぜ企業をやめたくなるのか、その理由を見つめなおしてとるべき改善策を見つけましょう。

より給料の高い企業に勤めたい

仕事をする理由の1つとして、よりお金を稼ぎたいという方も居るでしょう。今の給料に満足できず、より高い給料を目指して新たな企業を探している方が多いとされています。

しかし給料だけを見ていると、仕事内容や人間関係に不満を持つ可能性があります。それが原因でまた企業をやめることになる危険性があるので、注意が必要です。

残業過多や休暇が少なく、自分の時間がとれない

以前に比べて、20代の社会人は自分の時間が持てることを重視して仕事を選んでいます。ですが昨今では残業や有給の拒否といったブラック企業が社会問題になるなど、自分の時間が持てる仕事にすぐ就ける社会とは言えないでしょう。

仕事が終わったらお風呂や家事をして就寝、起きて仕事に行かなくてはならないというように自分の時間が持てない社会人が増えています。これも20代の転職者が増えている原因の1つです。

自分のやりたい仕事に就きたい

給料や待遇だけを見て仕事内容を見ずに就職した方が、自分のやりたい仕事に就くためにやめるケースもあります。とはいうものの、詳しい仕事内容は求人だけからは見えてこないため、自分がやりたい仕事に就けるとは限りません。

また自分がやりたいことでも、仕事として続けられるかどうかは分からないため、結果的に転職してしまう可能性もあるのです。ですので、自分がやりたい仕事ではなく、仕事としてできることは何なのかを見極めて企業を探しましょう。

スキルを磨ける企業で活躍したい

自分が持つスキルをより高められる企業へ転職したいというのも転職時によくある理由です。ただよりスキルを磨きたいということは、転職先で活かせるスキルを持っているということなので、転職には有利に働くでしょう。

先を見据えている点も面接では効果的です。スキルをどのように活かせるかを説明し、理想の企業に転職できるように頑張りましょう。

将来を見越してキャリアを形成したい

20代のうちからキャリアを形成するために、給料が少なくても良いから転職したいという転職者も居ます。

ポジティブな評価
20代のうちからキャリアを積んでおけば、30代、40代になってもそのキャリアは役に立つ可能性が非常に高いです。

将来を見越した転職は、成功する転職法の1つですので、様々なリサーチを駆使して、自分に合ったキャリアが作れる企業を見つけましょう。

20代転職者が定着できる企業を見つける方法

20代のうちから定着できる企業を見つけるにはコツが必要となります。ここからは20代転職者が定着できる企業の見つけ方をご紹介します。

将来のキャリアを見る

求人情報で高い給料の企業を選ぶのではなく、長期的に働くことを見越して転職先を探すのが良いでしょう。日本では年功序列で給与が上がる企業が多いため、長く務めた分だけ高い給与をもらえる可能性が高くなります。

また長期的にキャリアを形成すれば、もし転職することになってもキャリアを活かしてより良い企業に転職することも夢ではありません。

ですので、目の前の高い給料ではなく将来的なキャリアを見越して転職先を決めるようにしましょう。

転職したい企業を徹底的にリサーチ

求人には給与や待遇、大まかな仕事内容などの情報が記載されています。しかしその企業の人間関係はどうなっているのか、有給はとりやすいかと言った細かい情報までは載っていません。

実際に転職してみたらどうしても上司との肌が合わない、有給が取りづらいといったストレスが重なり、転職してしまう可能性もあります。

それならば求人に書かれていない情報を集めるくらい、徹底的に企業をリサーチするのが良いでしょう。

例えば企業の労働環境についての口コミを集めた口コミサイトは、転職者のリアルな声が見れます。

こういったサイトを利用して企業のことを詳しく調べ、自分に合った転職先を見つけてください。

転職サイトを利用する

転職サイトとは、求人情報の掲載や転職エージェントによる転職活動のサポートを行ってくれるサイトです。企業へのリサーチもサポートの1つであり、人間関係や企業の内部事情をリサーチしてくれるサービスもあります。

このサービスを利用することで、転職したい企業が自分に合っているかを判断することができ、転職に失敗する確率が低くなります。

転職サイトについてはこちらで解説しているので、参考にしてみてください。

 

離職率の低い業種とは?

定着できる企業の見つけ方は分かりましたが、そもそも離職率が低い、転職すると定着する可能性が高い業種はなんなのでしょうか。

インフラ業

業界全体の中で最も低い離職率を誇るのが電気・ガス・水道の管理を行うインフラ業です。エネルギーそのものを管理する仕事から、電線・ガス管・水道管の整備まで、様々な職種に分かれます。

インフラは人々が生活するのに不可欠なものであり、絶対的に需要が無くならず、安定して仕事をし続けられるのです。加えて給与や待遇が良い企業が多く、業界全体が働きやすいのも離職率が低い要因と言われています。

鉱業・採石・砂利採取業

鉱石の採掘や石材を作るのに必要な石、建設で必要な砂利を採取する仕事も離職率が低い業種です。企業による専門分野が分かれており、競争が少ないためいずれかの企業に転職すれば安定した仕事をもらえます。

また顧客が企業であるため、接客を行う必要が無いため、接客業によるストレスを感じることもありません。オリンピックや災害によって建築需要も高まっており、高い給与が期待できるのも嬉しいポイントです。

製造業

製造業の中でも特に自動車や電化製品を作る企業が最も離職率が低いようです。その理由は給与の高さ。自動車や電化製品を製造している企業は大企業が多く、給与の水準が高かったり、社内環境が良い場合が多いとされています。

有名な製品の開発、製造に関われるため、やりがいがあるのも大きな要因でしょう。

まとめ

20代の転職者は3割と非常に高く、転職を繰り返せば繰り返すほど自分の首を絞めていくこととなります。新卒の離職率も高いため、転職に時間をかけるほどどんどん不利になってきます。

自分が企業をやめてしまう原因を見つめなおし、それにあった転職先を見つける方法を実行できれば、転職は十分に可能です。

なぜ自分は企業をやめてしまうのか、そして自分に合った転職法を見極め、定着できる企業を見つけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 20代後半で2回目でもスムーズに転職する方法

  • 20代の転職は辞めてからやるべき?メリットデメリットを解説

  • 20代後半で未経験でも転職できる仕事4選

  • 成功例と失敗例から学ぶ20代後半からの転職で年収を上げる方法とは?

  • 転職で年収600万への道!20代でも実現可能な仕事とは?

  • 20代女性の転職先を年代別に比較!成功する転職先を選ぶ方法とは