1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 30代の転職
  4. 30代の女性が理想の転職を実現させるための重要なポイントとは?

30代の女性が理想の転職を実現させるための重要なポイントとは?

 2019/04/09 30代の転職   183 Views

キャリアアップのために、また現状に不安や不満を感じて、などの理由で転職をお考えの30代の女性は多いでしょう。

しかしいざ転職活動を始めようとしても、30代の女性が迎える「結婚・出産・育児」といったライフイベントにどう向き合うか?といった悩みがあり、転職に対して不安を感じている方がほとんどではないでしょうか?

このようなお悩みを持つ30代の女性が転職を成功させるために必ず押さえなければいけないことや意識しなければいけないことを紹介します。

現在の転職市場における30代の女性のマーケットバリューと企業の評価

現在、30代の女性の転職市場の価値や評価はいずれも高くなっており。30代の女性が活躍できるインフラを整えている企業も増えています。

一昔前まで、「男性は総合職、女性は一般職」「女性はサポート的な職務」「女性の就職は結婚までの腰掛け」的なイメージを持っていた企業が多かったのは事実です。

ただ、昨今ダイバーシティ(多様性)を推進し、女性役員や管理職の比率を上げたいと考え積極的に女性を採用している企業が非常に増えています(「ダイバーシティ」が女性積極採用と同意語ではありませんが)。

さらに外資系企業では評価における男女差は全くありません。筆者がとある外資系企業の人事部長から「特に管理系部門のマネージャーは男性より女性の方が優秀だということが常識になっている」という話を聞いたこともあります。

30代の女性が転職を成功させるために行われければいけないこと

では、30代の女性が転職を成功させるために行わなければいけないこと、意識しなければいけないことを紹介します。

転職したい理由、特に不満を明確にする

30代の女性が希望の転職を実現するためには、まず「なぜ転職したいのか?」を明確にしなければいけません。転職理由を明確にしないと応募する企業を選択することができませんし、逆に一貫性なく応募し選考が合格した企業に入社しても同じ思いをするかもしれないからです。

 

転職理由を明確にするには、現職に対する具体的な不満を挙げてみればいいでしょう。

例えば「給与が安い」という点に不満を感じたとします。

なぜ給与が安いのか?を考えた場合、それは

  1. その企業が業績がないのか
  2. その企業の評価制度に問題があるのか
  3. 業界の将来性がないのか

といった理由になります。

もし「男女格差がある」「頑張っても給与があがらない」企業であればその会社の評価制度に問題があるのと言えます。「評価制度や人事制度に不満がある」ことが転職理由になるのです。

自身の希望を明確にする

次に、「どのような企業に行きたいのか」「何がしたいのか」といった希望を明確にして方向性を定めます。

具体的には

  • 「大企業に行きたい」
  • 「キャリアアップやスキルアップができる環境のある企業に行きたい」
  • 「新しいことにチャレンジしたい」

という希望が挙げられます。

また、

  • 「産休・育休・時短勤務の制度がある企業に行きたい」
  • 「多少給与が下がっても時間の拘束が少ない勤務に就きたい」

などといった30代の女性特有の希望もあるでしょう。

ご自身の希望が明確になれば求人案件探しも容易にできます。

注意しなければいけないことは「自身の希望が転職理由との整合性がなければいけない」ということです。「もっと幅広い権限を任される環境でキャリアアップしたい」と考えている方が「大手企業で落ち着いた社風で転勤がない企業」を希望されても整合性がない、ということはご理解いただけるのではないでしょうか。

このような方が希望の転職を実現することはまず無理でしょう。

情報収集を行い30代女性の転職マーケットやトレンドを把握する

希望が明確になれば、希望に合致する募集案件を探します。情報収集の手段としてはネットと転職エージェント(人材紹介会社)が最も有効です。

まずネットでの情報収集について、現在はあらゆる情報を仕入れることができますし求人情報サイトも多数存在します。しかしあまりにも情報が豊富にありすぎて「どの情報を信じていいのか分からない」「自分が欲しい情報だけを知りたい」という方には悩ましい状況でもあります。

ただ、細分化した情報提供を行っているサービスもあります(「30代」「女性」などといったサイトです)。そのような情報を活用してください。

次におすすめなのが転職エージェント(人材紹介会社)へ登録し情報収集を行うことです。転職エージェントに登録すると求人情報の提供だけではなく転職に関するアドバイスも行ってもらえます。

ほぼ全ての転職エージェントは無料でサービスを受けることができますので、積極的にご活用ください。情報収集を行うと同時に自分なりに転職市場を分析し、客観的にご自身の立ち位置を把握してください。

状況によっては自身の方向性を修正しないと転職を実現することができないからです。納得のいく転職を成功させるために希望をぶれずにしっかり持つことは非常に重要ですが、微調整や柔軟に対応できるかも重要な要素です。

可能性のある案件には積極的に応募する

ご希望に合致する案件や可能性がありそうな案件を見つけたら迷わずにまずは応募しましょう!中途採用の求人案件はいつでも募集を打ち切る可能性があるからです。

企業が中途採用を行う時は「欠員補充」か「(人員不足のための)増員募集」であり、いずれの理由にしても一日でも早く勤務してほしいと希望している案件です。

営業会社の営業募集やエンジニアリング会社のITエンジニアのように「優秀な人であればいつでも、幅広く受け入れる」という性質のものではありません。企業が望む応募者との合意が得ることができればすぐに募集がストップしてしまうのです。

特に30代の女性であれば、管理系職種や専門職へのチャレンジを希望される方が多いでしょう。応募者多数で募集を打ち切ることもあります。躊躇している間に折角のチャンスを逃さないようにしてください。

30代の女性が転職を考える時に気を付けなければいけない点

30代の女性が転職を考えた時に気を付けなければいけない点があります。

転職理由が「産休や育休といった(女性ならではの)制度が充実していないから」であり、そのような制度が充実している企業を希望している場合、希望の企業に転職することが非常に厳しくなる、という点です。

キャリアと女性ならではのライフイベントを両立したいという方のお気持ちは重々納得できます。

ただ、受け入れる側の企業側の心理として、もし同様のスキルをお持ちの候補者が複数いて、一方が独身の方、一方が結婚を控えた女性だった場合、前者を採用したいと考えることが多い、ということは理解いただけるのではないでしょうか。

ですので、女性ならではのライフイベントへの対応が可能な企業への転職を希望される方は、ご自身のスキルを存分に発揮でき、なおかつ企業に即戦力として貢献できる自信のあるポジションに応募することをおすすめじます。

まとめ

転職活動を成功させるためには様々なことを考え、調べ、実行していかなくてはいけません。30代の女性も同様です。

30代の女性ならではのライフイベントがある分ハンデに感じるかもしれませんが、女性を取り巻く環境は変わっていますし、スキルやキャリアを持ちなおかつ転職に対する意識が明確であればそうそう不利になることはありません。

自信を持って転職活動を行ってください。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 30代で未経験の仕事に転職できるって本当?最短で成功する方法

  • 30代からでも楽しい転職活動を実現させるためのノウハウ

  • 30代の転職で高卒は本当に不利?学歴のハンデを跳ね返す転職活動を伝授します!

  • 30代が転職で失敗してしまう3つの要因とそれを回避する方法とは

  • 30代の転職に必要不可欠!理想の転職が実現できる転職エージェント活用法

  • 30代からでも遅くない!公務員に転職するための攻略法