1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 30代の転職
  4. 30代からでも楽しい転職活動を実現させるためのノウハウ

30代からでも楽しい転職活動を実現させるためのノウハウ

30代の転職   33 Views

転職活動は肉体的にも精神的にも負荷がかかります。特に30代は重要なポジションを任されるので多忙ですので転職活動に割く時間を捻出するのに苦労しているはずです。さらに30代の転職は今後の方向性を定めるという観点では「最後のチャンス」です。

転職に失敗することに対して強くプレッシャーを感じて過ごされているのではないでしょうか(家族をお持ちの方であればなおさらです)。

そのような辛い30代の転職ですが気の持ちようによっては楽しく活動を行うことも可能です。ここでは30代が楽しく転職活動を行うためのノウハウを紹介します。

なぜ楽しく転職活動を行う必要があるのか?転職活動で得られるメリットはどのようなことがあるのか?

30代に限らず、転職活動は楽しく行なうことをおすすめします。楽しく転職活動を行うことによって満足のいく転職を実現できる可能性が高いからです。転職活動に限らず「楽しい」と感じることができれば高いモチベーションで取り組めます。

ポジティブに活動に取り組めば、例え上手くいかないことがあっても自己分析を行い修正もできます。そのような姿勢で活動に取り組んでいる応募者が企業からの高い評価を受ける可能性は高い、ということはご理解いただけるのではないでしょうか。

さらに、転職活動を行うことによって得られるメリットを紹介します。メリットが理解できれば楽しく転職活動に取り組めるのではないでしょうか。

選考を受けることによって自身の転職マーケットにおける市場価値を知ることができる

求人サイトなどで自身の経験やスキルと合致している募集案件を探すことは簡単にできます。ただ、それはあくまでも「同年代の同様のキャリアを持っている方の一般的な市場価値」であり、自分自身の市場価値とは異なります。

転職活動を行うことによって客観的に判断することができますし、もし足りないスキル等があれば気づくこともできるでしょう。

転職市場のトレンドを知ることができる

転職市場は「水物」です。社会情勢によっては募集の多い年もありますし逆に少ない年もあります。一年の中でも時期によっても案件の数に波があります。一般的に転職市場で高い価値のスキル、キャリアを持っている方でも希望の案件がないこともあるでしょうし、逆に経験の浅い方でも募集が多いことがあるかもしれません。

転職活動を行うことによってその時の転職市場を知ることができますし、希望している業界の動向も把握することができます。

さまざまな企業の内情を知ることをできる

転職活動は自分が勤務している企業や関係している企業以外の企業の内部情報を知ることができる数少ない機会です。求人サイトや求人票に記載している内容で情報収集を行えるのはもちろんのこと、面接を受けることによってその企業の社風や仕事の進め方、今後の展望などを企業の担当者から直接確認することができます。

様々な企業情報を身に着けることによって今後のキャリアやスキルの展望を見直すこともできますし、知識の幅が広げることができるかもしれません。

自分の理想の企業に出会える可能性がある

転職活動のいちばんのメリットと言えます。転職を希望する方はキャリアアップやスキルアップを目指される方もいれば現職に何らかの不安や不満(待遇面、企業や業界の将来性、勤務状況など)を感じる方もいらっしゃいます。

いずれにしても「現職に留まっている限りは解決しないこと」であり、転職活動を行わなければ自身の希望の企業に出会える可能性はありません。

30代が楽しく転職活動を行う方法

転職活動を行うメリットを紹介しました。では、30代が転職活動を楽しく行うためにはどうすればよいのか、具体的な方法を挙げてみました。

転職に関する知識を身に着ける 転職サイトからの情報収集

どのようなことでも自身の知識が豊富になることは楽しいことと言えるでしょう。転職活動も同様です。求人サイトでの情報収集や求人ポータルサイトに登録すればどのような企業が募集を行っているかを理解できます。

30代の方であれば転職ポータルサイトに登録すると様々な企業や転職エージェントからスカウトメールが来るはずです。どのような企業が自身に関心があるのか、自身の転職市場における価値も把握することができます。

転職エージェントに登録する

30代が転職活動を楽しく行うためには転職エージェントに登録することもおすすめします。転職エージェントに登録することによって様々なメリットがあります。

求人サイト等に公開していないレアな求人情報を紹介してくれるということや、キャリアコンサルタントから現在の転職マーケットのトレンドやご自身の市場価値の客観的な情報を得ることができます。

また、転職エージェント経由で選考が進んだとき、面接日の調整や内定後の待遇面の交渉、直接聞きにくいことの確認、入社日の調整など「応募者が企業と直接行いにくい交渉事」を代わりに行ってもらえます。

30代の方は多忙で転職活動に割ける時間は多くありません。上手く転職エージェントを利用してください。

積極的に応募し、機会があれば面接に行く

ご自身の希望に合致する(もしくは活躍できる可能性のある)企業の募集を見つけたらまずは応募し、面接の機会があれば面接に行き、その上で自身が本当に行きたい企業かどうかを判断してください。

理由としては2つあります。まずは機会喪失を防ぐこと。定期的に採用する新卒とは異なり、中途採用のほとんどは採用が完了した段階で募集をストップします。

例え関心がある求人案件を見つけたとしても次の日には募集がない、という可能性は常にあるのです。躊躇して機会喪失をする、というような勿体ないことにならないようにしてください。

次に面接に行かないと企業の本当の姿が見えないからです。求人票やホームページ、転職エージェントから得られる情報はごく一部です。企業と会ってみないと得られない情報の方が多いというのはご理解いただけるのではないでしょうか。

30代が楽しく転職活動を行うための注意点

30代の方が楽しく転職活動を行うための方法を紹介しましたが、注意しなければいけない点もあります。

良い結果にならなかったとしてもくよくよしない

30代の方が楽しく転職活動を行う方法の一つとして「積極的に受験する」を紹介しましたが多数の企業を受験すると当然お見送りになる企業もあります。30代の方はキャリアやスキル、自信をお持ちでしょうから選考が見送りになるとショックを受けることもあるでしょう。

ただ、30代の採用を行う企業は「本当に採用したい応募者」にしか内定を出しませんのでいくら優秀な方でも企業の求めるスキルをお持ちでないと見送りになる可能性があるということはご理解ください。

些細なスキルセットの相違でも見送りになるのです。ですので応募した企業の選考結果が見送りだったとしてもいちいちくよくよしないで切り替えてください(「なぜ見送りだったのか?」という検証は必要です)。

転職エージェントを味方につける、不義理をしない

転職エージェントを利用して転職活動を行う方は多いでしょう。楽しく転職活動を行うためには転職エージェントを味方にしてください。当たり前の話ですが転職エージェントのキャリアコンサルタントも人間です。頼ってくれる登録者には「何とかしてあげたい」と思いますし協力もしてくれます。

キャリアコンサルタントと2人3脚で転職活動を進めていくぐらいの気持ちで進めたほうが転職を成功に導くことができるはずです。

あとはくれぐれも不義理はなさらないように。反応が悪い登録者や、約束していたことを何度もキャンセルする登録者に対しては転職エージェントも「それなり」の付き合いをするようになります。お互い気持ちよく付き合える関係を構築しましょう。

まとめ

30代の方が楽しく転職活動を行うための方法を紹介しました。紹介した方法や意識しなければいけない点はご自身が希望の転職を実現するための方法であることでもあるとも言えます。

是非楽しく転職活動を行って、結果的の後悔のない、希望の転職を実現させてください。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 30代の転職で高卒は本当に不利?学歴のハンデを跳ね返す転職活動を伝授します!

  • 30代で未経験の仕事に転職できるって本当?最短で成功する方法

  • 30代からでも遅くない!公務員に転職するための攻略法

  • 高卒で30代のための転職必勝法!稼げる職種・資格を公開

  • 30代が転職で書類選考の通過率を上げるための完全攻略法

  • 30代が転職で失敗してしまう3つの要因とそれを回避する方法とは