1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 30代の転職
  4. 30代の転職で高卒は本当に不利?学歴のハンデを跳ね返す転職活動を伝授します!

30代の転職で高卒は本当に不利?学歴のハンデを跳ね返す転職活動を伝授します!

 2019/05/11 30代の転職   152 Views

30代の高卒の方が転職を考えた時、学歴にハンディキャップやコンプレックスを感じる方もいらっしゃるかもしれません。確かに応募が難しい案件がありますが、今まで培ってきた経験を活かすことによって、また資格の取得など選考に評価される活動を行うことによって希望のポジションへの転職を実現することは可能です。

理想の転職を実現したい30代の高卒の方のための転職活動の方法を解説します。

高卒30代の転職市場における市場価値、チャレンジ可能な求人案件と出来ない案件

転職サイトの最大手、DODAにはおよそ65000件の求人案件が掲載されています。そのうち「学歴不問」の案件はおよそ25000件です(2019年4月15日現在)。半分以上の案件の応募要件が「大卒以上」を設定しており、高卒の方がチャレンジできる案件が限られている、ということは事実です。

しかし実力主義の企業は高卒でも門戸を開いていおり、即戦力であれば採用したいと考えている企業は多数存在します。しっかりと情報収集をしてチャレンジ可能な案件を探しましょう。

ただ、どうしてもチャレンジすることができないポジションもあります。一般的に高卒でもチャレンジ可能な案件と難しい案件挙げてみます。

高卒でもチャレンジ可能な求人案件

地方公務員(ただし自治体や職種によって異なります)、各種エンジニア(実務経験や資格などが必要)、営業職(新規開拓の営業は学歴を問わず採用される可能性が高いです)、士業(難関資格でも実は高卒でもチャレンジ可能なものもあります。時間と努力が必要ですが)など。

高卒では採用されない求人案件

逆に実力をお持ちの方でも大卒でないと転職が難しいのは、大手金融機関、大手総合商社、大手メディアでの正社員の案件、また、研究職などが挙げられます。これらの企業や職種はどんなに優秀ば実績をお持ちであっても大卒でないと書類選考が通過することはほぼありません。

さらに、ほとんどの研究職は大学院卒が対象であり、大卒では採用されることは難しいです。

高卒30代の方が理想の転職を実現させる方法

では、30代の高卒の方が転職を実現させるための方法を紹介します。

転職の目的を明確にする

まず、ご自身が「何をしたいのか?」を明確にすることから始めてください。そうしないと転職活動の方向性が定まらないからです。

キャリアアップを希望するのか?大企業にチャレンジしたいのか(この場合、「なぜ大企業にチャレンジしたいのか?」も明確にしてください。単に安定性を求めるのであれば大企業でなくても問題ないはずです)?手に職を着けたいのか?地域に貢献をしたいのか?・・それぞれ目的があるはずです。

目的が明確になれば目標がイメージされ、活動の方向性が定まります。

転職の目標に向けて転職活動を行う

転職の目標が決まれば実現に向けて活動を行います。情報のアンテナを広く持って情報収集を行う(常に希望を満たす案件の募集があるとは限りませんので情報収集をこまめに行うことが必要です)。

足りないスキルがあれば関連する資格の取得のチャレンジや職業訓練を受講する、大手企業を希望されるのであればとにかく応募可能な案件を探す(契約社員スタートの案件や地域限定社員の案件など。

ジョブローテーションがある企業であれば将来的に希望のポジションに就ける可能性もあります)など。様々な方法があるはずです。目標が叶うための方法を模索し、実行に移してください。

大卒資格を取得する

時間はかかりますが大卒資格を得るのも理想の転職の実現のための可能性を広げる方法の一つです。夜間の大学や通信制の大学など、卒業すれば立派な「大卒」となりますので学歴のハンディキャップはその時点でなくなります。

30代の高卒の方が転職活動を行う上でしてはいけないこと

30代の高卒の方が転職活動で行ってはいけないことがあります。それは「退職して転職活動を行うこと」です。就業中の転職希望者が、「選考に少しでも有利になるように資格取得の勉強や職業訓練の受講したい、でも時間がないので一旦退職して資格取得や職業訓練に選任したい」という気持ちは理解できます。

忙しい30代の方であればなおさらでしょう。しかし退職して勉強や転職活動に専念することはおすすめしません。

中途採用では、(自身に起因しないやむをえない事情を除き就職先が決定せずに退職した方に対して、「計画性がないと」ネガティブな印象を持つことが多く、選考に影響する可能性が高いからです。

また、退職して転職活動を行うと気持ちに余裕がなくなり不本意な転職をする可能性があります。長期にわたり就職先が決定しないと焦りがでてしまうためさらにその傾向が強くなります。

高卒30代の方におすすめの転職エージェント

転職活動の有効な方法のひとつに転職エージェントがあります。転職エージェントは求人情報の提供だけではなく企業との交渉を行ってくれますし転職活動に関するノウハウもあります。是非活用してください。

転職エージェントの数は非常に多いのでどこに登録すれば悩むかもしれませんが、大手エージェントであれば案件の絶対数が多いので高卒の案件を見つけやすいでしょう。また、若手や未経験を対象にした転職エージェントもおすすめです。経験も学歴も問わないという案件を扱っているからです。

転職エージェントには各社特徴がありますし特定のエージェントしか持っていない案件もあります。出来る限り複数のエージェントに登録し、情報収集することをおすすめします。

リクルートエージェント

転職エージェントの草分けで業界トップシェアの転職エージェントです。取り扱っている案件が非常に多く、30代の高卒の方が応募可能な案件を見つけることができるでしょう。ただ、登録者も非常に多く、その中には当然大卒中田や経験豊富な方も含まれているので、案件の検索をキャリアコンサルタントに任せるとなかなか紹介してもらえないかもしれません。

自分で案件を検索する必要があります。リクルートエージェントは職務経歴書の添削や面接対策といったサービスが充実しています。転職活動を成功させるために上手く利用してください。

マイナビエージェント

求人情報の総合サービス企業であるマイナビが運営している大手転職エージェントです。「20代、30代の転職活動のサポート」をブランディングといていること、新卒媒体や様々な職種の転職ニーズに対するサービスを行っているマイナビ社が母体であり多くの採用実績がある企業ですので、大手企業含め様々な求人依頼を受けています。

30代の高卒でも応募可能な案件も多数取り扱っています。

DODA

日本最大級の人材サービス、パーソルグループの転職エージェントです。大手企業からベンチャー企業、地域密着の企業まで豊富な数の案件を取り扱っています。DODAは、人材紹介サービスが利用できることは当然のことながら、圧倒的な求人掲載を誇る求人サイトを運営しています。

案件の情報数は非常に多いのでご希望の案件が見つかる可能性が高いでしょう。

ハタラクティブ

第二新卒や未経験者、学歴不問などの案件を数多く取り扱っている転職エージェントです。ハタラクティブの特徴の一つとして未経験者を対象にしている案件が多い、ということが挙げられます。若手を対象としている案件が中心ですが、「学歴不問可能な案件に特化している」ことも特徴の一つです。

30代高卒でもチャレンジ可能な案件もあります。

まとめ

30代高卒の方が理想の転職を実現させる方法を紹介しました。現在少子高齢化で労働人口が減少しています。さらに労働人口が減少しているからこそ即戦力で活躍できる実力やキャリアをお持ちの方を採用したいという企業はあります。

一部の企業や職種を除けば30代の高卒の方であっても実力を発揮でき、希望に合致する転職を実現することは十分可能です。

希望の転職を実現するには、「何がしたいのか」「何ができるのか」「(希望に対して)足りないものは何か」「足りないものはどうすれば補足できるのか」をしっかり把握しどう実行できるかが大切です。

転職活動に真剣に向き合えば学歴のハンディキャップを感じる必要はありません。自信を持って転職活動を行ってください。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 30代の女性が正社員の転職を実現するための方法を紹介します!

  • 30代からでも楽しい転職活動を実現させるためのノウハウ

  • 「30代職歴なし」の方が就職するためには?具体的な取り組み方を紹介

  • 30代で未経験の仕事に転職するには?時間をかけずに転職を成功させる方法

  • 30代の転職に役立つ9つの資格と評価される資格をご紹介!

  • 30代からでも遅くない!公務員に転職するための攻略法