1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 30代の転職
  4. 30代の女性が正社員の転職を実現するための方法を紹介します!

30代の女性が正社員の転職を実現するための方法を紹介します!

30代の転職   156 Views

転職を考えている30代の女性の中には、「正社員」の転職に対してハードルの高さを感じている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

「同じ案件に応募するのであれば20代の方の方が有利ではないのか?」「同年代であれば選考は男性の方が有利に選考が進むのではないか?」さらに「出産や育児など女性ならではのライフイベントを控えていると選考が不利になるのでは?」などなど、理由は様々です。

30代の女性が転職に対して感じている不安は確かに存在します、しかしご自身と転職市場にしっかりと向き合い転職活動を行えば正社員の転職は十分可能です。今回は悩み多き30代の女性が正社員として転職する方法を紹介します。

果たして30代の女性が正社員へ転職するのは難しいのか?現在の転職市場を解説

現在の転職市場における「30代の女性」の市場価値について解説します。特定のスキルやマネジメント経験をお持ちであり、長期的に勤務を希望されている30代の女性であれば30代の男性と同様の評価を得ることができますし、選考でそれほど大きなハンデはありません。

男女で評価が異なるという前時代的な人事評価制度の企業はかなり少数になっていますし、30代の女性が活躍できるフィールド(産休や育休、時短制度の導入など)を用意している企業は増えているからです。

しっかりとスキルやキャリアを重ね今後も活躍したいという方であれば自信を持ってください。

正社員の転職を希望している30代の女性が気を付けなければいけないこと

正社員の転職を希望している30代の女性が転職活動を行う上で意識しなければいけないポイントを紹介します。いずれも共通するのは「状況を認識する」ことです。

中途採用を行っている企業のことを考えて目標を定める

まず、「なぜ正社員での転職をしたいのか」を明確にし、その理由が企業にとってどう感じるかを考えてください。30代の女性であれば「正社員の安定性を求めて」「結婚、出産、育児のような女性ならではのライフイベントを実現させるため」という理由があるかもしれません。

お気持ちは理解できますが果たして企業がそのような応募者を採用したいかどうかを考えてください。企業が受け入れるのは難しいということが理解できるのではないでしょうか?

30代女性に限らないことですが、企業は働き方よりもキャリアアップやスキルアップを希望している候補者を求めていることを認識してください。

未経験職種の正社員の案件が少ないことを知る

未経験の事務職や管理系職種にチャレンジしたい30代の女性の方がいるかもしれません。しかし応募可能な案件があったとしても応募者は多いでしょうし、もし応募者の中に同様のスキルを持っている20代の候補者がいれば、不利になる可能性が高いです。

もし未経験の職種へのチャレンジを希望されているのであれば、雇用形態にこだわらず契約社員や派遣社員も視野に入れて転職活動を行ったほうがよいでしょう。

自身のキャリア上、スキル上の強みは何なのかを把握し、必要であれば伸ばす、補完する

ご自身の今までの経験やスキルの棚卸しを行い、ご自身のキャリア上の強みを把握してください。強みを把握できればどのような企業に貢献できるかが理解できます。そうすればどのような企業を探せばいいのか、応募すればいいのかなどの目標設定に役立ちます。

もし強みを伸ばせる余地があれば、またアピールするための補助になるようなことができればチャレンジすれば選考にプラスとなります。分かりやすい指針となるのが資格です。

例えばTOEICで今まで以上の高得点を獲得する、事務系職種であればPCの資格を取得する、簿記の資格にチャレンジする、などです。

派遣から正社員への転身が難しいことを知る

現在、正社員から派遣社員への転身は難しくはありませんが、逆に派遣社員から正社員への転職は非常に難しい、ということは認識してください(ITエンジニアや特殊な資格を所有している技術者ようなの一部の職種は除く)。

ネガティブな評価
難しい理由は、派遣社員は業務の一部しか担当できないので経験スキルが偏っていると判断されることや、正社員より責任のあるポジションを任されることが少ないと判断されるからです。

「紹介予定派遣」のような派遣で勤務後正社員に登用されるという案件もありますが、これは「正社員での採用が前提であり試用期間的な意味合いで一定期間派遣で様子を見る」という目的です。派遣の延長線上で正社員になる、という性質のものではありません。

30代の女性が正社員の転職を実現させる方法

30代の女性が正社員への転職を実現させるには、まず現状や自身の強み、目標を明確にすることが必要であることを解説しました。それから転職活動に入ります。具体的な転職活動の方法を紹介します。

求人サイトを利用し、30代の女性向けの正社員募集を探す

まずは求人サイトを利用して30代の女性が応募可能な案件を探してください。男女雇用機会均等法が制定されてから、基本的は企業は採用活動において性別を指定した募集はできないため求人サイトで30代の女性をターゲットにしている案件を探すことが困難かと思われるかもしれません。

しかし現在膨大な数の求人サイトが存在し、他サイトとの差別化を図るため多種多様な特徴を持っているサイトが多数存在しています。女性をターゲットにしてサイトも存在していますので是非覗いてください。

転職エージェントを利用する

30代の女性が正社員での転職を希望されるのであれば転職エージェントを有効活用してください。転職エージェント経由での求人募集は基本的に「即戦力採用」ですが、企業が求めるキャリアやスキルをお持ちであれば、性別は関係なく選考に進めることが多いからです。

現在多数の転職エージェントが存在し、それぞれ様々な特色を持っています。女性をターゲットにした転職エージェントも存在します。

転職エージェントに登録した際に「ダイバーシティを積極的に進めている企業や女性管理職の多い企業を探している」とリクエストしてみてもいいでしょう。また、外資系企業では性別関係なく評価をしますので、外資系に強いエージェントに登録するのも面白いかもしれません。

転職エージェントを利用する際には、人材紹介会社と人材派遣会社、いずれに登録してください。「正社員を希望しているのに派遣会社に登録?」と不思議に思われるかもしれませんが、紹介予定派遣のような案件の依頼がある可能性があるからです。

中長期的に転職活動を行う気持ちで臨む

転職を希望される30代の女性は出来る限り早期に転職をしたいと希望しているでしょう。しかし、中途採用は「欠員が出るか」もしくは「忙しくて増員するか」のいずれかでないと募集が発生しません。

転職をしたいときに自身の希望の案件があるということは滅多にないのです。しかも募集があったとしても数多くの応募がある可能性があるでしょう。

30代の女性が正社員での転職が実現するかどうかは「縁と運とタイミング」の要素が大きいので、焦らずに転職市場に向き合い選考に関する知識を身に着けながら活動を行ってください。

また活動中にご自身のスキルとキャリアしっかりと向き合い伸ばせることがあれば伸ばして強みを増やしてください。可能性が広がります。

まとめ

企業が中途で正社員の募集を行い採用が決定するのは、

  • 「募集している企業が求めるポジションとそのミッションに必要としているスキル」
  • 「応募者の持っているキャリアやスキルや志向」

が合致した時です。

これは中途採用全般に共通することであり、30代の女性も同様です。年齢や性別関係なく、企業の求めるスキルやキャリアを持っていれば正社員の転職は可能です。自信を持って活動してください。

自身のスキルやキャリアと向き合い、企業にどう貢献できるかを考え、さらに企業のターゲットを理解すること、必要なことは何なのかを考え実行することなど、しっかりと準備をして転職活動を行いましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 30代で未経験の仕事に転職するには?時間をかけずに転職を成功させる方法

  • 30代の転職に役立つ9つの資格と評価される資格をご紹介!

  • 30代の女性が理想の転職を実現させるための重要なポイントとは?

  • 高卒で30代のための転職必勝法!稼げる職種・資格を公開

  • 30代の転職で高卒は本当に不利?学歴のハンデを跳ね返す転職活動を伝授します!

  • 30代の方が必ず納得のいく転職を成功させるための10のポイント