1. TOP
  2. ランキング
  3. 30代転職ならこのエージェント!おすすめランキング

30代転職ならこのエージェント!おすすめランキング

 2018/02/04 ランキング   287 Views

30代の転職は、経験をもとにその後のキャリアを構築していくものとなるでしょう。キャリアの棚卸、キャリアパスの再考などで力を発揮してくれるのが転職エージェントです。他の年代の転職よりも、エージェントをしっかり選ぶ必要があるのは、最も重要な転職のタイミングだからです。

また、30代で正社員未経験でも、転職できる可能性が全くないわけではありません。これも転職エージェントの利用がポイントになります。

キャリアを活かした転職は、失敗してしまうとこれまで築き上げてきたものが崩れてしまいます。異業種へ挑戦したり、職種変更をしたりするのが良い結果に結びつかないこともあるでしょう。

転職を成功させるためには、これまでの経験やキャリアごとにどのように転職活動していくのか、計画を立てることが大切でしょう。それには自分の状態に適した転職エージェントを選ぶことがもっとも肝心になってきます。

30代転職ならこのエージェント!おすすめランキング

1位 ビズリーチ

求人数:★★★☆☆
転職サポート:★★★★☆
使いやすさ:★★★★☆
ハイクラス層が対象者の転職エージェントです。転職を希望している段階で、少なくとも500万円の年収がある方ならさらに年収アップを狙える案件の紹介や、スカウトを受けられる可能性が高いです。また年収750万円以上の方ならハイクラス会員として分類され、応募可能案件が増えます。気になる点としては、サービスをフル活用するためには有料のプランを利用したほうがよいことでしょう。

無料会員なら、公開求人の閲覧など一部の機能しか使えません。ただ面接確約のプラチナスカウトなら、無料会員でも閲覧・返信可能です。また会員のステイタスによって料金が変わってきます。ハイクラス会員は30日間4,980円、タレント会員は2,980円となります。転職活動の予定期間にもよりますが、コストに見合っているかどうかを考えた上で登録を決定しましょう。

ヘッドハンターによるスカウトで、自分の市場価値を確認できる、本当の適職が見つけられる、キャリアの構築の相談ができるなど、他のエージェントとは異なる使い方も可能です。

2位 DODA

求人数:★★★★☆
転職サポート:★★★☆☆
使いやすさ:★★★★☆

DODAは、リクルートエージェントに次ぐ国内第2位の転職エージェントです。案件数が多いため、とにかく幅広く情報を集めたい方に適しています。求人情報はメールで大量に流れてきます。ただ案件の範囲が広いことで、決めにくくなると感じる方もいるようです。

キャリアアドバイザーによって専門性が低いと利用者が感じることがあるようです。いずれのキャリアアドバイザーも、専門分野を持っていることが多いです。案件情報の解説や、紹介などで物足りなさを感じたら交代を依頼したほうがよいでしょう。

3位 リクルートエージェント

求人数:★★★★★
転職サポート:★★★☆☆
使いやすさ:★★★☆☆
ご存じリクルートのエージェントです。案件数は日本最大規模、転職を予定しているすべての年代、職種、業種の方が一度は登録を考えるのではないでしょうか。求人数が多いのは魅力的ですが、絞り込めていない方はどこに応募するのか難しく感じることもあるようです。

ただ、転職活動をスタートした時などは特に案件を多く見て、自分の市場価値をわかったほうがよい方もいるでしょう。また豊富な案件をもとにコンサルタントのサポート力の高さも定評があります。登録しておいて損はない転職エージェントといえるでしょう。

4位 マイナビエージェント

求人数:★★★☆☆
転職サポート:★★★★☆
使いやすさ:★★★★☆

案件数の多さではリクルートやDODAに比較すると物足りないものの、質の高い求人を保有しているエージェントです。中小企業の案件に強みを持っています。案件の幅が広いので、未経験OK、ミドルクラスなど様々な状況の方に対応できるエージェントでしょう。

確実な紹介が望めるという評価をしている利用者が多いので、他社と併用することでより理想的な案件に出会いやすくなります。また業界研究、書類作成、面接対策など一通り知っておくべき活動の基本で手厚い転職サポートがある点も好評です。

5位 type転職エージェント

求人数:★★★☆☆
転職サポート:★★★★☆
使いやすさ:★★★☆☆

案件紹介の対象エリアが以前は東京、神奈川など関東圏が中心でした。そのため現在も全国や海外などの案件を取り扱っているものの、数が少ないことがあります。ただ、大手転職エージェントとは違う丁寧なカウンセリングで、キャリアについて真剣に考えたい方のフォローを行います。

大手エージェントではないものの独占求人や非公開求人が多いので、他のエージェントで応募したいと思える案件に出会わなかったときには、登録することをおすすめします。ITやベンチャー系に強いので、希望業界や勤務地が一致するなら、ぜひ利用しましょう。

30代の転職エージェントの選び方

30代の方は経験や経歴をもとにエージェントを選びましょう。

正社員経験ありの方

マイナビエージェントやDODA、リクルートエージェントなどに登録するとよいでしょう。案件数が多めのエージェントと、独自求人を持つエージェントを併用することで、良い案件に出会える確率が高まります。

マネジメント経験のある方や年収500万円以上の方

ビズリーチやJACリクルートメント、キャリアカーバーのようなハイクラス転職エージェントに登録したほうが、希望の案件に出会える確率が高まるでしょう。案件数の多いリクルートエージェントや、DODAなども併用してより数多くの案件を見る方法もあります。

正社員未経験やブランクが長い方

やはり同じ30代でもなかなか決まりにくい傾向にあります。ただ諦めないことも大切ですから、手厚いフォローを受けられるエージェントに出会うまで、面談を受けるしかありません。またエージェントで紹介を受けられない場合は、案件数の多いリクナビNEXTのような転職サイトも利用しましょう。他にも公的支援となるハローワークなどもあります。経験のないことを指摘されると、転職活動を継続するのは精神的にも大変なことがあります。しかし、粘り強さが良い結果となる方も少なくありません。

30代女性におすすめの転職サイト

転職サイトや転職エージェントでは女性向けのものもあります。ただ特に限定していない転職エージェントでも、もちろん女性のための案件も取り扱っていますし紹介も可能です。年齢や経歴などで適しているエージェントを2~3社と、女性向けのエージェントを併用するとよいでしょう。

たとえば案件数の多いリクルートエージェントやDODAと、サポートに定評があるマイナビエージェント、女性向けのtype転職エージェントなどに登録するのもおすすめです。またハイキャリアの方なら、ビズリーチやキャリアカーバーなども利用しましょう。

30代フリーターでも転職エージェントに登録できる?

転職エージェントの仕組みは、登録者(転職希望者)に案件を紹介し、紹介先の企業から報酬を得るということになっています。要は企業が採用したいと思える人材を紹介しなければ、転職エージェントは利益がないということになります。

企業が採用したいと考えるのは、業界や職種での豊富な経験、マネジメント経験、資格など一目で見て「仕事ができる!」とわかる人物だと思われがちです。確かに、この点も30代となると重視される点ではあります。しかし素晴らしい経歴があっても社風と全く合わない人物を、採用したいと企業は考えるでしょうか。人づきあいに問題を起こしやすい、ポテンシャルに疑問があるなど、採用を見送りたいタイプの人物はいるのです。

もちろん未経験、フリーターの方が「やる気があります。」と強くアピールすれば採用されるわけではありません。やる気やポテンシャルを上手にアピールし、アルバイトなどの経歴であってもそれをセールスポイントにできるような業種や職種を選ぶのです。登録できる転職エージェントはすべてではないかもしれません。しかしエージェントを利用するメリットは少なからずあります。紹介を受けられるエージェントを探しましょう。さらにアドバイザーが親身になってサポートをしてくれるよう、面談や相談をフルに生かすのです。

30代未経験で正社員になるための職種は?

適正があるので、正社員になりやすい職種を選べばよいというものではありません。しかし絶対にこの転職活動で決めたいと思うなら、可能性の高い職種を候補に挙げるのも大切です。

まず常に求人がありどの業種でも必要とされているのが「営業」です。コミュニケーション力や、体力、精神的な強さも求められますが、最もやりがいのある職種といえるでしょう。販売の経験から営業にも興味を持った、転職エージェントのカウンセリングで勧められた(自分で判断する適正と人に与える印象は異なることも多いでしょう)など、もともとは営業志望でなかった方が営業職に就いているのには様々な理由があります。どうしてもできないと思う場合を除いて、もしも気になる案件があれば挑戦してみる価値はあるでしょう。

次に業界になりますがIT系、WEB系です。技術職ですので、誰でもよいというわけではありません。しかし今最も売り手市場の業界なので、未経験や経験の浅さが大きくマイナスに響かないケースも多々あります。

まとめ~30代転職で大切なこと

30代の転職では、ハイクラスの方、マネジメント経験のない方、ブランクが長い方、正社員未経験などキャリアや経歴が多様化しています。希望業界や職種だけでなく、自分の状況に応じた転職エージェントを選ぶことが大切です。

ハイクラスなら、キャリアを崩さず今後のキャリアパスが明確になるような転職が求められます。ハイクラス専用のエージェントの活用がおすすめです。マネジメント経験がない場合は、それ以外のアピールポイントで転職しないといけません。案件数の多いエージェントなら、多様な状況に応じた求人を保有している可能性が高いでしょう。

未経験の方、フリーターからの転職の方、ブランクが長い方など一般的に転職に不利とされる場合もあきらめてはいけません。転職エージェントだけでなく、自分で求人を探して応募する転職サイト、公的な支援であるハローワーク、卒業校のキャリアセンターなどの方法を駆使することで案件が見つかる可能性があります。

30代の転職希望者すべてに言えることですが、自分の状況を冷静に判断してくれる転職エージェントのコンサルタントに出会うことは転職成功を左右します。相談に乗ってもらい案件に応募するだけでなく、コンサルタントから企業へプッシュすることで、内定に近づくケースも少なくありません。転職を迷っている間に時間は過ぎてしまいます。すぐに転職エージェントへの登録をスタートしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 女性が使って価値ある転職サイトをランキング

  • 40代の転職が成功する人気エージェント5選

  • 20代が利用するべき転職サイト【ベスト5】