1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 40代の転職
  4. 40代~50代転職の相当厳しい現実~成功するためにやることはコレしかない!

40代~50代転職の相当厳しい現実~成功するためにやることはコレしかない!

 2019/03/29 40代の転職   254 Views

今、転職を考えている40代~50代のあなた。まずは現実を直視してください。

「数百社、応募しても転職先が決まらない」

「年収が前職と比べて3割ほど減った」

「もっと今までにスキルを高めておけば良かった」

これらが40代~50代で転職活動している人に多い意見です。

あなたに優れたスキルや実績、人脈があるのであれば問題はありませんが、おそらくこの記事を読んでいる時点でかなり厳しい現実に飛び込んでくる人でしょう。

今から退職を考えている人ならば、退職までにすべき大事なことがあります。まずはここからの記事をしっかりと読んで転職準備を行うようにしてください。

すでに退職してしまった、あなた!厳しい現実を感じたのであるとしても、嘆いている暇はありません。転職に向かって進んでいくしかないのですから、できることからコツコツ始めていきましょう。ここからの記事をしっかりと心に刻んでくださいね。

ちょっとまて!40代~50代で転職する前に現実を知っておくこと

今から転職を目指す40代~50代の人であるならば、なぜ転職したいのかもう一度考えてみてください。冒頭から述べている通り、40代~50代の転職は大変厳しいために、退職せずに「続ける」という選択肢も残しておくほうが良いからです。

どうしても退職せざるを得ないという人であるならば、40代~50代の転職の現実を知っておくべきです。それで焦りが出てしまうというくらいなら、そもそも転職せずにイヤでも今の会社に居残るべきです。

一般的に考えられている40代~50代の転職状況は次の通りです。

40代~50代の転職市場の現状はこうだ!

新聞やテレビなどメディアではたびたび「人材不足」といわれていますので、40代~50代の中高年でもチャンスがあると報じられることもあります。

でもそれは一部のスキルが高い人たちだけに当てはまるもの!

40代~50代は完全に買い手市場であると認識しておくべきなのです。

人材不足に悩む一般企業では、20代~30代前半までの人材が欲しいと考えています。特に第二新卒である場合、社会に出て多少のスキルや社会人としてのマナーを見につけているために新たな教育の必要はなく、人件費も安く済むために雇用するにはもってこいなのです。

それに比べて40代~50代を雇用するのであれば、やはりある程度のキャリアがあり、スキルもそれなりな人が多いので、人件費が高くなってしまいます。

そのため無理して40代~50代を雇用するよりは、もう少し我慢して20代を雇用したいと考えている企業が一般的であるのです。

あなたは転職に失敗するタイプかも?

まずは次に掲げる項目に当てはまるか考えてみてください。

  • 転職回数が明らかに多い
  • すぐに辞めている仕事が履歴書にいくつかある
  • 40歳を超えていても、これといったスキルがない
  • 希望の条件に見合う求人が見つからない
  • どうしてもやりたいと考えている仕事はない

一般的に40代~50代の転職は厳しいものの、それでもうまく転職を勝ち取る人もいれば、いつまでたっても採用されないという人もいます。

もしもこれらのタイプに当てはまるとしたら、もう一度転職について考え直すほうがいいでしょう。

「転職回数」について明確な回数はありませんが、やはり履歴書をみていくつかの転職がある場合、企業からすれば「またすぐに辞めてしまうんじゃ・・・」と思うのは間違いありません。あえて回数をいうならば3回以内でしょうね。

「すぐに辞めている仕事」がいくつかある場合であれば、なおさら企業から敬遠されてしまうのは仕方がありません。もちろん病気など特定の理由があるのであれば、同情の余地はありますが、自己都合の場合であればやはり難しいでしょう。せめて3年位は勤めてほしいものです。

「40歳を超えていてこれといったスキルがない」場合、今まで何をしていたの?と企業の面接担当者は思います。まずはスキルの棚卸をしてみるようにしましょう。何もやってないということではないのですから。

「希望の条件に見合う求人がない」という人は、条件が市場価値よりも高い傾向にあります。自分のスキルと市場価値を合わしていくためには、条件を下げなければならないこともあると認識しておくべきです。

「どうしてもやりたいと考えている仕事はない」という人は、こだわりを持って仕事をしてこなかった可能性があります。「なんでもいい」というのは、企業にとっては絶対に雇いたくないタイプです。

企業が40代~50代に求めるものは「即戦力」しかない

企業が40代~50代に求めるのは、すぐに戦力として働いてくれるかどうかしかありません。さらに戦力というのは、自分自身が稼ぎ頭になるというものではなく、若手の手本となるような管理能力のスキルが高い人といえます。

つまり業務に対するスキル、教育や指導に対するスキル、コミュニケーションスキルなどに秀でている人を雇いたいと考えています。

もしもその条件に当てはまらないということであれば、一般職員ということになりますから、やはりこれは条件を下げざるを得ないと考えたほうがいい。

一般職員を雇うのであれば、20代~30代を雇いたいと考えます。それをわざわざ若手と同じ条件で雇いたいと考える企業はないということなのです。

それでも転職したい40代~50代のための転職方法は!?

どうしても転職したいと考えている40代~50代の転職方法のポイントはつぎの3点です。

  • 退職前から入念な転職準備を
  • 自分自身の市場価値を正確に知っておく
  • 独自の人脈は持っているか

冒頭から相当、40代~50代の転職についてこきおろしてきましたので、

「じゃあ、もう無理なんだね!」

と諦めムードの人もおられるでしょう。

しかしどうせ転職を決意したのですから、うまく勝ち取る方法を考えてみようじゃないですか。

今から転職するという人であれば、この3つのポイントに重点を絞って、また既に退職してしまったという人であれば、もう一度このポイントに立ち帰って考えてみることをおすすめします。

退職前から入念な転職準備を

退職しようと決めたのであれば、どのようにするべきかその身の振り方についてしっかりと考えておくようにします。

前職と同じ業界で転職するのであれば、自分がどのような立ち位置で転職することが可能なのかしっかりと下調べをしておきましょう。

また新しい業界を目指したいという人であれば、必要になる資格やスキルがあるのであれば事前に身につけておくようにします。

すでに退職したという人であっても、自分がどの業界に進んでいこうとしているのか、まずは地に足を付けることが大事です。

自分自身の市場価値を正確に知っておく

転職して進んでいこうとする業界は、自分自身をどのように考えてくれるのか、市場価値を正確に知っておくことが大事です。

前職と同じ業界で、その業界にすでに長くいるという人であれば、どのように自分を売り込んでいけばいいのか検討を付けることができるでしょう。

新しい業界に進む人の場合、特別なスキルを持っている場合であればまだしも、そうでない場合においては条件を低めに設定しておくことが大事です。

市場価値を正確に掴んでおけば、うまく転職できる可能性も高くなりますから、実際の求人も見ながら考えてみるといいでしょう。

独自の人脈は持っているか

人脈を持っている人は、その人脈を頼りにできますので、それほど転職に困ることはありません。

ただ人脈と言ってもピンと来ない人も多いでしょう。

人脈は何も仕事の付き合いだけではありません。あなたに人望があるとしたら、友人や知り合いに声をかけても、何かあれば紹介してもらえるなど期待できるかもしれません。

こういうときに普段からの人付き合いの影響が出てくるもの。人付き合いが良い人であれば、どんなときでも困ることはないのです。

40代~50代転職で成功するための転職エージェントの活用方法

40代~50代で転職を成功させるには転職エージェントをうまく活用することが一番近道です。ポイントはつぎの3点。

  • 良質な転職エージェントには複数登録する
  • 正社員だけではなく派遣も検討する
  • コンサルタントの情報をうまく引き出す

「転職エージェントなんて、ハローワークと一緒のようなものじゃ・・・」

と考えているのなら大きな間違いです。

無料で活用ができ、非公開求人が多いのでハローワークなどよりも、はるかに求人の幅が広がります。サポートもしっかりとしてくれますので、あなたの転職に役に立つのは間違いありません。

良質な転職エージェントには複数登録する

転職エージェントは数多く存在しますが、40代~50代に強い転職エージェントなら、複数登録しておくことをおすすめします。

転職エージェントもその企業によって強みが違います。

あるところは求人数が多い。

あるところはコンサルタントのサポートが優れている。

あるところは40代~50代の転職実績が多い。

などなど。

どの強みもあなたにとってはプラスになるものばかりですから、それを活用しない手はないのです。

正社員だけではなく派遣も検討する

40代~50代の転職の場合、どうしても正社員が難しいという場合もあります。その場合であれば派遣を活用するのもひとつです。

「派遣なんて・・・」

と考えている人もおられるかもしれませんが、実際に派遣で働いてみて、その企業に気に入られたらそのまま引き抜かれるということも珍しいことではありません。

そもそも派遣といっても、派遣会社の社員の訳ですから、正社員となんら変わりません。

新しい業界に飛び込む場合であれば、コンサルタントが派遣の調整をしてくれますし、スキルを獲得することも可能です。

これも利用しない手はないでしょう。

コンサルタントの情報をうまく引き出す

コンサルタントは、地元企業と常に連携を図っていることが少なくありません。企業がどのような人材を求めていて、実際にどのような人を雇用しているのか正確に把握しています。

そのような情報は得るにこしたことはないでしょう。

コンサルタントと面談し相談するなかで、自分には気がつかなかった強みに気付いてくれる場合もありますし、そこから新しいチャンスが生まれる可能性もあります。

まずは転職エージェントに登録してみて、コンサルタントと面談してみましょう。

まとめ~40代~50代の転職サイトのおすすめは?

40代~50代の転職サイトのおすすめはこちらの記事にまとめています。

40代~50代の転職サイトはなかなか厳しい状況ですが、それも承知で退職される方が多いでしょう。しかしうまく乗り切っている人が多いことも見逃してはいけません。

うまく乗り切るためのポイントは、いかにいい転職エージェントに登録し、いいコンサルタントに巡り合うかです。

ハッキリ言って、それしかありません!今すぐ記事をチェックして、自分にあった転職エージェントに登録してみることをオススメします。

 

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 40代主婦が積極的に採用される5つのお仕事!正社員として再就職する5つのポイント

  • 40代が未経験の業界や職種に転職するのは難しい?採用される3つのポイントとは

  • 40代主婦が仕事に活かせる資格おすすめ9選~転職・復職に直結する資格は?

  • 40代ホンネで語った4つの転職理由~面接で成功する3つのポイントとは

  • 40代だからって転職が成功しないワケがない!成功率を高める具体的な方法とは

  • 40代で転職しても必ず苦労する6つのポイントとは?転職後に後悔しないために