1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 40代の転職
  4. 40代だからって転職が成功しないワケがない!成功率を高める具体的な方法とは

40代だからって転職が成功しないワケがない!成功率を高める具体的な方法とは

40代の転職   169 Views

40代のあなたがこの記事を読むに当たって、必ず心に留めておいてほしいことが3つあります。

  1. 成功率を高める転職活動を行うこと
  2. 正しい方法で転職活動すれば40代でも転職が可能だということ
  3. 20~30代の転職と同じだと思わないこと

40代だからといって転職できないことはありません。きちんとした方法で転職活動するのであれば、成功率を高めることはできるのです。

ステップアップはもちろんのこと、未経験であってもです。

ここでは「40代の転職で成功率を高める」というテーマで、どのような方法があるのか具体的にお伝えしていきます。

40代でもステップアップ転職の成功率を高める具体的な3つの方法

退職前から業界や企業の情報を十分に集めておく

業界や企業の40代のニーズについて認識しておく

転職時よりも中長期的な視点で転職活動を行う

40代がステップアップ転職で成功率を高めるには、以上の3つのポイントが存在します。具体的に説明していきましょう。

退職前から業界や企業の情報を十分に集めておく

40代がステップアップ転職する場合、退職前から戦略的に行動しなければなりません。

この行動がすべて転職の成功に繋がっていくものになりますから、退職日からさかのぼってせめて半年前からは行動できるようにしておきます。

というのも業種によっては自分自身が働いている企業のことしか分からず、一般的な業界の様子を知らないことも多いからです。

もしも同じ業界に友人がいたり、仲間がいる場合であれば、積極的に業界や企業の情報を集めるようにしておきます。

場合によっては、特定企業の人事の様子などを確認できる場合もありますし、人事の関係者とのパイプができる可能性もあります。

時期によっては、退職を断念せざるを得ない状況もあるかもしれませんが、無謀な転職をするよりは業界の状況を見て判断するといいでしょう。

業界や企業の40代のニーズについて認識しておく

人材不足の業界であっても、それをそのまま鵜呑みにしてはなりません。

人材不足と言われている業界でも、40代のニーズが低いということもあります。

例えば介護業界においては、慢性的な人材不足といわれていますが大規模法人の場合には20~30代を積極的に採用していることもあります。

特にステップアップするための転職ということであれば、本当に企業が望んでいるのかどうか詳しく調べておく必要があります。

安易に退職してしまった後に、「40代以上は採用しない」という暗黙のルールがあるようなことが判明してしまえば、後の祭りです。

転職時よりも中長期的な視点で転職活動を行う

転職時点のことよりも、さらに先の視点を持っておかないと、転職時にいい条件と感じたとしても中長期的に見るとステップアップできていないということもあるのです。

40代の転職ではやはり気が焦ってしまい、どうしても目先の条件に目がいきがちです。

転職時の給料、採用条件・・・

でも本当に大事なことは、先々の昇進や給料アップではないでしょうか。

そう考えると、転職時点で今よりも給料が下がってしまうとしても、中長期的に考えると今よりもはるかに条件の良い転職先もあるかもしれません。

本当に自分が考えているようなステップアップができる環境が整っているか、必ず情報を集めておかねばなりません。

未経験求人でも転職の成功率を高める具体的な3つの方法

未経験求人でも入念な対策があれば転職はできる!

自分の経験や意欲を未経験職に対してどのようにアピールするか

プライドや意地を捨て、謙虚に学ぶ姿勢を持つ

40代から未経験の分野に飛び込もうとする人もおられます。確かに難しいことではありますが、上記の3つのポイントをしっかりと押さえておけば、成功を勝ち取ることも可能です。

未経験求人でも入念な対策があれば転職はできる!

単純にいえば40代で未経験であっても、雇用したいという人材であれば転職は可能なんだということが言えます。

これには考え方が2つあって、

1つは、年齢に左右されない業界であるということ。

2つ目は、その人に年齢以上の魅力があるということ。

「年齢に左右されない業界」とは、人材不足であるというだけではなく、若手も中高年も等しく業務に就くことができる業界のことを指します。

一般的には介護やタクシー、設備管理、清掃業務など、さまざまなものがあります。中高年でも積極的に採用されている業界を狙えば、未経験でも十分に転職の可能性が高まります。

「その人に年齢以上の魅力がある」とは、本来ならばあまり積極的に採用しない40代であっても、今までのキャリアや人柄などにおいて魅力を感じるという場合です。

これは次に説明するアピール力に繋がってくることですが、自分自身の強みをその企業においてどのように活かしていくのか、明確にすることが必要です。

自分の経験や意欲を未経験職に対してどのようにアピールするか

その業務は未経験であるとしても、今までの経験を活かすことは誰でも可能です。

営業経験のある人であればコミュニケーション能力を活かすことができますし、経理をしてきた人であれば金銭管理などが得意かもしれません。肉体労働をしてきた人であれば、体力には自信があるかもしれません。

そのアピールをどのように判断するのかは、その企業の人事担当者です。

そのため転職を希望する企業のことはしっかりと調べておき、自分自身がどのように業務に対して経験を活かすことができるのか考えておくべきです。

多少論点が外れているとしても、企業はその経験や意欲を買って、採用してくれるかもしれません。

ただし次の項目でも説明しますが、変なプライドを持っている人はまったく相手にされません。特に未経験の分野であれば、「何を偉そうに」と思われるのがオチですから。

プライドや意地を捨て、謙虚に学ぶ姿勢を持つ

大事なのは「低姿勢」で「学ぶ姿勢」です。

未経験の場合であれば当然のことであると考えますが、長く仕事をしてきた40代はプライドが邪魔になってしまうことも少なくありません。

特にその企業のために手足となって働いてきたという自負がある人であれば、それを一生懸命説明しようとします。

確かにそのプライドは自分自身が頑張ってきた証かもしれません。

ですが、それが度を越してしまうと、まったく相手にされなくなってしまうのです。なかなか転職が決まらない40代には、このような人が少なくありません。

あくまで未経験ですから、「学ばせてください」という謙虚な姿勢を持っておくことがとても大事です。

転職成功率を高める転職エージェントの活用方法

40代転職の実績が豊富な転職エージェントに登録する

担当コンサルタントのサポートを十分に活用する

転職エージェントだからこそ知っている転職に関する情報を収集する

転職成功率という観点でみれば、絶対に転職エージェントを活用すべきです。

それは40代の転職に強く、業界を知り得たコンサルタントがそこにいるからです。このようなサービスを無料でうかわない手はないと思いませんか?

40代転職の実績が豊富な転職エージェントに登録する

転職エージェントといっても無数に存在し、40代の転職に強いところもあれば、そうでないところもあります。

40代の転職実績を数多く持っている転職エージェントであれば、転職できる可能性がグンと上がります。ハローワークなどには出ていない、非公開求人も多数登録されています。

転職エージェントによっては、その地域の40代の転職市場について、かなり深くまで情報を握っているところもあります。

というのも転職エージェントと企業との連携が密になっており、企業にマッチした人が求職で登録した場合にはいち早く紹介することができます。

転職エージェントがいつも良い人を紹介している場合には、企業との信頼関係が構築できており、その転職エージェントからの紹介なら無条件で採用するなんてこともあるからです。

地域に根付いている転職エージェントに登録すれば、かなり有利になることは間違いありません。

担当コンサルタントのサポートを十分に活用する

転職エージェントに登録すると、担当コンサルタントから転職に役立つサポートを十分に受けることができます。

例えば履歴書や職務経歴書の書き方。

現場一筋で働いてきた人であれば、採用される履歴書や職務経歴書の書き方を知らないのではないでしょうか。企業の人事担当者が喜ぶ書類というものが確実に存在するのです。

また採用される面接の対応。

聞かれたことを素直に答えるだけが面接ではありません。そこには裏の意味や別の意味や部分をチェックされていることもあるのです。当然、目線や態度なども見られています。

コンサルタントは転職に必要なサポートをさまざま用意しています。もちろん無料で受けることができますから、利用しない手はありません。

転職エージェントだからこそ知っている転職に関する情報を収集する

転職エージェントに所属しているコンサルタントは、地域の企業と常にやり取りをしていますので、実際に働いてみないと分からないような情報まで知っていることも少なくありません。

例えば人間関係や職場の雰囲気、教育方針などですね。

コンサルタントは人事担当者とパイプを持っていることが多くあります。また現場の責任者とやり取りをすることも少なくありません。

そのようなやり取りの中で職場の雰囲気を確認することができますし、以前紹介した人からの口コミなどを聞く場合もあります。

転職エージェントに登録して、気になる企業について質問してみてください。あなたの知りたい情報を教えてくれるかもしれません。

まとめ

40代の転職で成功率を高めるには、具体的に成功するための方法を実行することが大事です。

冒頭にも申し上げましたが、必ず次の3つのポイントを抑えておかねばなりません。

  1. 成功率を高める転職活動を行うこと
  2. 正しい方法で転職活動すれば40代でも転職が可能だということ
  3. 20~30代の転職と同じだと思わないこと

40代だからといって転職できないことはありません。この記事を何度でも読み返して、実行してみてください。それが成功率を高める秘訣ですから。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 40歳からの転職で「無謀だ!」と言われる人の特徴~成功を握るポイントとは

  • 40代~50代転職の相当厳しい現実~成功するためにやることはコレしかない!

  • 40代ホンネで語った4つの転職理由~面接で成功する3つのポイントとは

  • 40代が未経験の業界や職種に転職するのは難しい?採用される3つのポイントとは

  • 40代からの転職に失敗する3つのポイントとは~成功するための3つの戦術

  • 40代主婦が仕事に活かせる資格おすすめ9選~転職・復職に直結する資格は?