1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 40代の転職
  4. 40代からの転職に失敗する3つのポイントとは~成功するための3つの戦術

40代からの転職に失敗する3つのポイントとは~成功するための3つの戦術

40代の転職   44 Views

40代が転職に失敗するポイント、成功するポイントは確実に存在します。

40代からの転職は、一般的に20代~30代と比べると不利だといわれます。そのため同じような意識で取り組んだ場合、失敗する確率も高くなることは間違いありません。

とはいえ、成功を勝ち取っている人も少なくありません。しかも今まで働いてきた業界ではなく、まったく未経験の業界であるとしてもうまく転職している人がいるのです。

それは40代の強み・弱みをしっかり熟知した人かどうかに差があるのです。どのようなことなのかじっくりとお伝えしましょう。

40代が転職に失敗する3つのポイント

  • 失敗を年齢のせいにする
  • スキルがないのにプライドは高い
  • 粘り強く頑張れない

少々厳しい意見かもしれませんが40代で転職を失敗する人には、この3つに当てはまることが多いです。あなたはどうですか?

転職を成功させるためには、現実を直視することが必要です。これからもこの3つから抜け出せないのであれば、そもそも転職は不可能ですから。

失敗を年齢のせいにする

不利な状況をあえて選んでいるのですから、もう年齢のせいにするのはやめませんか?そんなことをいつまでも言っていたところで、何も解決しませんからね。

逆にいえば、成功させている人というのは、圧倒的な不利にも関わらずにうまく転職を成功させています。

この違いは意識に置き方にあります。

確かに40歳を超えると、求人が少なくなるのは間違いありません。未経験求人となるとさらに厳しくなることも事実です。

でも年齢のせいにしている人は、そもそも別に問題があるのにも関わらず改善しようとしていません。だからそのような意識があるうちは、絶対に転職を決めることなどできないのです。

スキルがないのにプライドは高い

「今まで前の会社では売上に貢献してきた」

「何人もの部下を育成してきた」

とプライドばかり高い人など、雇用したくないと思いませんか?

そんなことを言われても、「じゃあ、なぜ退職したんですか」って思うのは当然ですよね。

厳しいことを言うと、プライドは自分のスキルを隠すためのものにすぎません。そんなもので隠したって、企業の人事担当は見抜いてしまいますから。

もちろん実績を正当に評価してもらうことは大事です。しかしそれ以上、背伸びすると人間性を問われてしまうことになるのです。

40代に企業が期待するのは「即戦力」。しかも若手の手本となるような人です。

プライドだけ高い人は、手本などなるはずもありませんから。

粘り強く頑張れない

諦めてしまうということは、すべて終わってしまうということです。

どれだけ高いスキルがあるとしても、40代からの転職が厳しいのは間違いありません。時には10社、20社と面接を受けても採用されないことだって不思議ではありません。

そもそも「40代の転職は厳しい」と受け入れ、粘り強い姿勢が必要です。そこからがスタートであるといえますから。

特には妥協点が必要になるかもしれません。後述しますが、自分の強みに気付いたのであれば攻め続ける姿勢が大事になってきます。

その姿勢が企業の求めているものであるからです。

40代の転職の現実については、こちらの記事でもご紹介しています。

40代が転職に失敗しないための「思考術」

40代で転職に成功させている人の考え方には、次のポイントがあります。

  • 自分自身の市場価値を知っている
  • 幅広い情報を集めている
  • 諦めずに粘り強く取り組んでいる

いずれにしても20代~30代の転職では見られない姿勢であるといえるでしょう。

まずは自分が「40代である」「転職に不利なんだ」という認識の中からスタートし、適切な考え方を持ってくことが大事なのです。

自分自身の市場価値を知ること

40代で転職を失敗する人をみると、圧倒的に自分自身の市場価値を読み違えています。

会社の中に長く在籍していると、20代~30代の若手職員よりも40代が幅を利かせているということは少なくありません。

そのような状況に身を置いていた人であれば、転職市場においても同じような状況だと勘違いしてしまう可能性が高くあります。

仮に同じ業界に勤めている20代と比較した場合、あなたの方がスキルや経験があり、すぐに業務につける可能性は高いかもしれません。

しかし20代には伸びしろがありますから、40代になったときにさらに輝きを増す存在になっているかもしれません。

と考えてみれば、40代の自分自身が求められているものはなんでしょう。

本当の意味で即戦力となりうるのかどうか、市場価値を見極めなければ、40代で採用されることはありません。

幅広い情報を集めること

あなたは今までの業界しか眼中にないかもしれませんが、自分自身の強みを活かせば違う分野で活躍できる可能性もあるかもしれません。

そのため一つの業界だけではなく、関連する領域などにおいても幅広く情報を得ておく方がいいでしょう。

一つの業界で長きにわたって働いてきた人であれば、その業界についてはある程度理解しているといえるかもしれません。

しかしそのスキルや経験が、視野を狭めてしまっている可能性があります。

諦めずに粘り強く取り組むこと

どうしてもこだわりの条件があるのであれば、なおさら粘り強い取り組みが必要です。

いくつかの採用面接で落とされてしまうと、どうしても自分自身を否定されているような感覚になってしまいます。

このような状況が続いてしまうと、

「どんなところでもいいから就職したい」

「どんな給料でもいいから採用してほしい」

と条件をかなり低ランクにしてしまう傾向にあります。

しかし条件を下げて転職したとしても、結局はその条件に満足行かず、また転職したいという気持ちが強くなってしまうのです。

これでは本末転倒ですよね。

もちろん条件面が高すぎて転職が決まらないということであれば、先ほどお伝えした「自分自身の市場価値」についてもう一度考え直さなくてはなりません。

しかしそうでないとしたら、そのままの条件を貫く覚悟も必要だということなのです。

40代が転職に失敗しないための「アピール術」

40代で転職を成功させている人は、企業が求めているものをしっかりと把握しており、その部分をきちんとアピールできています。

逆に失敗する人の傾向は、単純に条件面をアピールしようとする傾向にあります。

企業にどのように貢献できるのかアピールする

40代を採用する企業側からすれば、今まで経験してきたスキルを自社でどのように活かしてくれるのか聞きたいわけです。

つまり履歴書などの書類でも面接でも、起業目線でアピールできる人が成功できると考えられます。

確かにあなたの転職の目的は、「収入アップ」かもしれません。

しかし起業目線でいいますと、あなたのスキルを活かしたいと考えているわけですから、支払う給料よりも得たいものがあるのです。

前職の批判は絶対にせず感謝の気持ちを忘れない

採用面接の際に必ずいるのが、「前職の批判をする人」。このような人は企業にとって、信頼のおける人であるといえません。間違いなく採用されることはありません。

確かに転職に至った理由はあなたの責任ではないのかもしれません。経営者や上司との考え方が合わずに、退職に至ったのかもしれません。

そもそも企業の理念は経営者のものですから、あなたの意見が仮に正しいとしても批判するのは適切であるとはいえません。

採用面接している人事担当者も、「また同じように批判するのだろう」と考えずにはいられないのです。

アピールしたいのであれば、経験させてもらって成長することができたという気持ちは持っておくべきです。その中から湧き出た気持ちであれば、受け入れられる可能性もあるでしょう。

面接先の企業には興味を持って情報をしっかりと得ておく

面接先の会社をなぜ志望したのか、意外にこの問いに明確に答えられない人が少なくありません。そもそも本当にその会社に採用されたいと思っているのか、まったく見えないのです。

「興味を持ちました」

「自分が活かさせるフィールドだと感じました」

「頑張ります」

という誰もが当てはまる答えをアピールしても面接している人事担当者の心には刺さりません。

この答えで採用されるのは、20代だけであると考えておいてください。

なぜあなたはこの企業で働きたいのか、その企業でなければならない理由はなんでしょうか。しっかりとその企業について調べてみて、心から感じたことを伝えるようにしてください。

40代が転職を成功させるための「行動術」

40代で転職を成功させている人とそうでない人を比べた場合、圧倒的に行動力に差があるといえます。

行動というのは書類をどんどん送付し、手当たりしだい面接を受けることではありません。適切な準備が必要だということなのです。

自分自身の強みを明確にする

転職をステップアップと捉えているのであれば、自分自身の棚卸を行い、強みが何か明確にしておく必要があります。

強みを知っておけば、どんな企業に対しても、その強みをぶれずにアピールすることができるからです。

何も考えずに前職と同じ転職先を希望したり、単純に働きやすそうだ、給料がいいという理由だけで求人に応募する人がいます。

そういう人を企業は採用しにくいのです。また転職されてしまうと考えてしまうからです。

強みをアピールする人は、その企業でどのように活かすべきかを考えている人です。企業にとっては即戦力を期待することができるでしょう。

転職を決意したときから計画的に行動する

転職を決意すればまず退職のことを考えるよりも、いつどのように転職するのかしっかりと計画することが必要です。

失敗する人の多くに、まず退職を考える傾向にあります。

確かに早く辞めたいという理由があるのかもしれません。しかしどうせ退職するのであればうまく活用して、次の転職に活かしていくことが得策であるといえます。

明確に次にやりたいことが決まっているのであれば、しっかりと情報を収集して転職が可能なのか、条件はどのようなものなのか把握したうえで退職準備に入りましょう。

ただ単に辞めたいという気持ちだけで退職するのは、分からなくはないですが、かなり無謀な行為です。

転職エージェントに登録しコンサルタントと共に進める

幅広い情報を得るには、転職エージェントに登録しコンサルタントから転職状況を確認することが一番いい方法でしょう。

コンサルタントはその業界や地域の状況について知りつくしていますし、40代に特化した転職エージェントであれば市場がどのようなものなのか完全に把握しています。

あなたからの相談によって、おおむねどのような業界でどのくらいの条件で採用が可能なのか推測がつくものです。

特にあなたのスキルが高いものである場合や魅力ある人物だと感じた場合であれば、コンサルタントも企業に対して強くプッシュするでしょう。

転職エージェントはどこも無料で活用できるために、特色によっていくつか登録しておくといいでしょう。

まとめ~40代の転職でおすすめのエージェントは?

40代からの転職で成功するためには、うまく転職エージェントを活用することをおすすめします。

40代の転職でおすすめする転職エージェントは、こちらで詳しくお伝えしています。

40代からの転職に失敗する3つのポイントにあなたは当てはまっていないでしょうか。成功するための3つの戦術をお伝えしましたが、しっかりと把握してうまく転職活動に活かしてみてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 40代で転職しても必ず苦労する6つのポイントとは?転職後に後悔しないために

  • 40代~50代転職の相当厳しい現実~成功するためにやることはコレしかない!

  • 難しい40代転職を乗り切るために~転職活動で感じる厳しい仕打ちとは

  • 40代ホンネで語った4つの転職理由~面接で成功する3つのポイントとは

  • 40代だからって転職が成功しないワケがない!成功率を高める具体的な方法とは

  • 40代転職で本当に活かせる資格はコレ!転職に資格を活かす具体的な方法とは