1. 転職マニア
  2. 企業
  3. 味の素に転職するためには?特徴と転職成功ポイント

味の素に転職するためには?特徴と転職成功ポイント

企業   1,076 Views
味の素に転職するためには?

味の素は、業界トップの大手食品メーカーでうま味調味料「味の素」など数多くのヒット商品を展開しており、広く知れ渡っています。

味の素の特徴をつかみ、転職成功ポイントをおさえれば、味の素に転職できる可能性は高くなります。

味の素転職成功へのポイントをご紹介しますのでぜひご参考にしてください。

味の素の企業情報

味の素の企業情報は以下の通りです。

商号 味の素株式会社
本社所在地 〒104-8315 東京都中央区京橋一丁目15番1号
電話番号 03-5250-8111(代)
ホームページアドレス https://www.ajinomoto.com/
創業年月日 1909年5月20日
設立年月日 1925年12月17日
資本金 79,863百万円 (2017年3月31日現在)
従業員数 単体3,459名 連結32,734名 (2017年3月31日現在)
決算期 3月31日

うま味調味料「味の素」がそのまま商号になっていてインパクトがあります。連結従業員数は32,734名にもなるとは、規模が大きいです。

味の素の職種・業務内容

現在(2018年4月6日時点)では、キャリア採用は応募しておりませんが、

  • 事務系
  • 技術系

のふたつが職種としてはあります。

事務系・技術系ともに、幅広い事業領域で、研究、開発、営業、間接部門などのさまざまな仕事を通じて、活躍できるフィールドが広がっています。

味の素の社風

「おいしく食べて健康づくり」という企業理念をもっています。そんな味の素の社風は日本的で穏やかです。優しい人が多く、良い意味で日本的な社風であると言われています。

また、非常に優しい人が多い穏やかな社風であるため、味の素という会社が好きな社員が多い社風であるとも言われています。社員同士がコミュニケーションをとりやすく、仲良くなりやすい、風通しの良い風土といえるでしょう。

味の素の社員の平均年齢は、42.2歳 (2015年時点)となっています。一般企業の社員の平均年齢は30代半ばとなっていますから、高いと言えるでしょう。平均年齢が高いのは、社員が長く働いている場合に表れる傾向なので、味の素は長期に渡って働ける環境だということが伺えます。

それでは、平均勤続年数と離職率をみていきましょう。 味の素の平均勤続年数は18.7年(2015年時点)となっています。一般的な勤続年数は10年弱なので、比較的長いといえるでしょう。離職率は、2011年のデータと少し古くはなりますが1.1%と、かなり低いです。大手企業ではありますが、社員が過ごしやすい環境が整っていると言えるでしょう。

味の素は、日本的で穏やかな社風です。また、社員の平均年齢は高く、勤続年数も比較的長く、離職率も低いという状況になっています。

味の素の年収相場

有価証券報告書調べによると、味の素の平均年収は「930万円」でした。年度別の年収をみてみましょう。

年度 平均年収
平成28年 952万円
平成27年 951万円
平成26年 909万円
平成25年 906万円

ここ数年では、906万円~952万円となっています。非常に高い水準です。味の素は平均年収の高い会社と言って良いでしょう。

それでは、各年齢を5歳刻みで区別し、年齢による年収や月額給与、ボーナスを算出してみましょう。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 301.2万円~331.2万円 20.7万円 82.8万円
25~29歳 668.4万円~718.4万円 44.9万円 179.6万円
30~34歳 723.8万円~823.8万円 51.5万円 205.9万円
35~39歳 748.5万円~852.5万円 53.3万円 213.1万円
40~44歳 836.9万円~957.9万円 59.9万円 239.5万円
45~49歳 950.8万円~1,072.8万円 67.1万円 268.2万円
50~54歳 1,039.5万円~1,149.5万円 71.8万円 287.4万円
55~59歳 1,029.9万円~1,139.9万円 71.2万円 285.0万円
60~65歳 675.9万円~1,139.9万円 48.5万円 194.0万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。

ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出しています。年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。25~29歳で急激に月額給与が上昇しています。

最後に、総合職、技術職、一般職の年収、月額給与、ボーナスをみていきましょう。

職種 年収 月額給与 ボーナス
総合職 1,241.1万円~1,341.1万円 86.3万円 355.7万円
技術職 838.7万円~938.7万円 60.4万円 249.0万円
一般職 857.9万円~957.9万円 61.7万円 254.1万円

総合職・技術職・一般職の年収は、国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から予測した結果になっております。 あくまでも予測のひとつの参考としてご覧ください。

味の素の評判・口コミ

コンプライアンスを重視する意識が強く、自由な発想で取り組むというよりもルールや規範の下で取り組むという文化があるように感じます。仕事に関する意識や士気については、本社や海外は高いですが、仕事量が多くて疲弊気味のように感じます。支社のほうが伸び伸びしていますが、仕事に対する意識や士気は社員間でばらつきがあります。

毎月の給与は、食品業界の中では高い水準にありますが、業績連動の賞与が非常に多いのが特徴です。また、営業部門では日当と営業車両管理手当が外勤日につきます。年収に表れない収入が多いのも特徴です。残業代もPCのログイン/ログアウトで管理しており、会社としてもサービス残業の撲滅を指しているため、残業代の申請をためらうこともありません。ただし、残業時間が多いと上司面接が実施されてしまうので要注意です。

社宅制度は完備しており、充実している印象を持っています。転勤が伴うと社宅が煩わしく感じることもあると聞きます。また、健康増進のためのフィットネスに対する補助制度や宿泊施設優待制度もあります。

福利厚生は非常にしっかりしていて、会社の友達同士で軽井沢の寮に泊まったときはとても楽しかったです。中軽井沢の商店街のすぐそばで、立地にも恵まれ、別荘感覚で素晴らしかったです。他にも、日光などにも行きましたが、どこも良い施設でした。リフレッシュできて良かったです。

工場勤務で働いているのですが、老若男女各階層で経理や会社システム、専門分野の教育制度があり、eラーニング、外部通信講座を業務都合に配慮して選ぶことができます。専門分野では、グループ全体でスキルアップを図っています。自分の努力次第でスキルアップを果たすことができる環境が整っています。研修体制は整っていて、良いと思います。

目標を持つように常に研修がありますが、自分で勉強して頑張っても、給与が上がるわけではありません。したがって、熱心に取り込むモチベーションが人によっては持ちにくいかもしれないと考えます。実際にどうせ頑張っても給与が上がるわけじゃないし、と言っている同僚もいました。ここは改善点かと思います。

味の素のやりがい

味の素は、人間関係が良好であることがやりがいに繋がっているようです。味の素の製品を好んで扱ってくれる顧客が多く、感謝されることが多いので、そこにやりがいを感じることが多いようです。

私はカンボジアに旅行に行ったことがあるのですが、そこでも日本人であると分かると「アジノモト、アジノモト」と声をかけられました。世界に「味の素」は広まっているようです

技術職は研究開発でゼロから商品をつくることができる環境があることがやりがいとしてあげられます。大手の食品製造業なので、食品工場の機械設計もやりがいにあげられます。

味の素の面接内容

現在(2018年4月6日時点)では中途採用を行なっておりません。営業職は欠員が出たときに行なわれるようです。

面接では以下のようなことが質問されます。

  • 「味の素を今後どのような方向に向かわせるべきだと考えますか?」
  • 「味の素が成長するにはどうすればいいですか?」

少し珍しいですが、企業の今後について聞かれることがあるようです。IR情報には経営課題が書かれているので、それを参考に回答を事前に準備しておきましょう。アドリブでは答えにくいと思いますので、準備が重要です。

味の素に転職するためのポイント

味の素に転職するためには転職エージェントを上手く活用することが重要になります。転職エージェントを活用するメリットは3つあります。

  1. 非公開求人を紹介してもらえる
  2. 味の素に特化した対策ができる
  3. 年収の交渉を代わりにやってくれる

まず、非公開求人に関してですが、大手の転職エージェントは非公開求人の保有率が高いです。企業の採用ページや転職サイトをチェックして求人がない場合でも、転職エージェントは求人を保有していることも多いです。ただし、人選して求人を紹介していることもあります。転職エージェントにあらかじめ味の素を希望している旨を伝えておいた方が良いでしょう。

また、非公開求人は募集がかかるとすぐに殺到してしまうため、転職エージェントの担当者との連絡は日頃からスピード感をもって対応しておくことが大切です。遅くとも届いたメールにはその日中には返信しましょう。転職エージェントに良い印象を与えておくことも重要です。

次に、味の素に特化した対策ができることに関してですが、転職エージェントは今まで多くの転職希望者のサポートを行なってきているため、味の素ほどの企業であると、選考ポイントを熟知しています。

具体的には、味の素に過去に受かった人のデータ、想定される面接官の年齢やポジション、面接でされる質問や求められる回答など私たちが知ることができないデータを大手の転職エージェントは保有しています。転職エージェントを活用するとそういった情報も手に入れることができます。

最後に、年収の交渉を代わりにやってくれるということに関してですが、中途採用の場合、年収のふり幅がある状態で求人票が作成されています。キャリアや経験によりスタートの年収が決まるのですが、その交渉を転職エージェントが代わりに行なってくれます。

年収交渉の経験を持った転職エージェントのコンサルタントのため、上手く交渉してくれる可能性が高いです。このように年収交渉を自分で行なわなくて済むことがメリットと言えるでしょう。

転職エージェントの担当者と連絡を取り合うことになるのですが、万が一相性が合わないように感じたら、担当者を変えることも可能です。多くの転職エージェントの場合、ネット上で変更できるため、気を使うことはありません。転職を成功させるためには、担当者とうまく協働しなければいけません。

大手企業に活用すべき転職エージェント3選

大手企業への転職を成功させるために活用すべき転職エージェントを3つご紹介します。 DODAかリクルートエージェントのいずれかは必ず登録しましょう。両方登録しても良いかと思います。基本的に転職エージェントには2、3社ほど登録する方が多いです。転職エージェントによっても抱えている非公開情報が少し異なるためです。 JACリクルートメントは、管理職のポジションを狙う35歳以上の方におすすめします。JACリクルートメントは、薦めたい転職エージェントNo.1にもなっています。
  1. DODA
    DODA

    圧倒的な求人数がある。リクナビNEXTやマイナビ転職と比較しても求人の多さは、圧倒的。

    口コミ・評判はこちら 今すぐ無料登録する

  2. ビズリーチ
    ビズリーチ

    年収600万以上が対象

    口コミ・評判はこちら 今すぐ無料登録する

  3. JACリクルートメント
    JACリクルートメント

    エグゼクティブ、管理職、スペシャリストなど高年収ポジションに特化している。35歳以上が利用している。

    口コミ・評判はこちら 今すぐ無料登録する

まとめ

味の素の面接では

  • 「味の素を今後どのような方向に向かわせるべきだと考えますか?」
  • 「味の素が成長するにはどうすればいいですか?」

という会社の今後について聞かれることがあるということでした。IR情報を事前に読んでおく準備が必要になります。

そして、転職を成功させるために重要なポイントになるのが転職エージェントでした。転職エージェントからの連絡は日頃からスピード感をもって丁寧に対応しておきましょう。遅くともその日中には転職エージェントから届いたメールに返信しましょう。

この人になら、いち早く非公開求人情報を伝えたいと思ってもらえるような信頼関係性を築けていると好ましいです。気になることがあれば、転職エージェントに質問しておきましょう。転職エージェントが保有しているデータ量は私たちの想像以上です。活用しない手はないです。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

味の素に転職するためには?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 任天堂に転職するためには?特徴と転職成功ポイント

  • キーエンスに転職するためには?特徴と転職成功ポイント

  • 楽天に転職するためには?特徴と転職成功ポイント

  • サイボウズに転職するためには?特徴と転職成功ポイント

  • ソニーに転職するためには?特徴と転職成功ポイント

  • 資生堂に転職するためには?特徴と転職成功ポイント