1. 転職マニア
  2. 職種
  3. どんな方でもアパレル業界に転職する方法とは?正社員へのカギは転職サイトにある!

どんな方でもアパレル業界に転職する方法とは?正社員へのカギは転職サイトにある!

 2018/01/23 職種   1,382 Views

華やかなイメージのあるアパレル業界ですが、実際のところ業務内容や待遇はどのようになっているのでしょうか。

この記事ではアパレル業界の詳しい内部事情や、転職するために便利な転職サイトの利用法をご紹介します。

メンズアパレルの正社員になるには?

メンズアパレルの正社員になるためには、何をしたら良いのでしょうか。

まずはさまざまな立場からメンズアパレルの正社員になるために意識すべきポイントを解説します

メンズアパレルの正社員になりたい!

メンズアパレルの正社員でも、デザイナーやパタンナーなら実務経験が求められることがほとんどです。ただ販売なら、未経験でも採用されるケースがあります。

デザイナーやパタンナーなら専門卒、本社勤務の企画やMDなどなら大卒といった指定がある企業もあります。その点販売員は、学歴や経歴での条件は多くないというのが実状です。

ブランドのターゲットに近い年齢の販売員が採用されることが多いので、転職で販売員になりたいならブランド選びも大切になるでしょう。

未経験でもアパレル正社員になれる?

アパレル未経験の方が、正社員になれるのでしょうか?もちろんアパレル業界に身を置いたことがない方も、正社員として活躍できます。

ただ未経験の方は販売スタッフからスタートするケースが多くなります。アパレルで正社員になりたいと漠然と考えていると、希望の職種に気づけないかもしれません。

未経験でも将来的に店長やエリアマネージャーになりたいのか、本社勤務となりたいのかなどによって、働き方も違ってきます。

高卒からアパレル正社員になるには?

高卒でいきなりアパレルの正社員になるのは難しいかもしれませんね。アパレルはアルバイトから正社員、本社勤務という流れが明確なところが多いです。

そのため高卒の方がどうしてもアパレルの正社員になりたいなら、まずはアルバイトからスタートする方法もあります。経験を活かしやすい業種ですから、学歴をあまり気にする必要はないでしょう。

また、アパレルに関連して有利な資格や検定(販売士、パーソナルカラー検定、ファッションビジネス能力検定など)を積極的に勉強して、キャリアアップしていく手段にする方法もあります。

新卒でアパレル正社員になるには?

華やかで人気がありますが、大卒の方の場合は昇給やキャリアの構築が気になるところでしょう。販売でもアルバイトや派遣だけでなく、正社員として採用する企業も増えています。

また、本社勤務ならバイヤー、MD、営業企画、管理などの業務では大卒の方を採用する企業が多くなります。

ただ企業によっては最初に販売を経験し、その後本社へと配属になる流れとなっている場合があります。

大卒後販売を長く経験するのが気になるという方も多く、アパレル企業をあきらめてしまうかもしれません。

しかし、バイヤーやMDはやはり直接ショップに立つことで学べることは多く、その経験は無駄になるものではありません。

企業によっては割と短期間で店舗→本社勤務という流れができている場合もあります。

好きなブランドを取り扱う会社を選ぶケースが多いでしょうが、キャリアパスを描きやすいかを基準に会社選びをしてもよいかもしれません。

アパレル業界の学歴人口とは?

アパレルの正社員の学歴人口は、業種によって変わってくるようです。

アパレル販売職であれば、アルバイトから入る方が多く、大卒よりも高卒の人口比の方が多くなっています。

しかし、アパレルのデザイナーのような専門職の場合、専門学校や大卒でのスキルを要求されることが多く、高卒より上の学歴を持つ方が多いようです。

そして営業やバイヤーといったアパレル総合職であれば、大卒以上の学歴を求められるのがマストとなっています。

そのためアパレル業界は学歴によって挑戦できる職種が限られているのが現実と言えるでしょう。

アパレル正社員の待遇とは?

アパレル正社員になると、どのような待遇で働くこととなるのでしょうか。

アパレル正社員は大変って本当?

勤務時間の長さや、仕事の量はショップ店員なら大変といってよいかもしれません。

アパレルのショップでは、店舗の場所にもよりますが販売だけでなく商品陳列、ディスプレイ、商品管理や発注業務、

検品など無限に業務が続くといってもよいでしょう。さらに店長やエリアマネージャーになればマネジメントも求められ、さらにオールラウンドな業務が必要になります。あこがれだけでは済まない職業かもしれません。

アパレル正社員の給料はどれくらい?

アパレル業界はお給料が低いというイメージが強くもたれていますね。

好きなことを仕事にできるならお給料が低くてもよいという方もいますが、生活していくためにはいくらでも低くてよいともいえません。実際のところはどうなのでしょうか。

アパレル正社員の平均的な初任給は、17万円~20万円といわれています。高卒か大卒かによって1万円から3万円程度の差がついている会社も多いです。

ショップなどで勤務しているなら正社員でも年収は300万円から400万円程度が平均といわれています。ただ店員だけでなく、店長やエリアマネージャー、

さらに本社勤務として商品企画やバイヤーなどキャリアアップの道筋がつけやすいのもアパレル業界の特徴です。

アパレル正社員の福利厚生はどうなってる?

アパレル業界ではほとんどのブランドで従業員割引の制度が実施されています。

自社ブランドの製品を安い値段で購入できるようになるため、ブランドとオシャレが好きな方嬉しい制度となっています。

また私服勤務OKの企業が多く、その私服代を支給してくれる企業も存在しています。

企業としてはオシャレな方が働いていることがユーザーに伝われば、その宣伝効果で売上が伸びると考えているため、従業員がオシャレできるようにコストをかけているのです。

さらにアパレル業界は女性が多い関係で、産休や育休が取りやすい企業が多いです。結婚や育児を控えているという方が目指してみるのも良いでしょう。

アパレル業界でおススメの転職サイトや転職エージェントは?

・クリーデンス
ファッション・アパレル業界の求人、転職向けの案件を取り扱っています。パーソルキャリアが運営しているサイトです。求人の情報だけでなく、転職に役立つ情報も豊富です。クリーデンスは転職支援サービスを利用して、案件に応募するシステムです。また自分で直接応募できる求人案件も取り扱っています。

・ショップスナビ
アパレルやファッションの求人サイトです。エリアや働き方、ブランド、ショッピングビル、職種などから求人を検索できます。

・ファッショーネ
アパレルの求人、転職サイトです。エリアが東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の案件を扱っています。関東圏でファッションやアパレルの仕事に就きたい方ならぜひ求人を探してみましょう。また転職支援も行っており、専任コンサルタントのサポートを受けて転職活動を行うこともできます。

転職サイトを利用するメリットデメリット

転職サイトは便利なメリットがある反面、利用するデメリットもあります。

ここでは、転職サイトを利用するメリットデメリットと転職サイトを利用するのに向いている方向いていない方をご紹介します。

転職サイトを利用するメリット

転職サイトは基本的に無料で登録でき、登録すると転職エージェントが担当について支援を行ってくれます。

転職に慣れていなくても履歴書の書き方や面接の受け方、採用率の上げ方などをサポートしてくれるため、転職に慣れていなくても、スムーズに転職活動を進められます。

また転職者の理想に近い求人を紹介してくれるため、転職後にすぐに辞めたくなるといった事態も防ぐことが可能です。

転職サイトは業種専門のものあり、先ほど紹介した転職サイトのようにアパレル業界専門の転職サイトを利用すれば、よりスムーズに転職を成功させられます。

転職サイトを利用するデメリット

そんな便利な転職サイトにもデメリットがあります。

人によってデメリットになるのが、転職エージェントと関わりを持たなくてはいけない点です。

転職サイトのサポートを受ける=転職エージェントと連携していくということなので、自分1人のやり方で転職活動できないのはデメリットと言えます。

また転職エージェントとの連携は良くても、全ての転職エージェントが転職者と合っているとは限りません。

転職エージェントとの反りが合わなくて転職に失敗したという方も居るので、必ずしも転職エージェントのサポートが質の良いものになるとは言えない点もデメリットとなっています。

転職サイトを利用するのが向いてる方向いてない方

アパレル業界を目指してはいるものの、具体的にどんな求人が合っているのか分からない、転職するのに何をしていいか分からないという方は転職サイトを利用するのがおすすめです。

逆に転職する企業が決まっているという方の場合、転職エージェントが介入することで転職活動が遅くなる可能性があるため、転職サイトを利用しない方が良いでしょう。

また自分のペースで転職活動を進めていきたいという方、連絡を取るのが億劫という方も転職サイトが向いているとは言えません。

転職エージェントとしっかりコミュニケーションをとって転職活動を進められる自信がある方に転職サイトは向いているので、転職サイトを利用する際は積極的に転職エージェントとコミュニケーションをとっていくようにしてください。

転職サイトを上手に利用する方法

転職サイトはただ転職エージェントに身を任せるだけでは、上手な使い方とは言えません。

転職サイトを上手に利用するためには、以下のポイントを心掛けることが肝要となります。

理想を高く持ちすぎない

転職サイトではまず最初にカウンセリングを行い、そこで得た情報をもとに転職者に最適な求人を紹介します。

しかし、理想が高すぎると求人の幅が狭まってしまい、結果的に転職が成功させづらくなるので注意してください。

特にアパレル業界と求人を限定していると、選択肢がかなり絞られてしまいます。

それなりのスキルや実績を持っていて自信があるのなら良いのですが、そうでないのならある程度条件には妥協を持つようにしましょう。

自分でやれることはちゃんとやっておく

転職エージェントは転職者を支援してくれる便利な存在ですが、だからといって頼りきりにするのはあまり良くありません。

転職エージェントも1人を担当しているわけではなく、多くの転職者のサポートを並行しています。

その中で自分でやれることをやって、転職エージェントの負担を軽減してくれる転職者の方が自分の仕事を早く終わらせられる可能性が高くなるため、積極的にサポートしたいと思う傾向にあるのです。

つまり自分から積極的に転職活動を進めていけば、それだけスムーズに転職活動を進められる確率も高くなります。

ですので、転職サイトという便利なサイトを利用しているからといって、自分から動かないということはしないようにしてください。

エージェントへのレスポンスは迅速に

転職エージェントと連携することでより迅速に転職活動を成功させることができるのですが、そのためには転職エージェントからの連絡には素早くレスポンスすることが大切です。

転職エージェントから連絡が来るということは、すぐにレスポンスを行えば転職エージェントからのレスポンスがすぐに来る可能性が高くなります。

連絡での打ちあわせが遅くなれば、その間に生じた時間でできることは限られてしまいますし、転職に慣れていなければ、何をしたら良いのか分からなくて無駄な時間を過ごしてしまうことになります。

レスポンスを迅速に行うことで無駄な時間を省くことができ、転職活動の期間が短くなることで転職者にもエージェントにもメリットが生じるのです。

ですので、エージェントから来た連絡にはできるだけ素早くレスポンスを行い、エージェントからのサポートや連携を上手に行うことを、転職サイトを利用する際は意識しましょう。

まとめ

アパレル業界は業種によって未経験でも高卒でも入ることができる業界です。

専門職や総合職にまでなるとそれなりの学歴が必要となりますが、販売職からより良い待遇を目指すのであれば、高卒でも十分転職は可能となっています。

またアパレル業界は業務が大変ではありますが、給料はそれなりに貰えるうえ、オシャレ好きな方向けた制度や、産休や育休が取りやすい女性にとって嬉しい福利厚生が充実している企業が多いです。

そんなアパレル業界にスムーズに転職するなら、転職サイトを利用するのがおすすめです。

人によって向き不向きがありますが、基本的にはメリットが大きく、よほどの理由が無ければ転職サイトを利用した方が、自分の理想に転職できる確率が高くなります。

ぜひ転職サイトを利用してアパレル業過への転職に挑戦し、自分の理想の世界への転職を目指しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 目指したい営業職を見つけるには?好きな業界の営業職に転職するための方法