1. 転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術
  2. 転職エージェント
  3. ビズリーチの評判を徹底調査!ビズリーチで転職した方の口コミ

ビズリーチの評判を徹底調査!ビズリーチで転職した方の口コミ

 2018/01/21 転職エージェント   696 Views
ビズリーチの口コミ評判とは?

ビズリーチは即戦力人材、エグゼクティブ向け、会員制と、他の転職エージェントとは大きく異なる特色を打ち出しています。利用者の評判はどうなのでしょうか?大手転職エージェントも無料で利用できる中、ビズリーチはすべての機能を活用するためには会費を払うシステムです。有料会員になることで得られるメリットは、その金額に見合ったものなのかどうかも検討したいところでしょう。

ビズリーチは他のエージェントと違う特色を持っているだけに、上手に使う必要があります。希望を叶える転職のためのビズリーチ活用方法や、他エージェントとの併用もご紹介します。

ビズリーチのメリット

  1. ハイクラス(高年収)、即戦力人材に適した年収1,000万円クラスの求人が豊富
  2. 無料サービスと有料サービスは使い分けられる
  3. 自分の市場価値を判断した上、希望条件に適ったヘッドハンティングを待てる

ビズリーチのデメリット

  1. 中長期的な転職に向いているため、今すぐ決めたい方には向かない
  2. 独自求人があまり多くない

ビズリーチとはどんな転職エージェント?

ビズリーチは、管理職やグローバル人材が中心の転職サービスです。リクナビやDODAのような、広範囲の求人かつ転職者の年代も幅広いエージェントとは異なると考えてよいでしょう。絞られたターゲットのため、他エージェントとの差別化が図られている状態です。

年収750万円以上ならビズリーチの利用はおすすめ

エグゼクティブ限定と書かれていますが、実際には登録に年収の規定はありません。登録時に現在の年収を選択しますが、500万円未満も選択肢として設定してあります。とはいっても掲載中の求人では500万円未満のものはほとんどないといってよいでしょう。

また現在の年収750万円以上の会員はハイクラス会員として分類され、応募可能な求人が変わってくるというのが実状です。しかし750万円未満の方が登録するとタレント会員となり、スカウトは当然来ます。年収は気にせず登録できる、しかし750万円以上ならより大きくメリットを享受できるといったところでしょう。

ビズリーチの有料会員とは?

ビズリーチの有料会員になることで、豊富な非公開求人や求人の閲覧・応募、スカウトの閲覧・返信などの機能を活用できます。無料会員ではサイト内の公開求人の閲覧など一部の機能を利用可能です。

ビズリーチの有料会員には2種類あり、タレント会員とハイクラス会員があります。タレント会員は30日間で2,980円、ハイクラス会員は4,980円となります。会員のクラスを分ける際に審査があり、登録した情報をもとにタレントまたはハイクラスに振り分けられます。自分でクラスを決めることはできません。公式サイトには記載されていませんが、年収750万円以上の方がハイクラス会員となるケースが多いようです。

ビズリーチで海外転職はできる?

ビズリーチでは海外勤務や海外事業の求人も取り扱っています。アジア圏だけでなく北米、ヨーロッパなど募集地域は広範囲です。駐在員採用、現地採用の2つの形態を掲載しています。また給料も国内企業と同様にやはりハイクラスな求人が多いです。海外求人は時期的なものもあり、数多くの求人が常に出回っているというわけではありません。ただ更新頻度は低くありませんので、こまめにチェックすることをおすすめします。

ビズリーチのプラチナスカウトとは?

ビズリーチでは、企業やヘッドハンターからのスカウトによって転職活動を進めていくことになります。スカウトは普通スカウトと、プラチナスカウトがあります。プラチナスカウトは、面談は面接が確約された特別なスカウトと言ってよいでしょう。普通のスカウトの詳細は有料会員しか確認できません。しかしプラチナスカウトは、無料会員の方も閲覧や返信が可能です。自分に高い関心を持たれているスカウトですから、上手にプラチナスカウトを活用しましょう。

ビズリーチの退会方法は?

退会ページから退会手続きを行います。退会してしまうと、もちろんログインできなくなり、登録している職務経歴書や以前のスカウトメッセージがすべて削除されてしまいます。無料会員ならコストも気にする必要がないので、退会せずにサービスの停止をしたほうがよいでしょう。メールマガジン配信の停止や職務経歴書を非公開にしておき、また転職活動をしたくなったときに再開することもできます。

ビズリーチの評判を徹底調査!ビズリーチで転職した方の口コミ

30代男性・外資系ネットサービス統括マネジャー・年収900万円台

「噂通りのハイクラス求人でした。年収1,000万円以上の求人もたやすく見つかるため、転職活動のモチベーションも保ちやすいです。ただハイクラスかつ即戦力の求人だと、マネジメント経験や英語力などが求められる傾向はあります。とはいっても自分の場合は転職活動時のTOEICは600点台と、売りにはできなかったです。マネジメント経験もぎりぎり2年程度なので、これもそれほど長所として売り込めません。そんな状態でもスカウトはどんどん頂きましたし、前職の経験を大きく買ってもらったヘッドハンティングもありました。」

40代男性・商品開発/プロダクトマネジャー・年収1,000万円台

「正直なところ最初はスカウトやメールをわずらわしく感じていました。緊急に転職したいわけではなかったので、登録をやめようかとも思ったほどです。しかし、時間があるときにスカウトを確認するようになり、自分の市場価値がクリアになっていきました。年収の目標値も高望みではないと自信を持てたのです。ヘッドハンターとの面談でこれまでのキャリアと、今後の道筋がはっきりと見えました。無料エージェントもある中、有料のサービスはお金の無駄かも…と考えていましたが、納得できる転職活動には必要な投資だったと思います。」

50代男性・事業企画/事業統括 部長・年収900万円台

「このまま同じ会社で働き続けるのかと思っていたところに、異動が内示されました。年齢的なものもあり、転職は避けたかったのですがやむなくビズリーチに登録しました。不安いっぱいで登録したのですが、最初に面談したヘッドハンターがキャリアを優先してくれるタイプでした。年収ダウンでもかまわないとまで思っていたのに、その面談で転職活動の在り方がわかったのです。無名の会社のヘッドハンターなので、とにかく結果を出すような紹介しか受けられないかもしれないと疑っていたことを謝りたいほどです。高い信頼関係を結ぶことができ、最終的に年収アップ、納得の転職先でした。」

40代男性・コンサルタント(エネルギー・インフラ産業/環境)・年収800万円台

「戦略コンサルタントです。電力、石油、重電メーカー・エンジニアリング、物流などのインフラ産業での事業戦略の立案や実行支援コンサルが主な業務です。キャリアの転換を図っていた時にビズリーチに登録しました。もともとは物流の経営企画を行っていたので、マッチする内容でした。コンサルとして転職するつもりはなかったのですが、ビズリーチからのスカウトで戦略コンサルのものを複数頂き、そのうちの一社に決めました。ただ有料サービスはあまり活用できませんでした。有料会員になってからも、特に求人の質が上がったとは感じなかったです。自分が思っているハイクラス求人に出会える確率は、有料だから高まるというわけではなさそうです。プラチナスカウトを待って、無料でうまく使ったほうがよかったかもしれません」

こんな方がビズリーチの転職サイトを利用するべき!

年収750万円以上のハイクラス層の方

ターゲットを絞った求人が掲載されているため、その層に入る方は断然登録しておくべきでしょう。スキルや経歴をベースに、自分の希望を打ち出しスカウトを受けられる理想的なエージェントです。ただ750万円未満の年収の方が全くスカウトされないというわけではありません。スキルや経歴などで、ヘッドハンターとコネクションをつける方法として利用することもできます。

自分の市場価値を知りたい

スカウトという形態をとっているため、自分が転職市場でどんな価値があるのかを客観的に判断できます。また全く別の業種や職種からのスカウトを受けることで、自分のキャリアを見つめなおすきっかけとなった方も少なくありません。

優秀なヘッドハンター(エージェント)を選びたい

ビズリーチでは企業からだけでなく、ヘッドハンターからもスカウトが入り面談となることがあります。ヘッドハンターの実績や評判が公開されているため、比較して優秀なヘッドハンターを選ぶこともできます。ヘッドハンターは、外部エージェントのキャリアコンサルタントであるケースが多いので、利益優先ではないヘッドハンターと転職活動することが大切でしょう。

ビズリーチと併用するならJACリクルートメントとキャリアカーバー

年収アップを狙う転職なら、ビズリーチとJACリクルートメントやキャリアカーバーを併用してみましょう。JACリクルートメントやキャリアカーバーも、ミドル~ハイクラス層に特化しています。管理職、スペシャリスト、エグゼクティブとターゲットとしてはビズリーチと違いがありません。JACリクルートメントやキャリアカーバーは、無料登録でサポートを受けられます。

ただし、JACリクルートメントはハイクラス層が対象だけに、登録者の評価が合理的という評判があります。つまり市場価値が低い(内定を取るのが難しい)と判断された登録者には、案件の紹介が少ない、応募まで結びつくケースが少ないと考えられます。ハイクラス求人が市場にあふれるほど、というわけではない限り、エージェントは併用したほうがよさそうです。

まとめ

ビズリーチの評判は、ミドルからハイクラス層の転職者にとって、納得できる案件の紹介を受けられるエージェントというものが多いです。しかし、有料サービスがあること、自動的に課金されていくシステムなど、利用に注意も必要でしょう。まさに費用対効果を考えておくべきエージェントです。

さらにヘッドハンターは必ずしもビズリーチ所属というわけではありません。無名エージェントのヘッドハンター(コンサルタント)が優秀ではないとはいえません。しかし中には内定優先、自社の利益優先のみというエージェントも含まれている可能性があります。

スカウトを受けられるので、自分の市場価値は確かめられます。しかし単にヘッドハンターが優秀な人材を囲い込んでおくために、スカウト後面談しているというケースも見受けられます。ビズリーチを利用する際は、良いエージェントと高い信頼関係を築くことを意識しておく必要があるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の注目記事を受け取ろう

ビズリーチの口コミ評判とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ハタラクティブの評判は?悪い口コミと良い口コミから分かること

  • Spring転職エージェントの評判は?

  • DODAエンジニアITの口コミや評判

  • type転職エージェントで転職した口コミ評判

  • カイゴナビ派遣の口コミや評判

  • Forkwell Scoutの口コミや評判