1. TOP
  2. 転職エージェント
  3. レバテックキャリアの評判を徹底分析

レバテックキャリアの評判を徹底分析

 2018/04/20 転職エージェント   410 Views
レバテックキャリアの口コミ評判とは?

IT・Webに特化した転職先を探しているなら、レバテックキャリアに登録してはいかがでしょうか。レバテックキャリアは、エンジニア、クリエイターの方向けのエージェントです。

転職エージェントは、総合タイプ、分野特化型タイプにわかれます。総合タイプは幅広い求人案件を扱っており、職種や業種、企業を特に限定していません。分野特化タイプは、業界や業種が限定されています。

もちろんエージェントは、取り扱っている求人の種類だけでなく、評判も併せて選びましょう。総合タイプの転職エージェントでも、ITやWebの求人を扱っていないわけではありません。しかし、やはり特化したタイプのエージェントのほうが、希望に近い求人が見つかりやすいといえます。

転職エージェントは、1社に絞る必要はないのですが、あまりに多すぎてもコンサルティングや面談などの調整が難しくなります。そのため、総合タイプエージェントから1~2社、分野特化エージェントから1~2社程度までに登録することをおすすめします。

レバテックキャリアの評判は、ITに関する知識が豊富なカウンセラーが揃っていることが第一にあがっています。クリエイター、エンジニアの方ならレバテックとDODAやリクルートエージェントなどの大手エージェントの併用を検討してみてはいかがでしょうか。

レバテックキャリアの公式サイトはこちら

レバテックキャリアのメリット

  1. IT特化エージェントならではの求人数の豊富さ
  2. エンジニアとクリエイターのための独自のフォローアップ体制
  3. 内定率が上がる職務経歴書や模擬面接などの企業別対策あり

レバテックキャリアのデメリット

  1. 求人エリアが関東圏、関西圏などに限定されている
  2. カウンセラーが話しやすい反面、フランクすぎる部分が気になる

こんな方がレバテックキャリアを利用するべき!

ITやWeb業界での転職を計画している方

大手エージェントでは、案件数が多くてもIT系は希望に沿った求人が見つからないことが多いです。また、アドバイザーやキャリアカウンセラーも、ITに詳しくないケースも想定できます。そのため、適切なサポートを受けられないこともあります。その点レバテックキャリアは、エンジニアとクリエイターに特化しているので案件の質だけでなく、サポート面でも安心して任せられます。

関東・関西・九州圏の方

扱っているエリアが関東、関西、九州が中心です。支店があるのもこの地域となっています。その他の地域での求人がないわけではありませんが、案件数としては充実していません。案件数が多い地域での転職を考えているなら、おすすめできるエージェントといえるでしょう。

転職先の雰囲気を知って面接などを進めたい方

レバテックキャリアでは実際に企業へ出向いて、プロジェクトマネージャーなどの方からのヒアリングを行っています。仕事内容だけでなく、社内の雰囲気なども事前に情報として得ることが可能です。面接などの対策だけでなく、入社後までイメージして転職先を決められますね。

レバテックキャリアの評判は?口コミで確かめよう

20代男性・アプリケーションエンジニア・年収400万円台
「一つの案件をきっかけに、AIやPythonを使って仕事をしたいと実感しました。これまで経験していた仕事とは異なる開発の内容なので、別のエージェントでは適した案件の紹介を受けることができなかったのです。

そのため、レバテックキャリアに登録しました。案件の紹介が的確だっただけでなく、入社できた後のステップアップについてもアドバイスがあり、とっても頼りになりました。」

30代男性・エンジニア・年収520万円→540万円
「前に勤務していた会社の仕事内容は、エンジニアとしては確かに充実していました。しかし、顧客対応やプロジェクト内容の頻繁な変化に負担を感じることもあったのです。できれば組織体制がしっかりとしている企業で、エンジニアとしての仕事に集中したいという気持ちが大きくなり、レバテックキャリアで相談しました。

仕事内容だけでなく、企業の詳細もきちんとカウンセラーの方が教えてくれるエージェントです。希望の職種の紹介というだけでなく、キャリアの描き方、また実際に仕事をする上で必要な事項などについてピンポイントでカウンセリングがあります。転職前に企業の内情などをできるだけ詳しく知っておきたいなら、最適なエージェントだと思います。」

20代男性・エンジニア・年収500万円台
「以前に登録していた転職エージェントでは、まず応募してみようかと思える案件になかなか出会えませんでした。やっと紹介されても、本当にこの担当者は仕事のことわかっているのかなと不安を感じて、応募しても大丈夫なんだろうかと思ってしまったのです。

レバテックキャリアは、友達が登録していたのとITに特化しているので選びました。一度の面談で、カウンセラーのレベルの高さを実感できたのです。専門用語をどんどん出しても、きちんと対応できるのでとても信用できる担当者でしたね。もちろん新しい情報や技術にも詳しくて、勉強しているんだな、と相談しやすくなりました。具体的な仕事を想定したカウンセリングは、ここならではですね。」

第二新卒でレバテックキャリアに登録しても大丈夫?

レバテックキャリアの求人では、具体的な開発経験などを先に応募者の必須条件として記載してあることがあります。そのため、第二新卒ならレバテックキャリアに登録できないのでは?登録できても案件が紹介されないのでは?と気になりますね。常に人材が求められているIT業界では、即戦力となるかという点が重要になります。

レバテックキャリアでは、独学で知識を取得している方、現在スクールで勉強中の方、フリーランスとして仕事を受けている方などもサポートを利用することができます。大切なのは技術のレベルやどんなことを習得しているのかという点でしょう。未経験や第二新卒の方であっても、スキルがある方なら案件の紹介を受けられる可能性はもちろんあります。

40代でレバテックキャリアに登録しても大丈夫?

一般的に難しいと考えられる40代の転職も、経験やスキルなどのマッチングや、分野の適性などによってレバテックキャリアはバックアップ可能です。

40代の方のための、転職個別相談会も行っています。平日なら21時まで、土曜日も10時から16時まで相談会は開催されています。

ただし、相談会は求人案件を紹介できる方から優先となっています。そのため、すぐには相談できないこともあります。

とはいっても他のエージェントでは、40代の転職では登録や相談の申し込みさえできない場合も想定できます。

説明会は、自分の市場価値を知ることができたり、不安を抱えていたりする方が対象です。東京、大阪、福岡いずれも開催されています。ネットから相談会を申し込みましょう。

レバテックキャリア利用の流れは?

レバテックキャリアに登録して転職活動しよう、と思った方はどのような流れで行うとよいのでしょうか?

1. Webで登録
まずはWebで登録しましょう。登録内容を担当者が確認し、3営業日以内にサポートに関する連絡を入れてくれます。また相談だけ申し込むこともできるので、転職をするべきかどうか迷っている段階でも登録することをおすすめします。

2. カウンセリング
カウンセリングはマンツーマンで行われます。担当者は技術面での知識や業界に詳しく、安心してサポートを受けられますよ。転職のビジョンが明確に決まっていない場合も、カウンセリングを利用できます。

3. 求人紹介
分野を特化したエージェントのため、求人数も豊富で案件自体を掘り下げて理解しています。そのため、単に求人がかかっている企業を紹介するのではなく、どんな方を企業が求めているのか、社風や企業の成長度などを具体的にアドバイスできるのです。

4. 応募・面接
企業に応募後、面接となります。応募書類作成でも、いかに採用担当者の目を引くかというアドバイスがなされます。IT転職は、他業種よりも書類や面接でのテクニックが求められるといわれています。売り手市場で常に募集がかかっている業界ではあるものの、自分の希望に沿って転職を進めたいなら、ぜひアドバイスを参考にしましょう。もちろん面接対策にも対応していますので、苦手な方はぜひ利用しましょう。面接でアピールし切れなかった方も、エージェントならではの強みとして後からしっかり採用担当者に伝えてくれます。

5. 内定・入社
内定が決まったら、現在の勤務先への退職でのサポートも行われます。また、入社してしまえばそこで完了というわけではなく、その後もヒアリングを行いサポートは継続していきます。

レバテックキャリアと併用したいエージェントは?

IT特化エージェント以外の大手エージェントなどでは、エンジニア経由でキャリアアドバイザーになっているケースは1割にも満たないといわれています。口コミなどでも、大手でのカウンセリングを受けて「本当にこのアドバイザーはスキルのことわかっている?」と不安になった方は少なくありません。

IT分野での転職をするなら、やはり専門のエージェントで詳しいアドバイザーを選択するべきでしょう。IT特化エージェント2社ほど選ぶことをおすすめします。

案件が重なっていることも多いので、2社に登録するのは無駄のように感じるかもしれません。しかし、もちろん1社だけに案件が出ていることもありますから、転職活動スタート時には双方を比較したほうがよいでしょう。その後エージェントの対応などによって、1社に絞ることもできますね。

IT特化のエージェントでは、ワークポート、ギークリーがあります。案件内容や、対応地域などによって選ぶとよいでしょう。

まとめ

IT系は求人案件が多いため、「転職したくなったらすぐに決まりそう。」と考えている方も多いかもしれません。しかし、仕事が豊富にあるからこそ自分のキャリアをどのように構築していくのか、何年か先まで見越したプランを立てるべきです。

レバテックキャリアでは、転職先の企業との密なミーティングによる詳細情報があるため、入社後の働き方まで想定して転職活動を進められます。地域は関東、関西、福岡が中心です。しかし、40代のための転職相談会や、スキル取得中の方などにもカウンセリングで対応しています。今すぐ転職しないかも、という方も登録だけしておくとよいでしょう。

ITに特化していないエージェントですが、エンジニアやクリエイターの方にもおすすめできるところとしては、案件数の多さからリクルートエージェントがあります。またサポートに定評があるマイナビエージェントも、転職活動を開始したばかりの方にはサポートを受けやすいでしょう。マイナビエージェントでは中小企業の求人もしっかりとフォローしていますので、大手以外も視野に入れている方にはおすすめです。

レバテックキャリアの公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の注目記事を受け取ろう

レバテックキャリアの口コミ評判とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ビズリーチの評判を徹底調査!ビズリーチで転職した方の口コミ

  • きらケア介護派遣の口コミや評判

  • JACリクルートメントで転職した口コミ評判

  • DODAの評判が悪いってホント?DODAで転職した口コミを調査

  • 【大手は強い】マイナビ保育士の口コミや評判

  • ハタラクティブの評判!20代ならハタラクティブが断然おすすめ