1. 転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術
  2. 退職
  3. 円満退職するにはどうすればいい?計画的に退職する具体的な手順とコツ

円満退職するにはどうすればいい?計画的に退職する具体的な手順とコツ

 2018/01/12 退職   610 Views

誰しも現在働いている会社に入社するにはそれなりに苦労してきています。簡単に入社できたという人は少ないでしょう。

まず自分は働きたいと思えるような会社に出会うまでには何回も求人案内に目を通した事でしょうし、求人案内で自分が働きたい会社に入ろうと思えば入社試験に合格しなければいけません。面接でも何を聞かれるか、なんて答えようかなどと悩みながら試験を受けた人も多いのではないでしょうか。

ところが、そんな苦労して入った会社に実際働いていて辞めることを選択した人もまた大勢います。

実際に辞めることを選択した人の理由については実に様々です。例えば仕事量がとても多くて時間内にとても終わることが出来ず、いわゆるサービス残業を毎日のようにおこなっていて、会社から帰ったら晩御飯を食べて寝るだけの毎日のため、プライベートな時間がほとんど取れないというような理由から今の会社を辞めるという人も居ますし、上司や同僚な荒廃など自分が働いているうえで関わっている人たちとの人間関係がなかなか円滑に進まない、またはどうしても苦手な人が居て憂鬱な気分で毎日会社に行くのが嫌なため、もっと気楽に働ける環境の仕事場を探したいために今の会社を辞めたいと考えている人も居ます。

また、自分がこなしている仕事量に対してもらえる給料があまりに安いため、もっと自分を評価してくれるような会社に就職したいと考えて会社を辞める選択をした人ももちろん数多く居るでしょう。仕事を辞める理由はどのほかにも色々とありますが、会社を辞めるという選択肢を選んだ人全員に共通することは現在働いている会社に何らかの不満があるためです。しかし、実際には会社を辞めたいと思っていてもなかなか行動に起こせず嫌な気持ちを抱えながらそのまま会社に通っている人がとても多いのが現在の日本です。

しかし、我慢できる程度ならまだ良いのですが、本当に体に悪影響が出るほどに出社するのが辛い会社に行くことが良い事だとはとても思えません。憂鬱な気分をずっと抱えたままで会社に行くと、ひどい場合はうつ病を発症する恐れがあります。うつ病は自分には無縁の病気だと考えている人も多いかもしれませんが、現在日本では10パーセント近くの人が一度はうつ病を経験したり現在発症したりしているため、他人事と思ってはいけません。

精神に異常をきたすような拒絶反応を起こしているような場所に本来は通う必要はありません。それでも通い続ける理由、それは会社を辞めるための具体的な手順について知っている人がほとんど居ないからです。

人間というのは変化を恐れる生き物です。現在の会社を辞めて転職をするという事はものすごくエネルギーを使う事ですし、色々と負担が襲い掛かってきます。しかし現状が耐えられないほど辛いのであれば自分の身を守るためにも勇気を出して自分にもっと合う会社を探し、そして自分の希望に合うような会社を見つけることが出来たら、現在勤務している会社に対して辞めるという意志をしっかり示した方が長い目で見れば大きなメリットがあります。

現在勤務している会社からスムーズに次の会社に移るためには必ず守って欲しいい手順がいくつかあります。会社を辞めて次の会社に移るときにトラブルに見舞われる人はとても多いのですが、トラブルに巻き込まれてしまう人はこのスムーズに次の会社に移るためのステップが上手く踏めていない人がとても多いです。自分勝手な退職活動をするとほぼ間違いなくトラブルに見舞われます。

現在の会社から次に移るために守っておいた方が良い手順や注意点などをしっかり理解して後悔しない、そして自分自身にとって確実にステップアップできるような退職をおこないましょう。

辞めたいと思いついたらまず「円満退社」をおすすめします

会社側は辞めたいという人を簡単にやめさせてくれると思っている人は多いかもしれません。辞めたいと考えているひとにそのまま働き続けてもらっても会社にとってはメリットはあまり無いのは客観的に考えれば誰でもわかることです。

ところが実際は会社側はできれば新しい人間は入れたくないというのが本音です。会社側も変化することは極力避けたいものです。今まで働いていた人が突然辞めることになると、抜けた人の穴埋めのために人事異動を考える必要がありますし、人事異動でどうにもならない場合はまた新しく人を補充しなければいけません、人を新しく補充すると色々と煩わしい手続きが必要です。

会社を辞めたいという人の中にはいきなり、何の前触れもなく上司に会社を辞めたいと告げる人が案外多いのです。しかし、この辞め方は正しい辞め方とは決して言えません。このような人たちに対して会社側、告げられた上司が取る行動はほとんど共通しています。

突然辞めたいと答えた人に向かって言葉巧みに丸め込んで退職をするという話を無かったことにしようとします。自分の部下が辞めるという事は上司にとっては自分自身の評価を下げるという事につながりますし、先ほど書いたように余計な仕事が増えるきっかけにもなります。そのため上司側からすれば何としても辞めるという人を踏みとどまらせようとあの手この手を尽くしてくるわけです。

ここで意地を張って辞めると言い続けていれば当然その上司とは険悪な関係になります。場合によっては喧嘩になり、翌日から出社しなくなるという事になる人も中には居ます。結果的には現在の仕事を止めることはできているものの、この辞め方は今後の事を考えれば最もやってはいけない辞め方です。

では、上司の言う通り、そのまま今の不満を抱えたまま現在の会社に居続ければよいのかというと、この選択肢も正しいとは言えません。上司はあくまでも自分の保身を考えて相手に会社を辞めることを踏みとどまらせているわけですから、積極的に相手の不満を解決するような行動をとることはほとんどありません。

結局現状が何も変わらないままで仕事をすることになりますから、不満はさらに溜まっていく上に、一度辞めるという話をしていると、なかなもう一度辞めるという話をするのは大変です。最悪の場合は不満で精神が押しつぶされて先ほど触れたようにうつ病を発症する恐れもあります。

会社を辞める理由には先ほど書いたように色々とあるでしょうが、絶対に何の前触れもなく突然辞めると告げて上司や会社側とトラブルになるようなことになってはいけません。

トラブルを引き起こす社員に対して会社側は解雇という手段を取ることが出来ますが、解雇という形で会社を辞めることになると、履歴書にも当然記載しなければいけません。解雇という文字を見ただけで会社の人事の人はその人に対して何かトラブルを引き起こすような性格に何がある人物なのではないかという判断をされます。

わざわざトラブルを引き起こす可能性がある人を自分の会社に就職させるようなもの好きはまず存在しません。解雇という会社の辞め方はその後の自分の人生において大きな障害となるので避けなければいけません。

特に自分自身で起業する場合極力トラブルを引き起こさないように会社を辞める「必要があります。起業されるという事は自社のライバルとなる可能性がある会社が出来るわけですから、場合によっては会社側は全力でその芽を潰そうとしてきます。

お印象が悪くなった社員に対しては、起業する気を起こさせないようなネガティブな言葉を投げかけたり妨害しようとしたりあらゆる手段を尽くしてくるでしょう。退職する時に心がけて欲しい事、それは円満退社を目指すという事です。

円満退社をするには「計画」が重要

立つ鳥跡を濁さず、という言葉がありますが、円満退職というのはまさにこのことわざを体現した退職の方法です。

上司にも同量や部下にもトラブルや負担を与えるようなことはせず、お互いに納得した形で引き継ぎもスムーズに行って自分が抜けても会社には何の悪影響も引き起こさないような形で会社を退職すること、これが円満退職です。

辞める側も、辞められる側も納得いった形で何のわだかまりもなく辞められるわけですから、退職という形を考えた場合にこれ以上完璧な退職の仕方はありません。

では、円満退職を成功させるためにはどういったことに注意すればよいのでしょうか。

円満退職を成功させるために心がけなくてはいけないことはたった一つ、それは計画を立てて退職をするという事です。

計画を立てる前の第一段階として、辞めたいという気持ちが膨らんだ時にいきなり行動を起こすのではなくて、一度立ち止まってよく考えてみましょう。会社を辞めると決断した時というのは現在働いている会社に対して抑えられないほど不満が爆発しているときです。

それでも円満に退職できた人とそうでない人とが出来るのは、不満が爆発した時に踏みとどまれるか、衝動的に勢いのまま上司に辞めることを告げるかの違いによるものです。辞めたいという感情が爆発しそうになったら、まずは踏みとどまって辞めた半年後の自分がどうなっているか、お金のことはどうなるのか、そして家族が居る人は自分の家族が自分が辞めることによってどうなるのかをよくよく考えてみてください。

今の会社を辞めて半年後の自分が想像できるような将来のビジョンが出来ていない状況の場合は会社を辞めるという選択肢はとらない方が良いですし、お金に関しても一人ならばまだしも、家族が居る場合は現在の会社を辞めるとほぼ確実に収入は減少するという事を踏まえなければいけません。また新しい事を覚えることになりますから精神的な負担も増えることになります。そんな状態で家族に不満をぶつけずに過ごすことが出来るでしょうか。

これらの事を思い返すことが出来れば、衝動的に何も考えずに会社を辞めるという事を上司に告げるようなことはしなくなるでしょう。会社を辞めるという事が良くないと言っているわけではありません。耐え難い不満を抱えたまま仕事をしていても将来の自分にはプラスになることはありませんし、おそらく働き続けてもよっぽどのことが無い限りその不満が解消することはありません。

会社を辞めたいと思ったら辞める自由が働いている人には与えられているのですから、我慢できなくなれば会社を辞めて新しい職場で働けばいいのです。しかし、出来るだけ会社側とのトラブルを起こさずに円満退社をするためには一つ一つ計画を立てて計画通りに物事を進めていくことがとても重要です。

会社を辞める理由は人それぞれですし、何でもいいです。個人的な物でも感情的な物でも何でも構わないです。しかし、自分が思っている理由をそのままストレートに伝える事は決して賢い辞め方ではありません。自分が辞めたいという明確な理由を考えることは重要ですが、自分が辞めたいという理由を明確にできたら、その理由を上司に納得してもらうにはどのように説明すればいいのかを考えることが大事です。会社側と退職時にトラブルになる原因として最も大きいのが、この退職時に上司に自分自身の退職理由を告げる段階です。

退職理由があいまいだった場合は上司側は無かったことにしようと判断し、あの手この手でこちらを丸め込もうとするでしょう。丸め込まれるような対処を取られると必ずどこかで少なからず上司と衝突する形になるので絶対に避けなければいけません。退職をする計画を立てるうえで退職理由を考えるのに最も多くの時間をかける必要があると言っても過言ではありません。

会社を辞める計画はどう組めばよい?

退職する計画を立てるうえで、あらかじめ決めておいた方が良い事がいくつかあります。まずはいつ会社を辞めるかについてです。会社を辞める期間には余裕を持っておくようにした方が良いでしょう。法的には自分が辞めたいと思った14日前に退職届を届ければその会社を自分が希望した日に辞めることが出来るとされていますが、実際には退職届を出してから2週間で辞めることが出来たという事例はまずありません。

冷静に考えてみると、自分が辞めるという宣言をして退職届を出してから14日であなたの仕事の引継ぎが完了するでしょうか。14日で引き継ぎが完了出来た人はよっぽど仕事内容が薄い人だと言えるでしょう。
普通は完全に引き継ぎが出来るようになるまで2か月から3か月はかかるものです。ですから、ますは突然辞めるのではなくて、自分が辞めたいという日にちに会社を辞める事が出来るように、前もって自分が退職する年月日を決めておくようにしましょう。

ここで注意しておきたいのがお金に関連することです。お金に関連することで退職時に最も注意しておかなければいけないのが退職金です。退職金がいつからもらえるようになるのかは会社の就業規則でそれぞれ決まっています。

自分の勤続年数を良く思い返してみて、あと一年働けば退職金がもらえるのであれば、あと一年頑張って働きましょう。1円ももらえないのとたとえ10万円でも退職金がもらえるのとではその後の生活がずいぶん変わってきます。

また、あともう少しで退職金が上がるという場合も少し我慢しておいた方が良いでしょう。これらh就業規則をチェックできれば一番ですが、難しい場合はさりげなく聞いてみましょう。退職金の事をさりげなく聞けるように計画を立てるのも地味ですがとても重要です。

次はボーナスです。ボーナスはもらってから辞めた方が良いのは言うまでもありません。ほとんどの企業は夏のボーナスが6月、冬のボーナスが12月になっていて、その前の月あたりにボーナスの額を決定する査定付がります。特に査定月に退職届を出すようなことは避けておきたいところです。

また、保険料に関しては月末の一日前に退職すればひと月分ですが、保険料を免除してもらえる可能性があるのでちょっとお得に辞めることが出来ます。また4月から6月の勤務時間で保険料を決めている会社がほとんどなので、この月は前もって残業を減らしておけば保険料は少なくできます。

このように自分が辞めるための年月日を決める時にも色々と考えておかなければいけないことが出てきます。まとめると、まずは退職金をもらえる立場にあるのかの把握が重要です。退職金の金額に変動がある時期が近付いているのであれば退職時期を少し遅らせましょう。

そして避けた方が良い時期を把握しておきます。ボーナス月が近づいているのであればもらえる月とその前の一か月間は退職届は出さない方が良いでしょう。具体的には5月から6月にかけてと、11月から12月にかけては退職届を出す月としてはふさわしくないという事になります。

そして保険料を下げることが出来るように4月から6月の残業時間を極力少なくしておきましょう。

これらの事前準備をおこなたうえで、自分が辞めたい日にちを決めるようにします。会社を円満に退職するためにはそのほかにも守らなければいけない事や注意しておきたいことがありますが、まずは自分がいつ辞めるのかを決めないと、その後の計画を立てるk十ができません。そして、辞めることも重要ですが、収入が無くならないようにすぎに働き先を探しておくことも大事です。辞めるための日にちを計画しつつ、誰にも気づかれないように空いた時間で次の就職先を探す必要があるのです。

会社を辞める5つのステップ

自分がいつ会社を辞めるかを決めたら、上司に実際に辞めることを告げます。告げる日にちには先ほども書きましたが余裕を持たせるために自分が辞める3か月前くらいには上司に相談するようにしましょう。
上司に対して自分が退職するための手続きをする時間を十分に与えることも円満退職のためには重要です。

上司に退職の件について相談する際に電話で告げるようなことは失礼にあたるので絶対にやめておきましょう。告げる時は必ず直接顔を合わせて相談を持ち掛けるようにし、相談する時間は仕事の時間外にしておくようにしましょう。

仕事中は上司も忙しいため、退職の話をゆっくり出来ないことも多く、印象もあまり良くありません。退職する年月日が決まったら、次に計画しておく必要があるのが退職理由です。退職する理由の本音に関しては止めたいと思った時に踏みとどまって考えることで明確にはできているはずです。

しかし、その理由によってはオブラートに包んで、もっと分かりやすく言えば建て前に変換して、なおかつ強い意志が伝わるような伝え方をする必要があります。

先ほども書いた通り、漠然とした理由であった場合、会社側は間違いなく退職を引き留めようとします。また、もう一つ会社が何としても引き留めようとするケースがあります。それはその人の退職理由が会社側で何とかできそうと判断した場合です。

例えば、退職をしたいと思った人が上司に退職理由を聞かれたときに、今の部署の人間関係がうまくいかないと答えたとしましょう。すると会社側は部署を変えて働く人間を変えれば簡単に解決するだろうと判断します。退職理由を告げる際には会社側ではどうにもできない理由を提示する必要があるのです。

例えば家庭的な理由でどうしても今の会社で働くことが出来ないのであれば、会社側ではどうしようもありませんし、給料に関しても今の給料では10万円ほど足りないと告げれば会社側では対処できないです。
このように対処できないような理由で有れば、会社側は特に引き止めたりはしないでしょう。そして辞めると決意したら中途半端な意志ではいけません、辞めるという確固たる意志を示し。ある意味諦めさせることが重要です。口頭だけで伝えると上司にこちらの硬い石が伝わらない場合もあるので、自分が今の会社で不満に思っていることを全部書き出したりパソコンにまとめてプリントアウトして、書面に出して上司に提示してみるのも良いでしょう。

書面を提示することが出来れば目と、耳と情報が入ってくるので上司側も的確な判断が出来るでしょう。
そして話し合いの際には相談という形で持ちかけるが円満解決にはとても大切です。上司にも考える余地を持たせるのです。考える余地は持たせますが、考えてもどうにもならないような理由を提示することで上司に納得してもらうことが可能です。

相談に行くときには自分自身でも解決策を既に考えておき、相談の際に伝えられるようにしておくと良いでしょう。そして出来るだけ具体的な数字で示すことが出来るようにしましょう。特にお金に関しての不満がある場合は実際に数字として提示するようにしておくとこちらの固い意志を理解してもらうことが出来ます。

多少の給料アップくらいではどうにもならないという事実が分かればこちらの転職を妨害するようなことはまずしないでしょう。

退職理由を告げるころに心がけておきたいことは辞める会社に対する心構えです。円満退職をするためには退職をすると決意したら、今まで以上に会社の事を考えて働くことが重要です。退職をするという事は少なからず会社に負担をかけることとなります。辞めるからといい加減な気持ちで働いていては印象が悪くなり円満退職には程遠くなります。また、書類関連でのトラブルにも要注意です。引継ぎをした後は自分が書いた書類に関しては処分するようにしておきましょう。

円満退社をして気持ちよく次のステップへ行きましょう!

円満に退職を吸う事はなかなか難しそうに見えますが、そんなことはありません。自分勝手に辞めようとしなければ円満退職は必ず成功します。
退職をするという事は少なからず今まで働いていた会社に負担をかけさせることになるので、退職をするときは自分だけのことを考えるのではなくて、会社側に出来るだけ負担をかけさせないように綿密な計画を立てて一つずつ実行することが大切です。
退職は決して衝動的にやってよいものではありません。衝動的におこなうと今の会社でもトラブルを起こしますし、次の会社を探すための時間もゆっくり取れません。

数か月かけて綿密に退職のための準備をすることで、退職するという確固たる意志を固めることが出来るので、実際に退職について相談する際に説得力が出てきますし、退職の理由を明確にするという事は次の仕事場を探す時にその不満点を解消できるような会社を探すことが出来るため、自分に合った職場を探しやすいという大きなメリットを得ることもできます。もしも退職理由をじっくり立てているときに退職したいという気持ちが少なくなってきたとしても、それはそれでよいのです。

計画を立てているときに退職する意志が薄れてきたという事は辞めたいという意志が衝動的であったという何よりの証拠で、実際に自分の中では会社に対する不満がそこまで蓄積されていないと自分自身で気づくことが出来たという事になりますし、また不満が出てきて辞めたいとなった場合にもあらかじめ途中まで準備をしていたので円満退職に向けてスムーズに物事を進めることが出来るでしょう。

愛食をすると決めたときはついつい退職をするために力を注いでしまいがちですが、同時に転職活動も始めておかなければいけません。せっかく退職しても次の働き先が決まっていないとお金に関する不安で別のストレスが溜まっていきます。

お金に関しての不安がなくなっていないと何をするにも余裕を持てなくなります。次の働き先が決まっていれば、退職をするときにも余裕が出てくるのでより円満退職に向けて積極的に動くことが出来るでしょう。
円満退職を成功させるには退職すると決めてからの印象がものすごく大切です。特に退職をして企業をするという人は今働いている会社での印象は良くしておいて損は無いです。企業をするという人は今自分が行っている仕事に関連した会社を始めようと考えている人も多いでしょう。

今働いている会社と良好な関係を築いていれば自分が起業した時に良い取引相手になってくれるかもしれません。起業した時に大変なのが安定して仕事を提供していくれる取引先を見つけることです。もし円満な関係を気づくことが出来て、今働いている会社が自分が起業した時に仕事を回してくれるようになると、企業をしてすぐに大きなパイプが出来ることとなり、大きなアドバンテージになります。

最後にもう一度円満退職をするためにはどうすればよいかをまとめておくと、まずは自分が辞める年月日を決めます、その際にはお金に関することで損をしないような年月日にしておくことが重要です。特に退職金やボーナスは大きなお金なので影響がないようにしましょう。

次に最も重要なのが退職する理由です。退職する理由は無い風が立たないように、それでいて確固たる意志が伝わるようにします。会社を退職することを決めたら普段よりも会社の事を考慮して一生懸命働くようにし、印象を落とさないように気を付けましょう。

最後の諸鶴井関係に関しては自分がまとめた文書は退職時に全て処分して退職後に会社とのつながりが無いようにし、会社から受け取った源泉徴収票などは退職後に必要となるため大切に保管しておきましょう。
一つ一つの計画を確実に立て、気持ちよく次のステップに踏み出しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【退職届マニュアル】タイミング・書き方のポイント

  • 退職の手続きわかりやすく解説!退職を効率的に行う4つのステップ

  • コツさえ掴めば面接官を納得させられる!退職理由の答え方と具体例

  • 退職を伝えるタイミングはいつがいい?円満退職へ道のり

  • 退職理由の例文集。理由別に退職理由の書き方がわかります