1. 転職マニア
  2. 転職
  3. フリーターの転職
  4. フリーターが海外へ転職する方法とは?準備をして海外に転職しよう

フリーターが海外へ転職する方法とは?準備をして海外に転職しよう

フリーターの転職   39 Views

日本では自分の道が見つからず、海外の企業に転職したいフリーターも多いのではないのでしょうか。しかし海外に転職するには、何をしたら良いのか分からないものですよね。

そこでこの記事では、フリーターが海外に転職するために必要なことを解説していきます。

海外に転職したいフリーターの疑問

フリーターは海外への転職に関して、どのような疑問をいだいているのでしょうか。まずはフリーターが海外転職に思う疑問と、その解決策を確認してみたいと思います。

そもそもどうやったら海外で転職できるのか

そもそもどうやって海外に行ったら良いのか分からないという方が多いです。日本での転職なら、ハローワークや求人誌、転職サイトなどを見て求人を探し、履歴書を提出して面接を受けて…といった形で企業に転職していきますよね。

しかし海外ではまずどうやって転職すべき企業を見つけたら良いかも分かりませんし、見つけたとしても日本での履歴書を提出して良いのかなど、分からない部分が多くなりがちです。

履歴書などはもちろん英文レジュメとして英語で記載しなくてはいけないほか、文化の違いから日本での転職活動とアピールするべき点が変わってきます。

働き口の見つけ方もさまざまあり、海外企業に挑戦するだけではなく、フリーランスとしてや海外にある日本の企業を目指すなど、自分の経歴や働き方によって合った転職のやり方が変わってきます。詳しい転職の海外への転職法は後の項目で詳しく解説しているので、そちらを参照してください。

海外で転職するために準備は必要か

海外で転職するために準備は必要なのか、必要なら何を準備すべきなのか悩んでいるフリーターもいるようです。よくテレビなどで海外に単身飛び出し、成功した方のストーリーを見たことがあるかと思います。

確かに挑戦することに意味はありますが、全ての人間が必ずしも海外で成功するとは言えません。それにそういった方たちも、海外に行く前に語学の勉強や公的機関の切り替えなど、見えない所で様々な準備をしています。

単身で海外に行くという非常にリスクの高い行動に出るのであれば、十分すぎると思えるほど準備した方がちょうど良いといえるのです。海外へ行くための準備に関しても次の項目で解説しているので、海外転職に挑戦したい方はしっかり確認しておきましょう。

海外の転職事情はどうなっているのか

海外での転職事情はどのようになっているのでしょうか。ここでは多くの方が進出する可能性が高い、アメリカを例にしてご紹介します。

日本では終身雇用制度基本となっており、多くの企業や従業員が1つの企業で働き続けることを良しとしています。そのため転職理由の多くが、今の企業が自分に合っていない、働きたくないといったネガティブな理由であることが多いです。

対してアメリカの場合、スキルの高い社員を他の企業がスカウトすることが多く、キャリアアップできるのであれば、どんどん転職をしていきます。長く働くことを前提として、企業内活躍できる人材を育成する日本に対して、アメリカは個人主義が強いです。

スキルが高い方は評価されて、どんどんキャリアアップを目指して転職を繰り返し、安定した生活を手に入れていきます。そのためアメリカに転職するのであれば、高いスキルを持っていることが特に重視されるということを覚えておきましょう。

逆に言えば、高いスキルと実績を提示していけば、海外で転職できる可能性も高くなるということになります。海外での転職で履歴書や面接を行う場合は、自分のスキルを積極的にアピールしていくようにしましょう。

海外で働くために必要な準備

海外で働くためには、どういったことを準備するのが良いのでしょうか。ここからは海外で働くために必要な準備をチェックしてみましょう。

高いレベルの語学を学んでおく

海外で働くのであれば、当然高い語学力が必要となります。ただ普通に海外で生活するだけであれば、ある程度日常会話ができるレベルの語学力があれば十分と言えるでしょう。

ですがビジネスにおいては、企業間での対応で間違った言葉を発してしまったり、ビジネス用語を正しく発するために、高い語学力が必要です。

特に英語はほぼ全ての国で通じる言語であり、英検やTOEICといった英語の能力を高めるための試験、講座なども多数存在しています。そのため勉強しやすく、海外で通用しやすい言語なので知識を磨いておくと海外転職に有利に働く可能性が高いです。

また高校や大学などで英語以外の外国語を専攻していた場合は、その国への転職を目指すのも良いでしょう。学校でその外国語の基礎が身に付いていれば、より専門的な部分を学ぶ期間も短くて済みますし、何の知識もない言語より頭に入りやすいです。

海外のビジネスの世界で生きていくためには高い語学力が必要なので、事前にしっかり勉強して、正しい会話ができるようにしておくのが海外進出の第一歩となります。

公的な準備を済ませておく

日本から海外に転職するということは、住まいも海外に移すということになります。それにあたって様々な手続きが必要となるので、1つずつ確認していきましょう。

海外転出届や在留届を提出する

海外に3ヶ月以上住む場合は在留届を、1年以上住む場合は海外転出届の提出しなくてはなりません。

在留届は海外に住んでいてもオンラインで手続きすることが可能です。しかし日本にいるうちに手続きを済ませておいた方が、短い時間と少ない手間で済むので、早いうちに済ませておくようにしましょう。

海外転出届は市役所で手続きが可能な書類で、提出すると住民登録が消えるため、住民票を取得することができなくなります。後々住民票を取得しなければいけなくなった場合、再び手続きをして住民票を復活させ、また海外転出届を提出しなくてはいけません。

非常に面倒なので、事前に住民票が必要になる事柄は全て終わったかチェックしたうえで、早めに手続きを済ませるようにしてください。

クレジットカード限度の確認

クレジットカードの利用限度額も、海外に転職する前に確認しておくべき事項です。日本とは違って海外ではキャッシュレス化が非常に進んでおり、クレジットカードで料金の支払いをする機会が非常に多くなります。

加えて国によって日本と物価が違うため、物価が高い国であれば当然利用額の上限が来るスピードも速くなるでしょう。

上限が低くてカードが使えなくなるということは、海外に移住した日本人が遭いやすいトラブルの1つで、特に注意すべきポイントの1つとなっています。

日本にいるうちにクレジットカードの引き上げを済ませておき、海外でもオンラインで明細が確認できるようにしておきましょう。

携帯のキャリアやインターネットに関する会社のリサーチ

携帯電話やインターネットも海外に移住することで、まるっきり環境が変わります。しっかり下調べしておかないと、質の低い商品や回線を高額な料金で掴まされる恐れがあるので気を付けてください。

国によって料金体系も全く異なるため、余裕を持って調べておくことが大切です。海外でも携帯電話やインターネットは必要になるものなので、忘れず質の良いものを選ぶようにしてください。

国際運転免許証を取得する

海外で車を運転するためには、国際運転免許証が必要になります。国際運転免許証は日本で普通運転免許を取得おり、免停中ではなく、海外に行くことを証明できる書類があれば取得することが可能です。

料金は東京の場合は2,400円ですが、取得する都道府県によって値段が変わってくるので、事前に確認しておくようにしましょう。

また持っている運転免許が大型特殊、小型特殊、原付、仮免許のみの場合、国際運転免許証を取得することはできません。自分の運転免許が国際運転免許証を取得する条件に合致しているかどうかをちゃんと確認したうえで、手続きを行うようにしましょう。

銀行口座の変更手続き

日本の自分の口座から海外の口座に送金するための手続きを忘れないようにしておきましょう。これを忘れると自分の今までの貯金が無いまま海外へ赴くことになります。

窓口での手続きが必要になるものが多いため、日本でいるうちに手続きをしておかないと非常に面倒なことになるので、絶対に移住前に手続きを済ませておきましょう。

金融機関によっては、オンライン上で振り込みなどができる口座や、口座と紐づけされて使用できる海外向けのデビットカードが発行されているものもあります。これらを利用して、海外でもスムーズにお金のやりとりができるようにしておくのも良いでしょう。

書類のコピーやデータにして管理する

海外生活には多くの書類がつきものです。免許証や保険証など、必要であったり使う機会が多いと思う書類はコピーをとっておいたり、写真にとってデータとしてパソコンに保存しておくなどしておきましょう。

その際にUSBや外付けHDといったデバイスに保存しておけば、不意にパソコンが故障しても大切な書類のデータを残すことが可能となります。

現物を取っておくだけではなく、コピーやデータにして保険をかけておき、有事の際にすぐに出せる場所に保存しておくようにしてください。

あらかじめ美容院で髪型を整えておく

日本を出る前に、美容院で髪型を整えておくのがおすすめです。日本では細かい要望に応えて、自分の理想に近い髪型にしてくれるところがほとんどです。

しかし海外の美容院だと言語の違いで上手に要望を伝えられず、自分がやりたい髪型にできない可能性があります。どうしても自分の髪型にこだわりがあるのなら、最初に日本で髪型を整えておき、写真を撮るなどして伝えやすくなるようにしておくと良いでしょう。

ネガティブな評価
また日本人と海外の方の髪質が違う故に、シャンプーやリンス、カラーリング剤などが合わない可能性もあります。髪へのダメージが気になるのであれば、事前に黒髪に戻しておいたり、日本で事前に自分が使っているヘアアイテムを買っておくようにしましょう。

通販もありますが、手元に届くのも遅いですし、日本で買うのに比べて送料などの点から余計にお金が掛かってしまいます。安く手に入れられるうちに必要な分だけ購入しておくようにしましょう。

病気の治療や予防接種も受けておく

日本と海外では医療費も大きく変わってきます。

例えばアメリカは日本に比べて医療費が高く、保険に入っていないとかなり高額の医療費を払わなくてはいけません。それならば日本での安い医療費が払えるうちに、病気の治療や予防接種を受けておくようにしましょう。

特に海外に移住してすぐは保険に入っていないものの、環境の違いで体調を悪くしてしまう可能性があります。保険が無いまま病院のお世話にならないように、治せるものや予防できるもの、薬が必要なものなどはちゃんと済ませておくようにしてください。

また症状によって保険が分かれている国もあります。アメリカでは健康保険と歯科保険が分けられており、渡米してから歯の治療をすると保険が適用しない危険があるので、こちらも日本での準備として事前に終わらせておくようにしましょう。

海外でフリーターが転職するための方法

ここからは海外でフリーターが転職するための方法をご紹介します。

フリーランスとして活動する

フリーランスとして自分で仕事を獲得し、働いていくという選択肢があります。個人・企業関わらず自分を積極的にアピールし、認められて依頼を受けることで仕事を獲得していくというのが基本的な流れになるでしょう。

今ではインターネットもあるため、フリーランスを支援してくれるサイトを上手に活用すれば、仕事ができる可能性も非常に高くなります。ただ高い語学力とコミュニケーション能力、そしてスキルが必要です。

1から海外に渡り、フリーランスとして食べていくためには、普通に転職するよりも準備と手間が間違いなく掛かります。

失敗するリスクも大きい代わりに、仕事の依頼が舞い込めば高い利益が得られることもある、ということを頭に入れて活動を進めていくと良いでしょう。

スキルを活かして海外企業に挑戦する

自分の持っているスキルを武器にして、海外企業に挑戦していくのが最も多い海外への転職法です。日本との転職活動の違いやアピールポイントなどをしっかり把握していれば、十分転職できる可能性があります。

語学力があれば履歴書の作成だけではなく、面接日程の打ち合わせや契約書の確認、給与の条件などをスムーズに行うことができるでしょう。特に海外での転職で給与などの待遇に関する契約違反がトラブルのもととなっています。

自分に非が無いのに訴訟に発展するケースもあるので、契約書は一言一句読み落とさないように気を付けてください。先ほど紹介した日本と海外の転職文化の違いや、転職事情をしっかり把握して転職活動に臨みましょう。

青年海外協力隊に応募する

青年海外協力隊に応募し、海外で活躍するという方法もあります。青年海外協力隊とは、アジアやアフリカといった発展途上国へ行き、自分の持っているスキルを使って現地の方と生活を共にし、国づくりのための協力を行う活動のことを言います。

給与も支給され、訓練期間だと月4万円、海外に派遣されると月5万5千円の給与が受け取れます。収入が少ないように思えますが、日本と派遣国との往復交通費や生活費は支給されるため、時間はかかるものの確実にお金は溜まります。

ただし途中で日本に帰国した場合、帰りの交通費などは自己負担となるので注意してください。

難点は自分の行きたい国に行けないこともあること、さまざまな国の語学力が必要になること、そして日本での裕福な生活に比べて厳しい環境の中で生活していかなくてはいけない点です。

日本での生活に慣れていると、生活の中でストレスを感じることも多く、全く環境の違う場所での生活がメンタルに負担を与えることもあります。ただそういった生活の中で得られる経験は貴重なものとなります。

青年海外協力隊に参加することで生き方や考え方が変わることもあるので、海外への第一歩として挑戦してみるのも良いかもしれません。

海外にある日本の企業に転職する

海外にある日本企業に駐在員として転職するやり方も存在しています。海外に日本企業が進出する理由は大きく分けて2つあり、1つは海外ユーザーに向けて商品を販売すること、もう1つは日本での販売数を増やすために海外にも企業を置くパターンです。

前者であれば駐在員は日本でどのように販売していたかを従業員に伝えたうえで、海外ユーザーに販売するにはどうしたら良いかを考えていくことになります。後者であれば日本で販売される際にはどういった注意点があるのかなどを、文化の違う海外の従業員に伝えていくのが主な業務となるでしょう。

また営業職として海外の日本企業に転職することも可能です。語学力が必要になりますが、日本人の目線で製品を販売できるというのが強みになります。

日本企業の製品で、日本人だからこそ分かる良さをアピールできれば、海外企業にも認められてキャリアを高めることも夢ではないのです。

転職サイトで海外を目指す

転職サイトとは登録することで、基本無料で転職エージェントの転職支援を受けることができるサービスです。転職サイトでは登録されている求人を確認することができるのですが、その中には海外企業の求人もあるため、転職サイトから海外企業を目指すことも可能となっています。

海外への転職を目指すのであれば、転職エージェントから海外企業向けの履歴書の書き方などをレクチャーしてもらえます。そのため、海外への転職に不安がある方でも安心して転職活動を進めることができるのです。

1人で海外に挑戦するには準備することも多く、手が回らないということもあるでしょう。転職サイトを利用することでその手間を軽減し、より海外への挑戦をスムーズに行えるようになるので、円滑な海外進出を目指すなら転職サイトを利用するのがおすすめです。

フリーターにおすすめの転職サイトはこちらの記事で紹介しているので、自分に合う転職サイトを見つけて手早く海外への道を切り拓きましょう。

まとめ

海外へ転職するためには、フリーランスとして働いたり、海外企業・海外の日本企業に転職するといった方法があります。青年海外協力隊へ応募して海外での経験を積んだり、転職サイトを利用することで海外への転職をスムーズにすることもできます。

ネガティブな評価
ただ海外への挑戦は公的な手続き、病気の予防など準備しなくてはいけないことも多く、環境の違いが精神に負担を与えるなど、デメリットも多いです。活躍するためには高い語学力とスキルも必要になるため、転職の難易度が高いのも事実となっています。

海外への転職を目指す際には、しっかり学ぶべき点や準備しておくことを忘れないようにし、海外という環境に納得したうえで転職することを忘れないようにしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • フリーターが転職活動で気を付けるべきポイントとコツ

  • 未経験でも大丈夫?フリーターから正社員になる秘訣

  • フリーターが転職するまでの流れとは?場面ごとにポイントを解説

  • 中卒フリーターでも転職できる!転職の成功法と狙える企業とは

  • フリーターは転職にどんな準備が必要?覚えておくべき6つのポイント

  • フリーターが転職するなら覚えておきたいメールのマナー