1. TOP
  2. 未分類
  3. 転職では学歴不問って本当?学歴に自身がない方必見!採用基準を知ろう

転職では学歴不問って本当?学歴に自身がない方必見!採用基準を知ろう

未分類   12 Views

新卒の採用では学歴が重視されるのが一般的です。しかし、転職の場合は必ずしも学歴が重視されるとは限りません。転職において学歴が必ずしも重視されないのは、それ以上に即戦力が意味を持つからです。学歴が重視されないとは言え、中退などの履歴は採用に影響する場合があります。履歴は内容を確認される場合があるので正確にもれなく記載する必要があります。

転職で学歴が重視されるかどうかは、業種により異なります。学歴に自信がない人は、比較的学歴が重視されない業界を選んで就職活動をすることで、採用される確率が高くなります。転職においての面接では、アピールするポイントに工夫が必要です。新卒と異なり、転職者に求められるのは即戦力と貢献度、それに、やる気です。即戦力となる実力や経験がどれだけあるかをアピールすることが必要です。

やる気や貢献度のアピールも忘れてはなりません。やる気は、新卒に限らず転職者にも求められます。履歴書は正確に記載する必要があります。学歴に記載する学校名は正式名称を記載するようにします。中退などの履歴がある場合は、そうなった経緯を答えられるようにしておくことが必要です。転職者が採用において最も評価される点は、キャリアや実績です。

キャリアや実績は転職の時に必要となるだけでなく、将来転職を考えている人や、それ以外の人にとっても仕事をする上での目標となります。外で評価できるキャリアや実績を積むことを普段から心掛けておくことで、真の実力が付きます。実績をアピールする場合は工夫が必要です。客観的に判断が可能な賞のようなものを取得している場合は、それがアピールポイントとなります。業績を客観的に裏付けられるものがあると、転職の時に有利です。実力を証明できる資格や外部機関によるスキルの認定なども、評価の対象となります。転職を成功させるためには、実力のアピールが必要です。

転職の時も学歴は重視されるのか?

転職の場合は新卒採用の場合よりも学歴は重視されません。その理由は、転職者は即戦力が重視されるからです。一方、新卒に求められるのは将来性です。新卒は即戦力は始めから期待されていなく、就職後にそれぞれの職場でそれを教えるのが前提です。そのために、効率的に仕事を覚えることができる高い学習能力が求められ、そのことが学歴重視の要因となっています。

偏差値の高い大学の卒業者は、大学の入学時点で高い学習能力があることは証明済みです。大学に入学後も学業や運動に取り組むことで、さらにその能力が裏付けられます。採用担当者は新卒に汎用性を求めています。新卒一括採用が慣例化している日本では、新卒で人材を確保しないと、その後の人材確保が難しくなります。将来役に立ちそうな人材を、使い道を限定しないで確保することは容易ではありません。

学歴が高い者や偏差値の高い大学を出た者は、将来の汎用性が高いと評価されます。どんな職種にでも転換可能な高学歴の人材を確保しようとするのは、企業にとって無理のないことです。それに対して転職者は、採用時点で仕事の種類が確定しています。そこで求められるのは専門的なスキルなどの実力です。転職者は、何でも吸収できる高い学力や、なんにでもなれる汎用性よりも、今身につけている実力が評価されます。とは言え、学歴がまったく評価されないとは言えません。

同じ程度の実力を持った転職希望者がいた場合は、将来のために学歴の高い人が採用される可能性は高くなります。実力やスキル以外にも、採用時の選考基準はあります。職場では一定の協調性が求められます。空気を読む能力やつき合いの良さなどは、日本のどの組織でも必要とされることです。人格が劣る人よりも、高潔な人格を持った人の方が採用されやすいのは当然のことです。学歴はそれだけで絶対的に評価されるものではありません。

学歴に自信がない人が転職しやすい企業

転職の場合でも、学歴がまったく考慮されないわけではありません。学歴が低くても転職しやすい企業は存在します。学歴が低くても転職しやすい企業の存在は、業種により異なります。特定の業種では、学歴をほとんど気にせずに就職活動をすることができます。学歴が比較的重視されない業界としては、旅行とレジャーの業界、小売業や外食産業の業界があります。

さらに、急速に発展してきたIT業界も、学歴よりはスキルが評価される業界です。顧客と直接接する職種が多い業界では、学歴よりも客に気に入られる能力が重視されるのはもっともなことです。客は学歴を見て物やサービスを購入するわけではなく、販売担当者の態度や心遣いなどで購入を決め傾向があります。これらの業界では、学歴の重要性が高くないことがわかります。

IT業界は専門的なスキルがものを言う業界です。デザイナー・エンジニア・ディレクターなどの専門職種に分かれて業務が行われるので、学歴よりも実力がものを言います。学歴に自信がない人が転職先を選ぶ場合は、比較的学歴を重視しない業界の企業を選んだ方が、採用される確率は高くなります。しかし、学歴を重視するかどうかは個別の企業によって異なります。また、その時点での状況によっても変わります。本当に入りたい企業がある場合は、積極的にエントリーしてみるに越したことはありません。社会の変化も学歴の評価に影響を与えます。

グローバル化する社会は実力による競争社会です。もはや、企業の中だけの都合だけで、採用の基準を決める時代ではありません。今後はますます、学歴よりも実力が重視される社会になることは間違いありません。学歴が高い者はそれにおごることなく、学歴が低い者はそのことを卑下することなく、実力を磨いていくことが成功につながります。一部の業界で学歴を重視しない傾向は、今後、その他の業界へも波及することが予想されます。

学歴に左右されず、転職面接を突破するには?

学歴に左右されずに転職の面接を突破するには、自分の実績や能力、対象企業へ貢献する意欲をアピールすることが大切です。面接は書類では評価しきれない事柄について質問がなされ、その回答を考慮して選別が行われます。同じスキルを持っていたとしても、人により自信の程度は様々です。書類ではわからない本当の実力が面接により明らかにされます。

志望する企業にどれだけ貢献できるかも、直接聞いて見なければわかりません。仕事への熱意や情熱は、面接により始めて明かされるものです。面接においては、学歴が意識されるのは致し方ありません。低い学歴のハンディーを乗り越えるためには、熱意や情熱を相手に伝わるかたちでアピールすることが必要です。企業は新卒を採用する場合でも、学歴等による選別とは別に、面接によりその人物を判別します。

その基準は企業により様々ですが、学歴では証明できない能力が評価の対象となっていることは明らかです。そもそも、書類だけで人を判断することはできません。実際に会ってみて始めてわかることも多くあります。転職面接の役割も基本的には同じです。評価されるのは、その人間の総合力です。とは言え、面接の前には一応の準備をしておかなければなりません。履歴書に記載した事項に関して、突っ込んだ質問に対して返答できる準備をしておかなければなりません。さらに、自分のことを把握すると同時に、当該企業の把握もしておく必要があります。

自社のことをあまり知らない人間よりも、より知っている人間が採用されやすいのは当然です。転職の面接では、過去の勤務先のどこに不満があったのかが聞かれることもあります。過去の勤務先と今回志望する企業との違いを、自分の言葉で説明できる準備が必要です。転職者はすでに社会人の経験があります。新卒の学生ならば許されることでも、社会人経験者には許されないこともあるので、真剣な態度が求められます。

履歴書に学歴を記入する際のポイント

転職では、履歴書に学歴を記入する際にポイントがあります。学歴は最終学歴と共に、一つ前の学歴も記載する必要があります。大卒であれば高校も記載し、高卒であれば中学も記載します。さらに、高校であれば高等学校と正式名称を書くことがポイントです。そのことで採用担当者に対し、応募者が学歴に誇りを持っている印象を与えることができます。履歴書は応募者の実力が反映される重要な書類です。文字のきれいさや丁寧さは人格の裏づけとなります。志望動機の記載では、応募者の文章力が明らかになります。たとえ文書は短くても、文章力や知力の一部が相手に伝わってしまいます。型どおりの文章を書いたのでは人間性と熱意が伝わらず、かえって逆効果です。文章力はすぐに上達するものではないので、ごまかす事はできません。

今持っている文章力で誠実に記載することが大切です。ただし、誤字脱字は無くす必要があります。誤字脱字があることで、真剣さや熱意が疑われることになります。記載内容の詳しい説明は面接の時点で行うにしても、アピールしたい基本的な内容は漏らさずに記載することが大切です。特に学歴に代わる職務上の実績は、多めに記載しても問題はありません。履歴書に記載がなければ、立派な業績があったとしても、相手には伝わりません。さらに、履歴書だけで選別される場合もあるので、履歴書の記載は慎重に行う必要があります。履歴書では写真も重要な意味を持ちます。人の顔はその人の中身を知ることのできる大切な情報です。写真は撮り方により出来ばえに差が出ます。自分で撮影するよりも、専門の写真館で写してもらう方が確実です。プロの写真家は実物よりもきれいに写してくれるので、お金をかけただけの効果はあります。人間は学歴だけで評価が決まるものではありません。学歴に劣等感を持つ場合でも、履歴書では自分の過去に誇りを持って書く必要があります。

学歴よりもキャリアや実績!

転職で評価されるのは即戦力です。新卒が即戦力よりも将来性を期待されるのとは対照的です。転職の場合は即戦力と共に、会社への貢献が期待されます。すなわち、一般企業の場合は会社の業績を伸ばすことへの貢献が期待されることになります。したがって転職を成功させるためには、志望する企業の採用担当の期待を満足させることが、転職活動の戦略となります。

キャリアや実績は採用担当者の最も知りたがっていることです。履歴書の記載においても、或は面接においても、キャリアや実績をアピールすることを忘れてはなりません。学歴に関することは最小限の説明に留めても、職歴やキャリアはより詳しく説明する必要があります。転職市場において、学歴よりもキャリアや実績が重視される流れは、いっそう強まることが予想されます。新卒の場合は学歴が評価の対象とはなりますが、どの学校でも良いというわけではありません。大卒の場合はさらに、どの大学を出たかも重視される傾向が続きます。また、新卒の場合は資格取得やその可能性の有無も評価されます。

学生の側も資格の取得を目標にキャリア設計がなされ、採用する側とされる側の思いは一致します。転職の場合も業種によっては資格が重視されます。資格はその人の職業的能力を証明する有効な手段です。学歴が重視される度合いが低くなり、キャリアや実績、資格が重視され始めています。企業が人を採用する場合の評価の基準は、新卒か転職かに関わらず、変わろうとしています。

学歴もそれだけでは絶対的な評価の対象とはならず、さらに別の何かが必要となります。今後転職する人の数は、これまでとは桁違いに上昇することが予想されます。実質的な終身雇用を行っている企業は減少し、勤労者は転職を経験する割合が高くなります。企業で働く人にとって、転職の予定の有無にかかわらず、外から評価されるキャリアや実績をつくることが人生の一つの目標となる時代が到来したようです。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 転職サービスの王道!リクルートエージェントの口コミや評判を徹底調査

  • 営業への転職を成功させたい人必見!カギは志望動機と求められる能力

  • 転職活動における適性検査とは?問題の種類と対策

  • 【退職届マニュアル】タイミング・書き方のポイント

  • 円満退職するにはどうすればいい?計画的に退職する具体的な手順とコツ

  • おすすめの転職エージェントをズバッと厳選!選ぶポイントは?