1. TOP
  2. 年収
  3. 年収800万円稼ぐってどんな生活?手取りや職業、住宅ローンなど大公開

年収800万円稼ぐってどんな生活?手取りや職業、住宅ローンなど大公開

 2018/01/18 年収   2,324 Views
年収800万

演習800万円もあれば人生としては勝ち組だと思う人も多いでしょう。

日本人の現在の平均年収の統計を取っていくと、男性の場合は520万円とされています。しかしこれはあくまでも平均値であって、実際にこれだけもらっている人はそうそう居ません。これだけ平均年収が高くなっているのは大企業に勤めている人たちが平均を大きく超える年収を得ており、その平均値を押し上げているためです。

実情ではなかなか正社員に就職できないという人も多く、年収300万円にも満たない人も数えきれないくらい存在します。

近年、日本では高収入の人と低収入の人との格差がどんどん大きくなっているのが現状です。

そんな人たちにとって年収800万円という数字は夢のような数字で、それだけのお金があればいくらでも貯金が出来て裕福な生活が送っていけると思ってしまうくらいの金額です。

年収800万円を稼ぐことが出来る仕事というのはどんな職業なのでしょうか。そして、年収800万円の人が支払っている税金はどれくらいになるのでしょうか。

また、どれくらいの貯金を七て、どのようなライフスタイルを送っているのでしょうか。

一般の人には想像もできない年収8000万円の実情に色々な角度から迫ってみましょう。

年収800万の場合の手取りはいくら?

私たちは会社から支払われている給料をそのまま受け取れるわけではありません。会社から支払われた給料が私たちの手元に届く間には社会保険料や所得税、住民税、厚生年金など、さまざまなものが天引きされます。

それらが天引きされた後に残ったお金が私たちの手元に実際に入ってくる分になるというわけです。この天引きした分が差し引かれた後で受け取るお金を手取り金と呼んでいます。

では、年収800万円の人が実際に受け取ることが出来る手取り金額はいくらになるのでしょうか。年収800万円の人が実際に受け取ることが出来るお金はだいたい600万円くらいになります。月々の給料で計算すると、およそ50万円ということになります。

800万円が何も天引きされずにうけとれるとしたら、月々の収入はおよそ67万円になることを考えると、かなり税金などによって差し引かれているなと思うのではないでしょうか。

日本では累進課税という制度が摂られています。これは年収が多ければ多いほど、それに応じて税金の比率も高くなるという仕組みです。

配偶者や子供を扶養している場合はもう少し税金は免除されますが、これだけの年収を受け取っている人は税金対策についても勉強した方が良いのかもしれません。

年収800万を稼ぐ人が納める税金

先ほど書いた通り、年収800万円の人はおよそ200万円近くが給料から天引きされます。その中には社会保険や年金の外に各種税金も天引きされています。

では年収800万円の人は毎年どれくらいの税金を支払っているのでしょうか。

まず、毎月の給料から差し引かれている税金の一つに所得税があります。所得税とは一定以上の利益を得ている人が必ず国に支払わなければいけないお金のことです。サラリーマンだけではなく、一定以上の月収を得たアルバイトやパートの女性でも支払う義務があります。というよりも勝手に給料から天引きされます。

では年収800万円の人がどれだけの所得税を支払っているのかというと、扶養控除を受けるかどうかによって多少変わってくるのですが、30万円から50万円の範囲で所得税を毎年支払っています。
もう一つ、サラリーマンの人が必ず支払っているお金が住民税です。

住民税はその地域に住んでいる人が居住している地方自治体に支払う税金で自分たちが住んでいる地域の公共事業を円滑に行うための財源になります。住民税は住んでいる地域によって月々支払う金額が変わってくるので、同じだけの金額を全ての人が支払っているわけではありません。

ちなみに最も住民税が高い自治体は以外にも北海道の夕張市です。

年収800万稼ぐとこれぐらい貯金ができます!

年収800万円ももらえているのであれば貯金もたくさん出来そうなイメージです。実際に年収800万円を得ている人はどれくらいの貯金をしているのでしょうか。

とある調査機関が平成28年度におこなった調査によると年収800万円の人は平均で1400万円以上貯金しているという試算が出ています。さすがに年収800万円もあると、貯金する余裕も出てくるので皆さんそれなりに貯金をしていることが分かります。

一方で、負債額も調査してみると、負債額の平均金額は1000万円となっていました。負債額というのは借金、つまりローンを組んでいるお金の総額でおおまかには自動車やマイホームのローン残高という事になります。
つまり貯蓄から負債を差し引くと、実際の貯蓄金額は500万円程度といった所になります。

500万円もあればよほどのことは無い限り生活が苦しくはならないというイメージです。

ところが実際には年収800万円を得ている人でも生活が苦しくなっているという人が存在します。これを隠れ貧困と呼んでいるのですが、隠れ貧困の最大の原因は言うまでもなく浪費です。普通レベルの生活をしていれば年収800万円の人は必ず貯金をたくさんすることが出来ます。

年収800万稼ぐ人はどのくらいいるの?

ここで気になるのが、実際に年収800万円もらっている人がどれくらいの割合で存在するのかという点です。

国が調査したデータによると年収800万円を得ている人の割合は男性ではおよそ全体の4.2パーセントという結果になっています。

一方、女性で見るとこれだけの水準に達している人はとても少なくて、全体のわずか0.7パーセントという結果になっています。年収800万円も得ている人たちというのは大企業に勤めている人や、中小企業であれば管理職クラス以上の人という事になります。女性の社会進出は盛んになってはいるけれども、実際に数字で見るとまだまだ両者には大きな開きがあることが分かります。

また、女性の場合は結婚や出産によってどうしても会社を休職、または退職せざるを得ない状況になることが多く、継続的に働くことが難しいというのも男女間の年収の差が大きくなっている一つの要因です。

更に女性が主に働く職場といえば飲食業やホテルなどのサービス業が多いのですが、これらサービス業は職種全体でみると年収の天井が低めに設定されているというのも年収の差が大きくなっている要因と考えられます。

ちなみに実際に人数に換算すると、およそ100万人近くが年収800万円を得ているという計算になります。

年収800万のライフスタイルとは!?

では、年収800万円を得ている人がどのような生活をしているのかを細かく見ていくことにしましょう。

年収800万円といっても独身の人と、結婚している人では大きく違ってきます。

まずは独身の人の一例を見てみると、年収800万円萌えているのに実際に貯金できているのは月々5万円というのが実態でした。あ針月収が多くなり、使えるお金が増えていくとさまざまな物にお金を使ってしまうのが人間というもので、ご飯を外で食べるお金があるので食事はほとんど外食になりますし、旅行を毎月のようにしたりと、自分への出費がかなり多くなっています。

一方、結婚している年酒800万円の世帯はその出費が大きく様変わりします。浪費という点では独身の人と比べるとかなり少なくなるのですが、一方で子供が居る世帯の場合は有名な塾に通わせたり高校や大学を私立で通わせたりと、子供への教育費にお金の多くが使われています。

また、学資保険に入っている世帯も多く見受けられます。しかし学資保険は場合によってはかけたお金よりも少ない金額で還付される場合もあるので、学資保険に入るときは配当率をよく確認し、100パーセント以上になるものを選択するようにしましょう。

住宅ローンはどれぐらい組めるのか?

年収800万円ともなると住居は持ち家、つまりマイホームを所有している比率もとても高く、80パーセント以上の世帯が自分の持ち家を所持しています。

ここで気になるのが住宅ローンです。年収800万円の人はどれくらいの住宅ローンを組めるのでしょうか。

不動産会社や銀行などの試算によると、およそ年収の5倍くらいの金額が妥当だとされているため年収800万円の人が借りやすい住宅ローンの金額およそ4000万円という試算になります。

しかし、この言葉を鵜呑みにしてはいけません。4000万円を借り入れした場合、単純計算するとおよそ95000円近くを毎月支払う計算になります。更に住宅ローンですからその上に利息が上乗せされます。年収800万円の手取り月収はおよそ50万円です。5分の1以上住宅ローンで支払うというのはかなり危険です。

銀行や不動産の借入金額の計算はあくまでも年収なので、実際にこちらが受け取る手取りで計算しないと大変な事になります。

住宅ローンの比率は大体15パーセント以内に抑えておきたい所なので、年酒50万円だと月々7万5000円くらい、単純計算で行けば3200万円くらいの金額にしておけば無理なく返済することが出来るでしょう。

年収800万円の職種って具体的にどんなの?

では、最後に年収800万円以上を実際に貰っている職種をいくつかピックアップしていきましょう。

まず年収が高いというイメージが最も高いのはお医者さんです。実際にお医者さんは年収が高い人が多く、800万円以上もらっている人もたくさん存在します。

とはいえ、お医者さんは時には人の命を左右するとても大変な仕事ですし、患者さんの容態によっては夜中も休日も仕事をしなければいけない大変な仕事です。年収が多いのは誰でも納得がいくのではないでしょうか。
航空機のパイロットも年収800万円以上になる仕事です。昔も今も子供が憧れる職業の必ず上位に入ってくるのがパイロットですが、航空機のパイロットは他の人には絶対できない、専門的な要素がとても高い職業です。多くの人の命を預かる繊細な仕事ですから、給料が高くなるのもうなずけます。

その他には国会議員や弁護士、コンサルタントなどが年収800万円を得ることが出来る職種です。これらを見ていくと年収800万円を得るためにはその職業に就くために人一倍勉強するなど、とても努力が必要だという事が分かります。楽に年収800万円を得る方法はありません。高い給料を得ている人はそれなりに努力を積み重ねているのです。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の注目記事を受け取ろう

年収800万

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニア|プロが教えるワンランク上の転職術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 転職で年収600万への道!20代でも実現可能な仕事とは?

  • 普通の人が年収1000万円を達成するための5つの仕事

  • 年収1000万稼ぐ職業を調査。手取りや税金の実態を暴露

  • 年収500万以上稼ぐために必要なことは何?

  • ボーナスが出ない会社の割合は?ボーナスありの会社に転職する方法

  • 年収400万円って平均?少ない?年収400万円の仕事と内容とは?