1. 転職マニア
  2. 転職
  3. 第二新卒の転職
  4. 第二新卒が事務職へ転職成功する方法

第二新卒が事務職へ転職成功する方法

 2018/04/15 第二新卒の転職   1,016 Views

人気の職業として事務職があります。第二新卒の方も事務職に転職したい方がいらっしゃるのではないでしょうか。

比較的残業が少なく、きちんと業務をこなせば定時で帰社することも可能な会社が多いようです。

人気の職業がゆえに転職することは簡単ではありませんが、ここはおさえておきたいというポイントをご紹介します。

主な事務の種類

事務と一言で言っても様々な種類があります。代表的な事務は、以下の通りです。

一般事務

企業や官公庁において事務作業を行なう仕事です。仕事内容は多岐にわたり、資料や契約書のなどの書類作成、電話対応、来客対応、ファイリングなどを行ないます。

営業事務

営業の方のサポートを行なう仕事です。顧客からの電話対応、商品管理、在庫管理、請求書やプレゼンテーション資料の作成などを行ないます。顧客と直接関わりながら仕事をすることもあり、一般事務よりも専門性が強いところが特徴です。

経理事務

経理部門において、経理、会計、財務を行なう仕事です。仕事の中心は出入金管理や伝票仕訳といったルーティンワークの業務になります。その他にも帳簿作成、月次決算、年次決算の会計業務などもあります。

貿易事務

主に商社やメーカー、船舶会社において輸出入に関する事務を行ないます。大きく分けて、輸出業務と輸入業務の2種類があります。事務処理能力に加えて、貿易に関する専門知識が必要になります。

医療事務

病院やクリニック、診療所で事務を行ないます。業務内容は、診察券の確認や診察料の徴収、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成です。患者さまと直接接する仕事なので、気配りが必要になります。

学校事務

学校運営に携わり、庶務、人事、経理など様々な事務業務を行ないます。生徒や教職員を支える環境づくりを行ないます。

未経験者が事務職へ転職するのは難しい

事務の種類をご紹介したところで厳しい現実をお伝えしないといけません。未経験者が事務職へ転職するのは難しいです。理由は以下の通りです。

求人倍率が高い

事務職は非常に人気の高い職種です。離職率も低く、年齢を重ねても続ける方が多いです。そのため、求人倍率が高いというのが現実です。

経験者が優遇される

人気のある職種ゆえ、応募会社は自由に採用する人を選ぶことができます。そこで、経験者と未経験者がいると経験者を採用することになるのが通常です。

男性はさらに難しい

男性の事務職の方も増えてきましたが、まだ女性のイメージが強く残っています。男性はさらに難しいと考えて良いでしょう。

それでも、事務職への転職成功するためにおさえておくべきポイントをご紹介します。

事務の仕事に向いている人

まず、事務の仕事に向いている人を説明しましょう。

  • 小さなことでもコツコツできる人
  • 人をサポートするのが好きな人
  • 機転の利く人
  • コミュニケーション能力が高い人

事務は細かい作業も多く、毎日似たような業務のこともあります。それでも、小さなことをコツコツできる人は向いていると言えるでしょう。また、サポートがうまいというのもポイントになります。そのためには、機転が利いて、高いコミュニケーション能力が必要になるでしょう。

事務職に転職するために必要なスキル

事務職に転職するためには身につけておくべきスキルがあります。

スピードと正確さ

事務職はスピード感をもって正確に処理をしないといけません。どちらか一方が欠けてしまってもいけないので、PCのタイピングスキルなどは身につけておきましょう、ショートカットキーを駆使することも重要です。作業効率が高まります。

もてなす心

事務職の業務は、データ入力や書類作成だけではなく、会社にかかってくる電話を受けたり、来客者を会議室に案内したりすることもあります。来客者にとっては会社の顔になるわけです。笑顔を絶やさずに少しずつ意識することでもてなす心を磨くことはできます。

臨機応変に対応する力

会社の規模が小さいと、事務職がカバーしなければならない業務は多岐にわたります。中小企業では、大企業ほど分業が進んでいないためです。そのため、様々な業務を臨機応変に対応できる能力が必要となります。

資格を取得すると有利になる

未経験者でも資格を取得すると面接の際に有利になるでしょう。事務職の資格と一言でいっても様々な種類があります。経理事務ならば簿記の資格、貿易事務ならば語学や通関士に関する資格、医療事務ならば医療事務の資格などです。資格を取ることは大きな武器になります。

一般事務の志望動機例文

事務の場合、志望動機に困るという方も多いようです。そこで、一般事務の志望動機の例文をご紹介します。

「御社の商品を長年愛用させていただいております。そこで、御社の求人を見つけ、すぐに応募させていただきました。前職では、ExcelやWordで売り上げ管理やプレゼンテーションの資料作成を行なっておりました。その経験を活かして短期間で即戦力になれるように努めます。」

どの企業でも構わないというわけではなく、御社を希望しているということを明確に示して、志望度を表現します。また、一般事務ではExcelやWordは必須スキルのため、そのスキルがあることをアピールします。

まとめ

第二新卒が事務に転職するポイントをご紹介しました。はじめのほうで、第二新卒の未経験者が事務へ転職することは難しいとお伝えしましたが、成功するためのポイントをおさえれば不可能ではありません。

特に、事務職に転職するために必要なスキルを身につけ、資格を取得すると良いでしょう。第二新卒が事務へ転職することも不可能ではありません。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 第二新卒が大手に就活転職するときの成功ポイント

  • 第二新卒の転職時期でオススメなのは4月と10月

  • 第二新卒が就活するときの成功ポイント!

  • 第二新卒の転職で成功する為のおすすめ転職サイトは?

  • 第二新卒が転職エージェントを100%活用して転職成功する方法

  • 第二新卒が公務員になるためのポイント