1. 転職マニア
  2. 職種
  3. SE向けおすすめ転職エージェント

SE向けおすすめ転職エージェント

 2018/04/14 職種   567 Views
SE向け転職エージェントおすすめランキング

SEは人材の流動性が高い職種です。少しでも待遇が良い会社へ、給与が良い会社へ、転職したいものだと思います。

SEが転職するときの成功ポイントをおさえれば、希望の会社に転職できる可能性は高くなります。

SEが転職するときの成功へのポイントをご紹介しますのでぜひご参考にしてください。

SEの3つの転職方法

SEの転職方法は、3つあります。

  1. 転職エージェント
  2. 転職サイト
  3. 知り合いからの紹介(起業した元同僚からの引き抜き)

1.転職エージェント

最もおすすめするのが、転職エージェントです。履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、求人の紹介、面接日程調整、面接後のフォロー、年収の交渉まで一通りのサポートをしてくれます。

特に初めての転職の場合には、履歴書や職務経歴書を書き慣れていないと思うので、全面的にバックアップしてくれる転職エージェントが適しています。

担当してくださるキャリアコンサルタントの方は、転職に関しては豊富な知識をもっていらっしゃいます。転職のプロとして頼りにして良いのではないでしょうか。

転職活動は、どうしても孤独感を感じるときがあります。そのときには、上手くいっていないところを担当のキャリアコンサルタントの方に相談してみましょう。的確なアドバイスが返ってくるはずです。

2.転職サイト

転職サイトは自分のペースで転職活動ができるというメリットがあります。なぜなら、転職サイトは求人情報探しから応募、面接の日程調整まですべて自分で行なうからです。

急いで転職しようとは考えていない方、まずはどんな求人があるのか閲覧したい方には向いていると思います。

3.知り合いからの紹介(起業した元同僚からの引き抜き)

IT業界だと意外と多いのが、知り合いからの紹介です。IT会社を立ち上げ、優秀なSEが欲しいとなったときに、元の同僚や人づてで声がかかります。

私も元IT会社勤務のSEだったのですが、ある先輩が退職して起業しました。そこの会社には社員が2名ほど勤めているのですが、2名とも退職した会社の元同僚です。

引き抜きというわけではないのですが、理由があって退職して、どうするか、となったときに先輩が声をかけたようです。もともと知っている者同士だとコミュニケーションがとりやすいメリットもあります。

自分に合った転職方法を模索する

  1. 転職エージェント
  2. 転職サイト
  3. 知り合いからの紹介(起業した元同僚からの引き抜き)

上記3つの転職方法をご紹介しましたが、自分に合った転職方法を模索するのが良いでしょう。転職を急いでいるのならば、転職エージェント。転職を急いでいないのならば、転職サイト。幸運にもお声がかかれば、知り合いからの紹介になります。

それでは、最もおすすめするといった転職エージェント、それもIT求人に特化した転職エージェントはどのような会社があるのか、人気・実力を総合的に判断して3社選びました。

IT求人に特化した転職エージェント

転職エージェント名 特徴
レバテックキャリア 評価を高める徹底した事前対策と専門性の高いエージェントが特徴である。登録求人数4,000件以上。
マイナビエージェント  IT 業界トップクラスの非公開求人情報を保有する。平日忙しい方向けに土曜日に個別キャリア相談会を実施中。
DODA エンジニア IT 初めての転職を考える方のための個別相談会や転職のベストタイミングを知るための個別相談会を実施中。

転職エージェントではまず個別面談を実施してくださいます。そこで、現状と希望のヒアリングが行なわれ、より良い転職へと導いてくださいます。

担当のキャリアコンサルタントの方に聞かれて初めて気づかされることもあり、改めて自分のキャリアについて考えさせられます。

まず、転職するかどうか悩んでいる方でも転職エージェントに登録して面談を受けてみるのも良いと思います。面談をした結果、やはりもう少し現在の職場で頑張ってみるという選択肢もあっても良いでしょう。視野を広げるきっかけにはなります。自分の市場価値を確かめることもできます。無料ということもあり、登録しておいて損はないと思います。

SEが転職エージェントを活用する理由

SEが転職エージェントを活用する理由についてご紹介します。下記のメリットがあるからです。

  • 無料で利用できる
  • キャリアコンサルタントと相談できる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面談の練習ができる
  • 非公開求人への応募が可能になる
  • 年収交渉を代わりにやってくれる

無料で利用できる

何と言ってもさまざまなサービスを無料で利用できるのが最大のメリットでしょう。あとで、どのようなサービスがあるかご紹介しますが、まず念頭に置いておいてください。サービスは無料です。

キャリアコンサルタントと相談できる

転職のプロであるキャリアコンサルタントと相談できることも大きなメリットでしょう。自分のキャリアを客観的な視点でみてくださいます。現状と希望をヒアリングして、その結果適した求人をご紹介くださいます。

私も元SEと申しましたが、名前も知らないベンチャー会社を勧められました。正直なところ、最初は、そこまで志望度が高くなかったのですが、面談を受けると志望度がグンとあがりました。特例ではありますが、時給制で5営業日働かせていただいて非常に充実した時間を過ごせました。

このように名前は知らない、つまり自分で探していては見落としている有能な会社も多くあるということです。そこをキャリアコンサルタントは見抜いて適した会社を紹介してくれます。キャリアコンサルタントと相談できることはメリットです。

履歴書や職務経歴書の添削、面談の練習ができる

これも無料のサービスになります。履歴書や職務経歴書の添削、面談の練習ができます。特に初めての転職の場合は、履歴書や職務経歴書の書き方に慣れていないことでしょう。とりわけ職務経歴書は面接時のアピール材料になります。具体的数字で実績をアピールできることが好ましいのですが、通常Word2ページにおさまる程度が好ましいとされています。そこにうまく書き綴るのは意外と難しいものです。

そこで、転職のプロであるキャリアコンサルタントの方に添削していただきます。キャリアコンサルタントの方は今まで何百、何千といった履歴書や職務経歴書をみてきています。書類審査に通過する履歴書や職務経歴書、そうでない履歴書や職務経歴書を知っています。そのノウハウを活用しない手はありません。担当キャリアコンサルタントの方と二人三脚で転職を成功させましょう。

SE転職で気をつけること

転職したはいいのものの、思っていたところと違った・・・こんなはずじゃなかった・・・と転職に失敗する方もなかにはいらっしゃるのか現実です。そこで、SE転職で気をつけることを3つご紹介します。

  1. 残業時間が希望通りか
  2. 客先常駐はないか
  3. 離職率は高くないか

それでは、ひとつひとつみていきましょう。

1.残業時間が希望通りか

SEの残業時間は長くなりがちです。応募先の人事の方は平均時間をおっしゃることが多いです。プラス20時間の月もあるだろうな、と心のなかで思っておいても問題ないでしょう。現在では、たいていの会社で長時間残業対策を行なっています。それでも、納期が近づきトラブルが起こると残業をしなければいけない世界です。そもそも無理な納期の案件を獲得していないか、トラブルは発生していないか、そこが気になるところです。直接的に聞くと角が立つので、インターネット上の転職評判・口コミサイトをみると良いかもしれません。あとは、内定が出た後に、正直なところどうなのでしょうか、と聞く方法もあります。

2.客先常駐はないか

転職者は即戦力として扱われることも多く、いきなり客先常駐になることもあるようです。それでも気にならない方ならいいのですが、せっかく○○会社に転職したのに・・・と不満に思う方もいらっしゃるかもしれません。事前に確認しておいた方がいいでしょう。

3.離職率は高くないか

IT会社は人材の流動性が高いので、離職率は高いのですが、それでも異常に高い会社は控えたほうが良いでしょう。何らかの原因があるはずです。

UターンやIターンも可能

SEの場合、普遍的な技術があるのでUターンやIターンも可能です。住む場所についても今一度考えてみると良いでしょう。転職を機に地元に帰ることもできます。親の介護などの問題もありますので、視野に入れても良いでしょう。

あとは、フリーエンジニアに転身することも可能です。現在、フリーエンジニアは増えているようです。クラウドソーシングで案件を受託したり、会社と業務委託を結んだりしています。フリーエンジニアになるとネット環境とパソコンがあればどこでも仕事ができるので、住む場所を選びません。

効率的な転職活動をする

さて、ここで効率的な転職活動について触れておきましょう。まず、IT業界は慢性的な人手不足であることはご存知だと思います。そのため、通常1~2ヶ月ほどで内定は獲得できることが多いです。早ければ2週間で決まることもあるようです。

つまり、書類選考を通過してから、翌々日ぐらいには面接ができると良いということです。もちろん先方の都合もありますが、こちらとしてはなるべく直近の日程で面接を行ない、トントン拍子に選考を進めていきたいところです。選考を通過するときは、その日中や翌日に返事がくることが多いです。効率的な転職活動をするためにもスケジュールには余裕を持たせておくほうが好ましいでしょう。

社内SEへの転職も検討する

SEの転職についてですが、社内SEへの転職も検討してみてはいかがでしょうか。以下のメリットがあります。

残業が少ない

会社にもよりますが、多くの会社で社内SEは定時で仕事を終えることができます。会社のコストとなるため残業しないように言われていると聞きます。仕事終わりの平日にも自分の時間を持つことができます。

納期に対してプレッシャーが少ない

基本的に社内プロジェクトであるため、それほど強いプレッシャーは与えられません。納期は守らないといけないですが、社内だと理解もしてくれるのではないでしょうか。

定期作業も多い

毎日あるいは毎月行なう定例作業も多いため、慣れれば苦労せずに仕事をすることができます。SEの大変なことのひとつとして、次々出てくる新しい技術を追いかけていかないといけないことがあげられます。社内SEならば、その心配も少ないのではないでしょうか。

活用すべき転職エージェント3選

SEの転職を成功させるために活用すべき転職エージェントを3つご紹介します。

転職エージェント名 特徴
DODA 圧倒的な求人数がある。リクナビNEXTやマイナビ転職と比較しても求人の多さは、圧倒的。
リクルートエージェント 転職支援実績No.1である。約80%が非公開求人で10万件以上ある。実績豊富なアドバイザーや充実した転職サポートを誇る。
JACリクルートメント  エグゼクティブ、管理職、スペシャリストなど高年収ポジションに特化している。35歳以上が利用している。

DODAかリクルートエージェントのいずれかは必ず登録しましょう。両方登録しても良いかと思います。基本的に転職エージェントには2、3社ほど登録する方が多いです。転職エージェントによっても抱えている非公開情報が少し異なるためです。

JACリクルートメントは、管理職のポジションを狙う35歳以上の方におすすめします。JACリクルートメントは、薦めたい転職エージェントNo.1にもなっています。

まとめ

SE転職で気をつけることは、

  1. 残業時間が希望通りか
  2. 客先常駐はないか
  3. 離職率は高くないか

の3つでした。

そして、転職を成功させるために重要なポイントになるのが転職エージェントでした。転職エージェントからの連絡は日頃からスピード感をもって丁寧に対応しておきましょう。遅くともその日中には転職エージェントから届いたメールに返信しましょう。

この人になら、いち早く非公開求人情報を伝えたいと思ってもらえるような信頼関係性を築けていると好ましいです。気になることがあれば、転職エージェントに質問しておきましょう。転職エージェントが保有しているデータ量は私たちの想像以上です。活用しない手はないです。

まとめると、転職エージェントへはスピード感をもった丁寧な対応をすることが転職成功のカギとなります。転職エージェントをクライアントと思った方が良いかもしれません。丁寧に誠実に対応するのが好ましいです。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

SE向け転職エージェントおすすめランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アパレル業界に転職する方法。未経験・高卒・新卒から正社員へ!

  • 【体験談あり】営業に転職するならどの業界?女性も必見!