1. TOP
  2. 未分類
  3. ホワイト企業に転職したい!ブラック?ホワイト?見極め方ノウハウ

ホワイト企業に転職したい!ブラック?ホワイト?見極め方ノウハウ

 2018/01/12 未分類   9 Views

転職活動を行う場合、多くの人が現在勤めている会社よりも条件の良い会社に就職するのは難しいと考えているでしょう。転職を希望する理由は人それぞれですが、できれば勤務環境が整っているホワイト企業で働きたいという希望は共通しています。ホワイト企業とは大手企業など従業員への福利厚生が充実し、労働環境として優れている会社のことを言います。

こういった企業は働きやすいため離職率も低く、給与も平均的な水準以上を保っているので転職者からの人気も非常に高いです。求人情報が出たとしてもあっという間に埋まってしまったり、よほど優秀な人材でなければ採用してもらえないといったイメージがあります。ホワイト企業に就職したいと希望していても、そもそもそんな良心的な企業は少ないし競争率も高いので自分にはとても無理だろうと、最初から諦めてしまう人が多いのではないでしょうか。

しかし、じっくりと探せばホワイト企業は意外と多く存在しているのです。確かに競争率は高いですが、平均的な能力の人でも転職活動さえ効果的に行うことができれば、十分に採用してもらえるチャンスはあります。ただ、ホワイト企業への転職を成功させるためには素人の一般人が独力で転職活動を行っても難しいのが現状です。大手や職場環境が充実している企業は人気が高いため、一般に公開している求人情報サイトなどには募集を出さないことが多いです。労働環境が優れているため、できるだけ能力の高い信頼のおける人材を確保しようとします。

すると、不特定多数に向けて掲載する求人情報ではなく、転職支援を専門に行っている会社に対して直接募集のオファーをかけたりするのです。転職支援会社を間に通すことによって、採用に係わる事務的な手続きを支援会社が行ってくれるために手間を省くことができますし、最初に支援会社が登録を希望する人材と面談などを行ってある程度ふるいにかけてくれます。支援会社がこの人なら大丈夫、と太鼓判を押した人材にしか求人情報を知らせないため、性格や仕事への姿勢に難がある人材が応募してくるリスクも避けることができるのです。

企業にとって中途採用における人材の採用はコストも時間もかかるリスキーな作業なので、専門的な知識やノウハウを持つ支援会社を利用することには大きなメリットがあるのです。逆に言えば、条件の良いホワイト企業への転職を成功させるには転職支援会社を利用することが欠かせないとも言えます。もちろん自力でもそのような会社に就職できる可能性もありますが、ハードルはかなり高いと言えるでしょう。ホワイト企業は従業員にとって非常に居心地が良い職場なので、なかなか退職者が出ません。

一般的な会社と比べても求人情報を見つけることすら難しいので、他の人と同じような転職活動をしているだけでは出遅れてしまいます。一度就職すれば一生その会社で安定して働き続けることができる可能性が高いので、転職支援会社などを利用して効果的に活動していくことが重要となります。ホワイト企業に就職するための方法や注意してきたいこと、具体的にどのように活動していけば良いのかなどを知っておくことで、後悔することなく転職を成功させることができるでしょう。

ホワイト企業はなぜホワイト企業と呼ばれているのか?

ホワイト企業と呼ばれる企業には、従業員の労働環境が非常に充実しているという共通点があります。なぜホワイト企業と特別視されているのかというと、数ある企業の中でも特にコンプライアンスを意識して従業員のことを考えた運営ができている点が挙げられます。従業員の労働環境を管理する法律は労働基準法と言いますが、その法律の中では休日や一日の労働時間、残業時間など様々なポイントについて細かく基準が設けられています。あくまでも最低限守るべきボーダーラインであり、法律を守っているからと言って労働環境が良いとは言い切れません。

基準をギリギリで維持しているような会社の場合、実際にはかなり従業員にとって厳しい職場環境である可能性が高いのです。ホワイト企業と対局にあるとされる悪質な企業は、このようなガイドラインを簡単に破ってしまいます。労働基準法に反した場合は罰則が科せられるのですが、残念ながらその罰則は企業にとって決して厳しいものではありません。例えばサービス残業などはどの企業でも比較的よく見られるものであり、本来は法律違反の行為なのですが問題視されることはほとんどありません。

ホワイト企業の場合、法律が定めた基準を守るのはもちろんのこと、最低ラインではなく従業員がより働きやすいように様々な配慮を行っています。例えば、年間で105日は設定するように定められている休日について、祝日や連休などを利用して120日以上の休日を独自に設定していたり、残業した場合の割増賃金も1.25倍という法律を超えてそれ以上の倍率を設定しているなど、義務だからというだけでなく自主的に待遇を良くしていることなどが挙げられます。

法律を守っていなかったり、最低限のラインだけ守っているような企業の場合、従業員のモチベーションも満足度もそこまで大きく伸びはしません。こういった福利厚生的な意味合いが強い部分を手厚くしている企業は、より従業員のことを考えて働きやすい環境にするよう配慮していることが分かり、従業員としても長く会社のために働きたいと感じさせることができるのです。

最近では、特に女性の社会進出に伴って、女性が働きやすい環境を整えているかもホワイト企業かを判断する重要なポイントになってきています。従来は女性は結婚や出産を機に会社を辞めざるを得ない環境になっており、育児休暇なども簡単には取れないようになっていました。日本ではいまだに男性が優位に立っている会社が多く、女性の結婚や妊娠出産にあまり理解を示してくれない企業が多いです。

そんな中で育児休業の積極的な取得や復職への支援制度などを整備している会社は、女性を貴重な戦力として大切にしているということになり、男性だけでなく女性からの人気も高くなります。女性の労働環境が整っている企業の見つけ方は、その企業の管理職にどの程度の女性が存在しているかをチェックすることです。女性管理職の割合を調べることで、いかに女性が働きやすい会社か、引いては従業員の労働環境が充実しているかを知ることができるのです。

このように、ホワイト企業が他の会社と区別してホワイトと呼ばれるのには様々なポイントがあります。従業員のことを大切にしているということが言えるので、必ずチェックするようにしましょう。

ホワイト企業は希少と思われがち

ホワイト企業が従業員のモチベーションを高めるために福利厚生を充実させると、当然のことながら仕事を求める人たちから高い人気を集めることになります。誰だって労働環境が悪いよりも充実している方が良いので、何とか転職活動を頑張ってホワイト企業に就職しようとします。

しかし、実際に転職活動をしていると分かるのですが、なかなか福利厚生がしっかりしている求人情報を見つけることはできません。それもそのはずで、ホワイト企業はそもそも人気が非常に高いので退職する人も少なく、なかなか人員に空きが出ません。仮に求人情報が出たとしてもすぐに応募が殺到して採用が決まってしまうため、タイミングが悪ければ求人情報を目にすることもなく終わってしまうのです。このため、ホワイト企業自体が希少で数が少ないと感じられてしまうのですが、決してそういうわけではありません。

現実的には法律で定められた最低ライン以上の待遇を自主的に保証する会社などあるわけないと考えてしまいがちですし、法律に違反した場合の罰則も決して重くないので劣悪な労働環境を維持してしまう会社の方が多いのではないかと考えてしまいます。しかし、コンプライアンス意識が高まってきた近年では、ホワイト企業も決して希少な存在ではなくなってきているのです。もちろん最低限の法律を守って従業員を働かせようとする悪質な会社もいまだに多いのですが、最低ライン以上の待遇を保証することによって従業員のモチベーションを高める方がメリットが大きいという考え方も広まっています。

経営体力があり、システムなどが整っている大手企業ほどそういった傾向が強く、労働環境を良くすることで社会的信頼を得られるという大きなメリットもあります。労働環境の良い企業には優秀な人材も自然と集まりやすくなりますし、離職率も低く抑えることができるので採用や教育にかかる時間やコストを大幅に節約することもできます。

大手企業に限らず。中小企業でも同じような目的をもって環境を整えている会社は数多くあります。大手企業を親会社に持つグループ企業を始めとして、従業員の定着を目指す企業は積極的にその手法を取り入れています。大手企業は経営も安定しているので特に求人への人気も高く、すぐに埋まってしまうので転職できる可能性はかなり低いです。このため、少し視点を変えてグループ企業の子会社や関連企業などにまで視野を広げたり、従業員数は多くなくても離職率の低い企業などを中心に探してみると意外と多くのホワイト企業を見つけることもできます。

ホワイト企業に就職するにはやはり新卒が有利にはなりますが、転職組でも決して無理ではありません。もちろんハードルはかなり高くなりますが、中には即戦力や幹部候補となりうる中途採用を積極的に行っているホワイト企業もたくさんあります。どうせ自分には無理だからと最初から諦めてしまうのではなく、まずは探してみることから始めましょう。ただ、ホワイト企業の求人は一般的な求人情報サイトなどに公開されることはほぼありません。あったとしても人気が高いのですぐに採用が決まることが多いので、ホワイト企業からの求人情報が多く集まる転職支援会社やエージェントなどを利用するのがお勧めです。

ホワイト企業に転職するためのチェック項目

ホワイト企業への転職を成功させるには、そもそもどの企業がホワイトなのかを見極める必要があります。大手企業などは実際に働いている人の声などをインターネットで調べることも比較的簡単なのですが、中小企業であれば情報が少ないので難しくなります。インターネットには転職に人気のある企業のランキングサイトなどもありますが、それが即ちホワイト企業であるかというとそうとも言い切れません。大手企業で人気は高いものの、いざ入社してみるとサービス残業や休日出勤が当たり前で全く労働環境が良くなかったということもあるのです。そのため、ホワイト企業の見つけ方に役立つチェック項目を抑えておくことをお勧めします。

まず、企業を選ぶ際にはできるだけ視野を広く取ることが挙げられます。ネームバリューやブランド力、業界や職種に経営規模などでふるいにかけてしまうと後悔してしまう可能性もあります。確かに大手企業ほど勤務条件が良いことが多いのですが、全ての大手企業がそうではありません。大企業でも環境の良くないケースは珍しくなく、意外と離職率が高いこともあります。大手企業で労働環境が悪いのと、中小企業でも環境が良いのとでは絶対に環境が整っている方が満足度は高くなります。最初から大手企業などに絞って活動してしまうと、せっかくのホワイト企業を見逃してしまう可能性が高いので、規模や業種などに関わらず広い視野で企業選びを行うことが大切です。

次に、とにかく数多くの求人情報を調べるようにしましょう。求人情報では勤務条件などの情報は多く記載されていますが、実際の待遇面などは分からないことも多いです。その企業のホームページを見てみたり、実際に働いている人の口コミなどを調べることで、求人情報に記載されていることが真実なのか、具体的にどんな環境なのかがより分かりやすくなります。忙しい中で細かい情報まで調べるのは大変ですが、条件面を始めとして情報は必ず細部まで調べるようにしましょう。

具体的なチェック項目としては、福利厚生の内容が欠かせません。福利厚生は法律で定められているもの以外に、その企業が従業員のために独自に決めているものがほとんどです。充実させる義務はありませんが、従業員のことを考えている企業ほど、その内容は手厚くなります。住宅手当や通勤手当、保養施設などプラスアルファで従業員が喜ぶようなものを準備しているか、休日はしっかり確保されているかなどをチェックしておきましょう。

特に休日は従業員のリフレッシュやモチベーションの向上には欠かせないもので、年間で105日が最低ラインになっています。ここで年間120日や130日など最低ラインを大きく超える休日が保証されていれば、ほぼカレンダー通りの休みを確保できます。もし120日を下回るようだと、土日や祝日などに出勤しなければならなかったり、連休が取れないといった可能性が高いので注意しておきましょう。

また、実際に採用面接を受けた場合、面接官の態度や人柄でもホワイト企業か判断できます。横柄な態度をとっていたり、本気で採用する気もなさそうな人が面接官だと、その企業の質もたかが知れます。違和感を感じるような面接官だった場合、仮に内定しても辞退したほうが無難です。

転職してよかったと思う結果に!

新卒で就職活動をする場合は、周囲も同じように活動しているしそれが当たり前という風潮が強いので、特に何の疑問を感じることもありません。しかし転職となると話は別で、全て自分の判断で転職するか否か、どこの企業に応募するかなどを決めていかなくてはなりません。必ず良い企業に転職できるという保証もなく、安易に転職したものの前の会社の方が良かったと後悔してしまうケースも珍しくありません。現在働いている会社に多少の不満があっても、そういった不安を抱えるくらいなら我慢して働き続けるという人も多いでしょう。

しかし、それではせっかくの時間や能力を無駄にしてしまう可能性もあります。能力によっては現在よりもずっと高収入を得られる会社があったり、より労働環境の整った会社に採用してもらえることもあります。転職の決断ができないからと言って現在の会社で妥協し続けては、不満や後悔だけが残り続けてしまうでしょう。

実際に転職を経験した人を対象とした大手転職支援会社のアンケートによると、転職してよかったという人は約80%にも達しています。20%は後悔しているとも取れますが、80%もの人が良かったと感じているのはすごいことです。転職したことをプラスに感じているということは、以前の会社と比べて年収や労働時間、人間関係など様々な点において転職先の方が優れていることを意味しています。つまり、それだけ多くの人が以前の会社よりホワイトな企業に転職できているということになります。ホワイト企業は決して希少なものではなく、探せば見つかるものだと言えます。

ただ、そのためには効率よくホワイト企業を見つけて求人情報に応募することが必要になります。自分一人の力では難しいので、転職支援会社などの専門家の力を借りるようにしましょう。転職活動は、専門家のサポートがあるのと無いのとでは、成功率が大きく異なります。転職支援会社を利用すると、その会社が持つノウハウやシステムを自分も利用することができます。例えば、転職関連の高い知識を持つエージェントが担当として付いてくれ、自分の市場価値を客観的に判断して応募すべき企業を提案してくれたり、転職支援会社にしか通知されない裏の求人情報などにも応募できるようになります。

エージェントと実際に会って面談したりすれば、採用試験の書類選考や初期の面接を免除してもらえるケースもあります。大手の転職支援会社は中途採用を希望する企業からの信頼も厚く、支援会社が応募してきた人物は優れた人材だと判断されるため、他の応募者より有利に選考を進めることもできるのです。

これ以外にも、エージェントが採用面接の練習を行ってくれたり、想定問答を作って指導してくれることもあります。エントリーシートの作成や転職活動に関係する様々な疑問や不安などにも丁寧に対応してくれ、適切なアドバイスをしてもらえるので大いに役立ちます。ホワイト企業への転職を目指す場合は、ライバルに差をつけるためにも、こういった専門知識やパイプを持つ支援会社を積極的に利用していくことが重要になります。転職してよかったと満足するためにも、まずは自分に合った転職支援会社を見つけることから始めてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

転職マニアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

転職マニアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • おすすめの転職エージェントをズバッと厳選!選ぶポイントは?

  • 【体験談あり】営業に転職するならどの業界?女性も必見!

  • 有給休暇が取れないトラブルを解決!労働者の権利を得るためにやる事

  • 年齢や経験で仕事の悩みも変わる!年代で見る【仕事の悩みランキング】

  • 新卒必見!面接に効果的な自己PRのやり方を学ぼう!

  • おすすめ転職サイトはどれ?自分にピタッとくる転職サイトの選び方